最新情報を知りたい方はこちら!!

錠剤【TOOBOE】歌詞の意味を考察!血の魔人パワーにフォーカスしたチェンソーマン第4話ED

Array

今回は、TOOBOEの新曲「錠剤」の歌詞を考察していきたいと思います。

10月11日から放送されるアニメ『チェンソーマン』のエンディングとして書き下ろされた、この楽曲。

アニメのエンディングテーマは他にも、Vaundyやずっと真夜中でいいのに。など、豪華アーティストが週替りで担当しています。

また、オープニングは米津玄師さんの新曲「KICK BACK」と、有名アーティストが勢揃いしています。

アニメのあらすじ、楽曲コメントと合わせて見ていきましょう!

created by Rinker
ソニー・ミュージックレーベルズ

アニメ『チェンソーマン』

2019年から少年ジャンプで連載されている藤本タツキ先生の同名漫画を原作としたアニメ作品。

コミックスの累計部数は1300万部を突破するなど、絶大な人気を誇っています。

あらすじ

『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。

親が遺した借金返済のため、貧乏な生活を送る中、

裏切りに遭い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、

悪魔の心臓を持つもの『 チェンソーマン 』として蘇る ─ 。

アニメ公式サイトより

ファン待望のアニメ化、10月11日の初回放送が楽しみです!

楽曲コメント

TOOBOEの楽曲コメントをご紹介します。

チェンソーマンが少年ジャンプに降臨された4ヶ月後にjohnという人格は生まれました。

自分の作品には藤本タツキ先生の影響も沢山あります。

デンジくんのルーザー感は胸に刺さるし、「さよなら絵梨」の爆発シーンは目を輝かせて喜びました。

そんな自分がまさか凡そ3年後にこうして エンディング曲として作品に携われるとは思ってもみませんでした。とても光栄です。

読み耽って精神が拗れに拗れた私みたいな人間全員とチェンソーマンのアニメを楽しみたいと思います。

藤本先生の作品にも影響を受けたというTOOBOE。

どんな楽曲なのか、オンエアが楽しみですね!

錠剤 歌詞考察

漫画・アニメのネタバレを含みます。ご注意ください。

丸い月 捜査線 電線の絡まる摩天楼
ブロンドの髪 靡かせ 見下されて食べられて
所詮 雨が降っても消えない汚れを貴方は隠してる

良識ぶち壊した ヴィーナス ニヤニヤ笑ってる
善悪すら通じない まん丸の大きな瞳で
多弁 振る舞った狂気の悪魔が踊る
きっと飽きるまで踊るだろう

「錠剤」がエンディングとして放送された第4話では、血の魔人・パワーが登場します。

歌詞の内容やMVを見て分かる通り、パワーについて歌われています。

公安退魔特異4課のデビルハンターとして、主人公デンジと共に悪魔を退治するパワー。

“ブロンドの髪 靡かせ 見下されて食べられて” / “良識ぶち壊した ヴィーナス ニヤニヤ笑ってる 善悪すら通じない まん丸の大きな瞳で”という歌詞は、パワーの見た目や性格について歌っていますね。

“所詮 雨が降っても消えない汚れを貴方は隠してる”

パワーに隠された秘密があることを暗示しています。

汚れとは何を指しているのでしょうか?

続きを見ていきましょう。

赤く溶け込んだ錠剤
血液の様な酸っぱい匂いがまた充満していたな

愛に縋って堕ちていく
ただ それでも心は浮ついてる
衝動的で少し熱った貴方が綺麗で

自らの血を武器にしたり、他人の血を操作して止血したりと、血を操る能力を持つパワー。

血を飲みすぎると側頭部からも角が生え、よりパワーアップします。

タイトルにもある「錠剤」は、パワーアップのために使うものを指しているのではないでしょうか?

マキマからの紹介で、デンジとバディを組むことになったパワー。

組んだ当初は空回りを続ける二人でしたが、第4話で描かれたニャーコ救出により絆を深めます。

“衝動的で少し熱った貴方が綺麗で”

この部分は、デンジからパワー、またはTOOBOEから見たパワーを指しているのではないでしょうか?

子供っぽさ、浅ましさもありながら、どこか憎めないキャラクター性が伝わってきますね。

なぁ 暮れなずんでいく刹那の青春が
嗚呼 この瞬間に始まった気がした

退屈凌ぎばっか 人生は死ぬまで終わんない
あの日 聞いた悲鳴は鼓膜の中 鳴り止まない
頭が焼ける様に熱くなって
大切な物が全部失くなったわ

デンジが加わり、早川家で共同生活を送るようになった、デンジ・アキ・パワーの3人。

“暮れなずんでいく刹那の青春” とは、3人で過ごす時間を指しているのではないでしょうか?

3人の日常風景が浮かんできます。

“あの日 聞いた悲鳴は鼓膜の中 鳴り止まない” という歌詞からも、辛い過去が想像できますね。

パワーの取り憑いている人間の情報は明かされていませんが、今後明らかになるのでしょうか?

“頭が焼ける様に熱くなって 大切な物が全部失くなったわ”

この歌詞は、血を飲みすぎて暴走状態になってしまった時のことを指しているように思います。

定期的に血抜きをしていたり、ゾンビとの戦いで大量の血を摂取し、パワーアップしすぎたりと、血によって強くなるパワー。

頭が焼けるように熱くなるという表現も、角が増える描写と繋がりますね。

真夜中に鳴いた銃声
それが胸を貫いた瞬間 生きてると実感したんだわ

心臓ばっか揺れている
また懲りもせず愛を探している
驚天動地 未曾有の悪魔と出会える日まで

誰かの命を奪った銃声。

その音を聴いたことで生きていることを実感できた。

死ぬまで終わらない人生に退屈しているパワーは、生きるか死ぬかのスリルによって生を実感しているのでしょう。

敵との戦いでも、チームワークを気にせず、自由に突っ込むパワーの様子が浮かんできますね。

“心臓ばっか揺れている また懲りもせず愛を探している”

魔人として長い時間を過ごしてきたパワーは、今も他者からの愛を探しています。

パワーにとっての愛は、自らの生を実感させてくれる戦いのことを指しているのかもしれません。

”驚天動地” =世間を驚かせること。

あっと驚かせるような強大な力を持った悪魔と出会い、愛し合う(戦いあう)ことを夢見て、毎日を過ごすパワーの気持ちが歌われているような気がしました。

なぁ 忘れないでくれ僕の存在を
嗚呼 明日になったら映画でもどうかな

もう一度考えておくれ
強くなりたいと思え
支配を取っ払って自由になろうぜ

この部分は、デンジの目線で歌われているようですね。

生死をかけた戦いを求めるパワーに対し、仲間の存在を呼びかけるデンジ。

二人の絆が伺える素敵な歌詞ですね。

“支配を取っ払って自由になろうぜ”

「支配」という歌詞も重要なキーワードとなります。

現在の囚われた状態から自由になりたい、魔人だから、悪魔だからと区別されるのではなく、一人の人間として生きたいという想いが込められているように感じました。

愛に縋って堕ちていく
ただ それでも心は浮ついてる
衝動的で少し熱った貴方が綺麗で

なぁ 暮れなずんでいく刹那の青春が
嗚呼 この瞬間に始まった気がした

気づけば貴方の幸せを願う様になっていた
嗚呼 こんな私の側にいてくれ

ラストで注目したいのは “気づけば貴方の幸せを願う様になっていた 嗚呼 こんな私の側にいてくれ” という歌詞です。

貴方とは、デンジのことを指しているのでしょう。

今回の、ニャーコ救出作戦から、様々な戦いを経て絆を深めていくデンジとパワー。

パワーの愛らしさ、想いが表現された素敵な楽曲でした。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

TOOBOEのこれからの活躍にも注目です!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!