小6から作曲を始めた天才!Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)

ArtistName_mrsgreenapple

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーンアップル)は、神曲揃いと若者に人気の5人組ロックバンド。男性4人、女性1人の異色の組み合わせです。

Mrs. GREEN APPLEは2013年に結成、2015年にメジャーデビューとわずか2年でメジャー進出を果たしました。しかも、全曲の作詞作曲を手がける大森元貴は当時まだ10代という若さ!高校をしたばかりの青年が大ブレイクと話題を呼びました。

大森に作曲の才能があるのは確かですが、彼は努力の天才でもあります。「小学6年生の頃から曲作りをしていた」という彼のエピソードからは、天才であることと同時に、子供の頃からの目標を愚直に追い続けた努力を見ることができます。子供の頃から磨き続けた作曲センスは、Mrs. GREEN APPLEを支える大黒柱です。

代表曲といえば、ファーストミニアルバム『Variety』のリード曲『StaRt』です。イントロの前にドラムロールが入る一風変わった楽曲ですが、弾けるようにイントロが始まる印象的な曲。音を聞いているだけでもカラフルさを感じられる明るい曲で、Mrs. GREEN APPLEの「スタート」にふさわしい1曲です。

さらに、窪田正孝主演のドラマ「僕たちがやりました」の主題歌に使われた『WanteD! WanteD!』で、Mrs. GREEN APPLEは全国に知られるバンドになりました。この楽曲はこれまでの彼らの若いイメージとは異なり、大人っぽいダンスミュージックに仕上がっています。

大森の才能を中心に紹介してきましたが、メンバーそれぞれのキャラが立っているのもMrs. GREEN APPLEの強み。例えば、ドラムスの山中綾華は紅一点なのに、メンバー内で一番男らしい性格のため「メスゴリラ」と呼ばれることも…

音楽シーンでも「天才」と呼び声の高いMrs. GREEN APPLE。彼らがこれからどんな伝説を作っていくのか、要注目です!

きっとMrs. GREEN APPLEは伝説的なバンドになる

一曲目【青と夏】

動画に対してのリスナーのコメント

夏に聞いた時はキラキラした歌だったのに今聞くと切ない歌に聞こえる

この曲聞いたらこれが青春かって胸が苦しくなる
自分何してんだろうなあ

歌だけ知ってて好きで聞いてたけどMVがこんなにいいなんて聞いてなかった。泣いた。いいMV。いい歌いい歌詞いいリズム
最高としかいいようがない

三曲目【StaRt】

動画に対してのリスナーのコメント

なんか、この曲で最近ミセスが人気になっていくの嬉しいようで寂しい…笑

I can You can We canって~のとこがめっちゃ好き!ミセスってCメロいいよね

本当にMrs.GREEN APPLEさんの歌全部笑顔にしてくれる。本当に本当に勇気貰える。これからもずっと大好きです!!!いつか会いに行きます!!!!



四曲目【Speaking】

動画に対してのリスナーのコメント

ミセスはメンバー全員が楽しそうに演奏するから好き。顔見合わせて息合わせてる感じとか皆笑顔なとことか最高。

ふらっとstartとかspeakingに戻ってくると
ぶぁあぁあ!!ってなるこの感じ好き。笑

イヤホン片方だけで聴いたら、最初の部分だけギターの音が消えて、短かかったけど大森くんのアカペラが聴けた。

五曲目【春愁】

動画に対してのリスナーのコメント

クラスで孤立してた高校一年のときを思い出した。『こいつら全員嫌い』とか思ってたけど、結局のところ人が大好きだからこそつらかったんだろうなぁ…。

クラス替えでダメージ受けてる息子に聴かせてやりたい。
本当は学校大好きなんだよね。
お母さん、ずっと見守ってるよ。

友達はいるけどいつも私はついででその友達の一番にはなれなくて、私は友達が大好きだから凄く切なくて悲しかった...

六曲目【PARTY】

動画に対してのリスナーのコメント

曲があってこそなんだけど、マラカス持ってる人が無理やり作った笑顔が崩れていく瞬間は、涙がぼろぼろ出ました。

「僕が死ぬまでのパーティだ」
の歌詞がMVを見てからだと尚更深いなぁ

ショートバージョンを見た時点では楽しくて元気になれる曲だなって感じてたけど、フルで見るとなんかもう歌詞の一つ一つに泣けてきて、もっくんが込めた思いが伝わってきた気がして電車で涙こらえるの大変でした。