最新情報を知りたい方はこちら!!

トモダチ【スカイピース】歌詞の意味を考察!君を想う切ないラブソング!”答え”を変えることはできるのか?

今回は人気YouTuber音楽ユニット・スカイピースが3月16日にリリースする新曲「トモダチ」の歌詞を見ていきたいと思います。

YouTubeのチャンネル登録者数は430万人を超え、コンビYouTuberとしては日本一の人気チャンネルになっています。

アーティストとしても絶大な人気を誇っているスカイピース。

2022年の7月には約2年ぶりとなるアルバムの発売も予定されています。

今回考察する「トモダチ」は、好きになった相手に想い人がいて、自分はトモダチの立場だからと葛藤する様子を歌ったラブソングで、卒業シーズンの今聴きたい切ない楽曲になっているそうです。

早速歌詞を見ていきましょう!

created by Rinker

トモダチ 歌詞考察

君は大丈夫って僕にまた嘘ついちゃってさ
一人で今日も泣くんでしょ

前述の通り、この「トモダチ」という曲は、自分の好きな人には好きな人がいて、トモダチという立場で葛藤するという物語です。

冒頭は、まさに君の話を聞いているシーンですね。

君の好きな人は残念ながら君に気がないようです。

君は「大丈夫」と強がりますが、その言葉が嘘だということも分かっています。

君のことが好きな主人公は、自分の前で強がっている君が、家に帰って一人で泣いている姿が容易に想像できてしまうのです。

主人公と君の仲の良さから、二人は幼馴染のような関係なのかもしれませんね。

もう泣くななんて言わないからさ
ひきつった笑顔を見せなくていいからさ
たくさん背負い込んで 重そうだね
少し背負わせてはくれないか

自分の前では強がらなくてもいいんだよと優しく呼びかける主人公。

いつも見ているからこそ、「大丈夫」と笑う顔がひきつっていることが分かるのでしょう。

小さい身体には、大きすぎる想い・悩みを背負い込んだ君。

押しつぶされてしまわないか心配です。

君の背負っているものを、少しでも自分に背負わせてくれないかと、君のことを想う主人公の優しさが描かれています。

誰だよこんなにかわいい子の頬を涙で濡らせるのは
笑顔がかわいい もっと似合ってるコーデがあるよ

かわいい君をこんなに悲しませるのは、どこの誰だと憤慨する主人公。

同時に、どうしてあげることもできない自分の無力さにも怒っているように感じます。

僕が知っている君のかわいい笑顔。

「もっと似合ってるコーデがあるよ」のコーデとは、付き合う人という意味が含まれているのでしょう。

こんなに君を悲しませるやつなんかじゃなくて、自分だったら幸せにできる、という主人公の強い想いが伝わります。

くしゃっとした顔は君の笑顔だけでいい
デートコース プランは100個あるよ
瞳に映る景色 綴る物語
険しく辛い選択が君の笑顔になるなら
練ったプランは全て消すよ

主人公の好きな、君のくしゃっとした笑顔。

君と付き合えたときのデートプランは100個用意している主人公ですが、それでも君が今の険しい道を選ぶというのなら、自分のプランは全部消す。

君がどんな答えを出したとしても全力で応援するという、君のことを大切に想っているからこそできる切ない選択ですね。

主人公の優しさが伝わります。

君の涙を知ってるのは 僕だけだから
綺麗に拭いてあげたいんだけど やっぱりそうもいかないや
君はそうやっていつも一人で抱え込んじゃってさ
今日も一人で泣くんだろう また一人で今日も泣くんでしょ

他の誰も知らない君の涙。

できることなら自分が拭いてあげたいけど、その願いは叶いません。

大きすぎる悩みも一人で抱え込んでしまう君。

隠れて一人で泣いてしまう君を心から心配している主人公の姿が浮かんできますね。

君の幸せの在り処を僕が探してても
結局正解は君が決める
いつでも居場所は作るからさ
辛くなったら寄っておいで
愚痴なんてずっと無限に聞くぜ
他に僕には何ができるかな?
一人で泣いてないかな

君の幸せの在り処を僕が探してても 結局正解は君が決める

君の人生を決めるのは他でもない君自身です。

主人公がどれだけ君の事を想っていても、君の幸せを考えても、結局正解を決めるのは君自身なのです。

たとえ自分が選ばれなかったとしても、君の居場所を作って待ち続けようと決意する主人公。

もし、君の選んだ道で辛いことがあったらいつでも寄っておいでと声をかけます。

そこまでしているのに、まだ他に何かできないか?と考える主人公。

君のことを本当に大切に想っていることがわかり、切なくなりますね。

イライラして怒ったっていい 当たっちゃっていい
受け止めてあげるよ
抱え込まず頼ったっていい 無理言ったっていい
側にいてあげるから 安心して行っておいで
止めることはできないよ 君が幸せになってくれればいいな

主人公の作った居場所に来るときは、イライラしてても、怒っててもいい。

全て受け止めてあげるから、八つ当たりしてくれても構わない。

君の選んだ道を全力で応援するからなんでも頼ってほしいと呼びかけています。

「君が幸せになってくれればいいな」

これが主人公の根底にあるせつなる願いでしょう。

主人公が良い人過ぎて泣けてきます。

行くな行くなよ何回も泣かせられて
なんであんな奴のとこに不安な顔して戻るの
「幸せになるね」って向かう君を抱きしめてさ
好きって一言言えたらな

居場所を用意して待っていると言った主人公ですが、ここで本心が歌われます。

何度傷ついても自分の好きな人のところに行ってしまう主人公。

君のあまりに不憫な姿を見て、なんであんな奴のとこに戻るの、もう行くなよという本音が出てしまいます。

何度も傷つき戻ってきては「幸せになるね」とつぶやいて出ていく君を抱きしめて「好き」と素直に伝えることができたらどんなに良いかと考えますが、トモダチという立場の主人公にはできません。

僕は君の事を
いつでも待っているから
“答え“を決めるのは君だけれど
想いで“答え“変えてみせる

曲のラストで歌われているのは、主人公の決意です。

君がどんな道を選ぼうと、「僕は君の事をいつでも待っている」

“答え“を決めるのは君だけれど 想いで“答え“変えてみせる

素敵な歌詞ですね。

2つ目の答えは、「応え」に置き換えることもできそうです。

主人公と君にはいつか幸せになってもらいたいですね。

created by Rinker

さいごに

いかがでしたか?

トモダチの立場で葛藤する主人公の切ない心情が描かれた素敵な楽曲でしたね。

スカイピースの今後の活躍にも注目です!

error: Content is protected !!