最新情報を知りたい方はこちら!!

悪口たち【My Hair is Bad】の歌詞を考察!悪口を向けた相手は誰?

今回はMy Hair is Badの『悪口たち』の歌詞について考察します!

『悪口たち』はアルバム『時代をあつめて』に収録された楽曲。

歌詞を読むとびっくりしますが、ほぼ全て平仮名なのです!

ボーカルの椎木さん曰く、「歌詞を形で見る癖があって、パッと見てきれいだったらいい、みたいな。思いつく悪口を最初から平仮名で書きました。ちょっとポップに見えるでしょ?」とのこと。

漢字になると生々しくなってしまう悪口を平仮名にして、少し柔らかいイメージを持たせたようです。

では一体どのような歌詞なのでしょうか?早速見て行きましょう!

created by Rinker

『悪口たち』歌詞考察

主人公が叫ぶ悪口たち

冒頭は羅列する悪口たち。

うざい 嫌い もう話したくない もう同じ空気吸いたくもない
やる事 なす事 ほんとおもんないの
ね 近くにいたら移っちゃいそう

漢字にすると鋭い言葉にちょっと気が滅入りそうになる…。

主人公の真意は何なのでしょうか?

悪口の生産性とは

自分自身にまたは悪口を言う人に問いを投げかけるサビ。

「どうしたい?」「どうなりたい?」

そう考えれば考えるほど、悪口が生み出すものはありません。

そこに残るのはただ「胸が痛い」という事実だけなのです。

言った方も言われた方も悪口そのものから得るものは、胸の痛み以外何もないのでしょう。

むかつく「あいつ」の人物像とは?

2番も悪口の列挙。

期待しない まじで気が利かない すぐ電話帳から消し去りたい

2番の悪口からは、特定の人物に向けられた悪口であるのが垣間見れる歌詞です。

ここでポイントになるのが「あばずれ」という言葉。これは「人ずれしていてずうずうしい女」を意味する単語です。つまり、あるあざとい女性に向けられた悪口なのが分かります。

「にゃんにゃん」と言えば「もんくどしどし(文句どしどし)」と支離滅裂な言動をする女性の様子。

ここまで近くでその言動を見られるということは、主人公の彼女であるのが予想できます。

つまりこれらの悪口は彼女に対して放っている言葉なのです。

でも主人公は「疲れちゃったじゃん」と彼女との関係に疲弊しています。

二人の関係はどうなっていくのか…。

悪口を言ったらどうなる?

1番サビと同じです。

彼女に宛てた悪口だと分かると、なんとなく切ない心情が込められているのを感じます。

悪口を向けた相手は?

「つけっぱなしのTVショー」「いなくなっていく新人賞」

これらは無常を感じされる情景描写。つまり悪口を言った後の虚無感と重なるわけです。

悪口を言ったところで現実は何も変わらない。

「本当のところはどう思ってる」

悪口を言ってしまう背景に隠された心情を自問しています。

ラストでこの虚無感と彼女への想いの真相が明かされていきます。

もういない「あの子」の正体

実は主人公は既に彼女と別れてしまっていたのです。

「あの子はもういない」の歌詞から、元カノへの未練が感じ取れます。

今まで羅列していたのは確かに元カノへの悪口だったけれど、本当は彼女との冗談めいた会話の一つだったのかもしれません。

でも別れてしまった今となっては、その悪口すら言えない。

もしかしたら悪口が彼女を悲しませてしまったのかもしれない。

「結局、悪口が生み出すものは本当に何もないんだ」と、自分に言い聞かせるような切ないラストです。

created by Rinker

おわりに

いかがでしたか?

意味深なタイトルの本楽曲。いろいろな解釈ができる味わい深い曲でもあります。

ぜひ皆さんにも、どんな意味なのか考えながら聴いてみて欲しい楽曲です!

error: Content is protected !!