最新情報を知りたい方はこちら!!

WanteD! WanteD!【Mrs. GREEN APPLE】歌詞の意味を考察!ドラマ「僕たちがやりました」主題歌

Array

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)の5thシングル「WanteD! WanteD!」(2017年8月)の歌詞の意味を考察します。

窪田正孝さん主演のドラマ「僕たちがやりました」(2017年7月~9月)のオープニングテーマに起用されました。

平手友梨奈さんが出演している新MVも話題です。

作詞・作曲を大森元貴さんが担当した「WanteD! WanteD!」の歌詞の意味を紐解きましょう。

ドラマ「僕やり」の概要

ドラマ「僕たちがやりました」(以下、僕やり)は、金城宗幸さんと荒木光さんによる同名漫画を原作とした青春サスペンスです。

凡下高校2年のトビオ(窪田正孝さん)は、同級生の伊佐美(間宮祥太朗さん)やマル(葉山奨之さん)、金持ちのOB、パイセン(今野浩喜さん)とつるみ、「そこそこの人生」を楽しんでいました。

しかし市橋(新田真剣佑さん)率いる矢波高(やばこう)の不良グループにマルがボコボコにされ、復讐を企てたところ、10人の死者が出る矢波高爆破事件に発展し、逃亡生活を送るようになります

WanteD! WanteD! 歌詞考察!

自分の弱さから逃亡中!

だんだん簡単に
心が壊れてしまうようになったな
やる気もがれて 傷ついたから
「あぁもう辞めだ」

ドラマ「僕やり」の主人公トビオの心情に寄り添いつつ、バンド活動をしているミセスや大森元貴さん自身、若者の気持ちを代弁するような歌詞になっています。

とくにドラマでは、仲間が不良グループに襲われるという、巻き込まれ型の被害者側の立場から始まるものの、企んだ復讐が予期せぬ事態に発展して加害者になり、先輩の影響もあって逃亡の道を選んでしまうなどのさまざまな事情があります。

意図せず加害者となり、そのまま逃げてしまった状況なので、罪悪感が消えません。

「僕やり」ほどドラマチックではなくても、何気ない日常生活のなかで善と悪、被害者的立場と加害者的立場が入り乱れることもあるのではないでしょうか。

本来の自分らしい生き方をしていないときは心が壊れやすく、無気力になりがちで現実逃避したくなるものです。

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
自分の弱さから
お馬鹿なふりをして
ゆらゆら生きている
誰も知らない
僕らの行き先は

「WANTED!」は「お尋ね者、指名手配中の犯人」という意味です。

トビオたち4人が起こした爆破事件から逃げつつ、「お馬鹿な~生きている」様子がそのまま描写されています。

こうした犯罪に限らず、「自分の弱さ」から逃げ、何となく惰性で生きている若者にも刺さるサビではないでしょうか。

愛の罠から抜け出す方法とは?

だんだん快感になってきたよ
ツマラヌ オトナドモ
気高く保守的なだけね
でもとりあえず踊りましょう

「自分の弱さ」を直視せず、学校生活、勉強、部活、塾、習い事、人間関係などから逃げたくなることもあるかもしれません。

それでも真面目に深刻ぶるのは重たい感じがするので、適当に話を合わせてふざけた調子で生きるほうが楽ですね。

「お馬鹿なふりをした若者」のほうが「保守的な大人」よりよっぽど賢いと考える若者もいるでしょう。

ただ、今は「保守的な大人」も、かつては「お馬鹿なふりをした若者」だった可能性もあります。

ここで深刻ぶっても仕方がないので、踊らされておきましょう。

グチャグチャ絵の具で彩って
ムチャクチャな夜と絡まって
I don’t wanna do... 愛の罠よ
まぁ I don’t care

「グチャ~とムチャ~」、「絵の具と夜」など、韻を踏みまくっています。

「僕やり」は犯罪を扱ったシリアスな内容にもかかわらず、展開がハチャメチャで、全体的にコメディタッチ。

そうしたニュアンスを醸し出そうとしているのでしょう。

実際に「お馬鹿なふりをした若者」として踊っているとも考えられます。

WANTED! WANTED!
僕らは逃げている
WANTED! WANTED!
妬む心から
あの子は馬鹿で
スラスラ生きれている
「月が綺麗だ」
幸せの形を

1番のサビでは「自分の弱さ」から逃げていましたが、2番では「妬む(ねたむ)心」(=愛の罠)に変わりました。

直視しないようにしていたけれど、実は「あの子」に嫉妬(しっと)していた「僕」。

なぜなら「僕」は「お馬鹿なふり」が下手で生きづらく、「あの子」は「お馬鹿なふり」が上手で生きやすいから、という話でしょう。

ここで唐突に出てきた「月が~」は、夏目漱石さんの「I love you」の和訳として知られている言葉です。

他人と比較して落ち込むより、気になる相手を愛するほうが満月のような「幸せの形」として丸く収まるかもしれませんね。

愛にきづきますように!

何かのせいにして
遊べるのは今だけなんだ
焦らなくていい?
少しずつ気づいてゆけばいい?

「何かの~今だけなんだ」という部分も、「僕やり」のストーリーを連想させられます。

「WanteD! WanteD!」を聴くリスナーそれぞれの人生に置き換えても、「現実逃避して遊んでいられるのは若い時期だけ」と身に染みることでしょう。

大人になるにつれて、徐々に「何か」に気づく必要はあるものの、焦る必要はないと優しく寄り添ってくれているようです。

気づくべき「何か」については最後に明かされます。

WANTED! WANTED!
僕らは生きている
WANTED! WANTED!
間違いながらも
逃げるのに慣れて
【愛】に気づけなくなっている
いつか綺麗な
大人になれるかな

最後のサビで、「逃げている」が「生きている」に変わりました。

「間違い」をしでかしたり現実逃避したりしながらも、とにかく「生きている」という現実。

大人になるにつれて気づくべき「何か」(WANTED!=お尋ね者)は「愛」でした。

若い頃は「愛してほしい」とか「愛されていない」と悩みがちですが、大人になると「愛」とは受け身で待つものではなく、能動的に発するものだと気づくようになります。

現実逃避ばかりしていると、目の前にある「愛」に気づけず、「愛されていない」と不満がたまりやすくなるかもしれません。

「綺麗な大人」だらけの世の中になるように生き続けましょう。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

「WanteD! WanteD!」は3rdアルバム「ENSEMBLE」(2018年4月)、ベストアルバム「5」(2020年7月)にも収録されているので併せてお楽しみください。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!