最新情報を知りたい方はこちら!!

バレンタインソング【平井大】歌詞の意味を考察!人生はチョコレートの箱?

今回は、人気シンガーソングライター・平井大さんの新曲「バレンタインソング」の歌詞を考察していきたいと思います。

1月30日にリリースされた本楽曲は、タイトルからも分かる通り、バレンタインについて歌った曲で、チョコを渡して想いを伝えるまでのドキドキ感が歌われています。

それでは早速歌詞を見ていきましょう!

バレンタインソング 歌詞考察

人生はチョコレート
の箱みたいだって
どこかの映画で
聞いたことがあるんだ

「人生はチョコレートの箱みたいだ」というセリフは、1994年公開の映画『フォレスト・ガンプ』に登場する名言です。

「Life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.
  (人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない。)」

主人公ガンプの母親が息子に向けて送った言葉で、映画の冒頭でガンプが口にします。

チョコレートの箱には、チョコレートが入っているに決まっていますが、ここでのチョコレートは人からプレゼントされたものなのでしょう。

人からもらったチョコレートは、何味なのか、何個入っているのか、どんな形のチョコなのか、開けてみないとわかりませんよね。

この世に生を受けた奇跡は、人からもらったチョコレートの箱のようなもの。

人それぞれ違うし、どんなことが起こるかも予測できない、という意味が込められているように感じました。

甘いstrawberry?
ほろ苦い大人の味?
ウィリーウォンカとチャーリー?
試してみよーよー

自分のもらった箱(人生)には、どんなチョコレートが詰まっているのか。

再び、映画要素が歌われていますね。

ウィリーウォンカとチャーリーは、『チャーリーとチョコレート工場』の登場人物。

貧しい家に生まれた主人公チャーリーが、ウォンカの巨大チョコレート工場の見学チケットを手に入れ、不思議な工場へと招かれる映画です。

自分の持っている箱にも、チャーリーのような幸運が入っているかもしれないという希望が歌われていますね。

「試してみよーよー」という歌詞からも、少し子供っぽさが読み取れます。

一年に一度
いやいやホントは
毎日でもいいんだけどね

この部分は、まもなくやってくるバレンタインデーのことを指しています。

2月14日、一年に1回だけやってくる特別な日。

本当は毎日でも良いのに、と本音が出ています。

Give you a box with some chocolates and countless love
素直なキモチ伝えるキミに
100万通りのLOVE贈るのさ
Oh baby baby, it’s Valentine’s Day

想いを伝える大切な日・バレンタインデー。

主人公も、好きな人へチョコを渡す決心がついたようです。

Give you a box with some chocolates and countless love

チョコレートに自分の想いをのせて、運命の告白、果たして結果はどうだったのでしょうか?

Feels like yesterday
巡り会えたね
甘い milk & honey
Fantasyの続きを

主人公の告白は見事成功し、二人は付き合うことができたようです。

運命の人と巡り会えた喜びを噛みしめる主人公。

想いを伝えたバレンタインデーが、昨日のことのように思い出されます。

これからも二人でFantasyを続けていくんだという強い想いが伝わってくる歌詞です。

すれ違いもあるけど
そりゃあ人間だもの
大まかにいこうよ
こんな歌うたって

どれだけ好きな人でも、すれ違いが起こることもあるでしょう。

すれ違ってしまったときも「大まかにいこうよ」。

主人公の大らかな性格が読み取れます。

歌を歌って、出会ったときのことを思い出そうよと「君」に呼びかけていますね。

周り廻る地球
すぐに1年経って
気づけばまた来年もね

君との幸せな時間を過ごす主人公。

すぐに一年が経っていました。

来年も、これから先もずっと一緒に過ごしたい、毎年こんな歌を歌って君と笑い合いたいという主人公の願いが伝わってきます。

Give you a box with some chocolates and countless love
素直じゃないふたりのStory
100万年先まで続くのさ
Oh baby baby, it’s Valentine’s Day

Please give me your love
Please give me your love
Oh holy only, it’s Valentine’s Day

毎年チョコレートを贈り合う二人。

そんな二人の幸せな日々は、「100万年先まで続くことでしょう。

一年に一度の特別な日・バレンタインデーにふさわしい「バレンタインソング」でした!

さいごに

いかがでしたか?

バレンタインデーにチョコを渡そうとしている人の背中を押してくれるような、聴いている人を幸せにしてくれる、素敵な楽曲でした。

これからの活躍にも注目です!

error: Content is protected !!