最新情報を知りたい方はこちら!!

行方知れず【Ado】歌詞の意味を考察!椎名林檎×Ado夢のコラボレーション!

Array

今回は、大人気シンガー・Adoさんの新曲「行方知れず」の歌詞を考察していきたいと思います。

10月14日後悔の映画『カラダ探し』の主題歌に決定している本楽曲。

作詞曲、編曲を椎名林檎さんが担当していることも話題になりました。

歌詞にはどんな想いが込められているのでしょうか?

映画のストーリー、お二人の楽曲コメントと合わせてみていきましょう!

映画『カラダ探し』

2022年10月14日全国公開のホラー映画。

2011年に小説投稿サイトに投稿された同名小説を実写化した作品で、原作はZ世代からの人気を集めています。

あらすじ

県立逢魔高校で学校の怪談として語られる、50年前の強姦・バラバラ殺人の犠牲者である血まみれの少女の幽霊「赤い人」。

怪談によれば、学校で「赤い人」に遭遇してしまった生徒は身体を8つのパーツに分割されて校舎に隠され、皆に自分のカラダを探すように頼むことになるという。

カラダ探しを「頼まれた側」の生徒は頼みを拒否することはできず、8つに分割された「頼んだ側」の生徒のカラダを全て集めるまでは死ぬこともできない。

Wikipediaより

カラダ探しを「頼まれた側」の6人の生徒は、「赤い人」の恐怖に怯えながらも、クラスメイトのカラダを探します。

果たして全てのカラダを集めることはできるのか?

映画の公開が楽しみですね!

楽曲コメント

Adoさんと椎名林檎さんの楽曲コメントをご紹介します。

Ado コメント

椎名林檎さんから曲を書き下ろしていただけるなんて本当に夢のようで凄く嬉しくて、「うわぁ、私林檎さんに曲を書いていただいたんだ!」という感じの林檎さんの魅力が沢山詰まった楽曲です。

私にとっても椎名林檎さんはスターであり、憧れであり歌い方にも影響を受けているので、尊敬の気持ちと、今回のこのコラボは幻なのかなって、嘘じゃないかと思うくらいとても貴重な経験です。

林檎さんに曲を書き下ろしていただけて、さらに「カラダ探し」の主題歌を担当させていただけるのは、この命が尽きてしまうんじゃないかと思う程、この世の全ての運を使い果たしているくらいに光栄です。

椎名林檎 コメント

Ado氏の声を初めて拝聴したとき『なんと理想的などら猫声なんだ』と慄きました。

二十五年前、拙作無罪モラトリアムを出してしまう前にこの響きに出会せていたら、ぜんぶ彼女に歌ってもらっただろうとも思います。

そう、私は作り手冥利に尽き続け、いまごろさぞやそっくり返っていたことでしょう。

Adoさんにとって憧れの存在である椎名林檎さん。

対して、林檎さんもAdoさんの歌声を絶賛しています。

この2人のコラボが、どんな楽曲を生み出したのか、曲のリリースが楽しみですね!

行方知れず 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

映画の公開、曲のリリースが楽しみですね!

新しい情報が入り次第、記事を更新するのでチェックお願いします。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!