最新情報を知りたい方はこちら!!

友 ~旅立ちの時~【ゆず】歌詞の意味を考察!Nコンやみんなのうたにも起用された卒業式ソング

ゆずの38thシングル「友 ~旅立ちの時~」(2013年9月)の歌詞の意味を考察します。

もともと2011年3月に発生した東日本大震災の後、ツアースタッフのために書かれた楽曲で、2011年夏の東北ツアーでは「友」というタイトルで披露されました。

その後アレンジが加わり、「第80回NHK全国学校音楽コンクール」(Nコン)中学校の部の課題曲、NHK総合・Eテレ「みんなのうた」(2013年8月~9月)にも起用されています。

北川悠仁さんが作詞・作曲、斎藤有太さんとゆずが編曲、ゆずがプロデュースした「友 ~旅立ちの時~」の歌詞をチェックしましょう。

友 ~旅立ちの時~ 歌詞考察!

歌でつながる絆が描かれている

友 今君が見上げる空は どんな色に見えていますか?
友 僕たちに出来ることは 限りあるかも知れないけれど

基本的に「友 ~旅立ちの時~」という楽曲の語り手は北川悠仁さんで、「友」とはツアースタッフのことです。

命に関わるほどの大災害が起きたとき、身を守る行動やライフラインの確保、医療、復旧作業などが最優先となり、エンターテイメントどころではない状況に陥ります。

亡くなった方、被災された方、ご家族や関係者の方々に寄せる思いは誰もが同じでしょう。

そのかたわら、ゆずのライブツアーに関わるスタッフにとっては、仕事がなくなるという問題が発生していたはずです。

東日本大震災の直後に「音楽の無力感」を痛感したアーティストや音楽関係者はたくさんいました。

そのような状況のなかで「僕たち」ゆずが「出来ること」といえば、ツアースタッフに「友」と語りかける歌を作ることだったのではないでしょうか。

涙を流しながら落ち込んで下を向いているときに「空は何色?」と聞かれたら、自然と上を向くことになります。

スタッフも「そういえばしばらく空を見上げていなかった」とハッとさせられたはず。

たとえば上を向くきっかけになるのが「音楽の力」かもしれませんね。

確かな答えなんて何一つ無い旅さ 心揺れて迷う時も
ためらう気持ちそれでも 支えてくれる声が
気付けば いつもそばに

空の色は基本的に「青」ですが、見上げたときの天気や時間、見上げた人の気分によってもさまざまな「答え」があるでしょう。

どのような「答え」も正解か不正解かは誰にも判断できません。

物理的な空の色についての質問を投げかけることにより、「気分はどう?」とか「調子はどう?」など、心模様を気にかけているイメージです。

「旅」とはツアーのことでしょう。

東日本大震災の後はとくに、ライブツアーを開催するべきかどうか、アーティスト側のゆずも「迷ったり、ためらったり」したに違いありません。

それでも「支えてくれる」スタッフが身近にいることが、何より心強いようです。

友 進むべき道の先に どんなことが待っていても
友 この歌を思い出して 僕らを繋ぐこの歌を

アーティストとスタッフのつながりは、やはり音楽。

とくに「この歌」が困難を乗り越える絆となるように、願いを込めています。

基本的に「友」はツアースタッフを表していますが、「ゆずとリスナー」も「この歌」でつながることができるでしょう。

リスナー自身が主人公となり、大切な仲間に向けて「友」と呼びかけることも可能です。

卒業式ソングとして人気の理由

明日の行方なんて誰にも分からないさ 風に揺れる花のように
確かめ合えたあの日の 約束胸に信じて
未来へ 歩いてゆくよ

「友 ~旅立ちの時~」は「Nコン」の課題曲や「みんなのうた」に起用されたこともあり、卒業ソングとしても人気を博しています。

その人気の理由は、わかりやすい言葉で、誰もが自分のことのように共感できる内容が描かれているからでしょう。

ゆずの2人やスタッフにとっては「あの日」といえば、たとえばツアーの千秋楽など、具体的に思い当たる日があるはずです。

ただ、リスナーにもそれぞれ「友」がいて、絆を深めた「あの日の約束」があることでしょう。

「思い出を大切にしながら、それぞれの将来を進む」と強く決意しているところに、胸が熱くなる人が多いのではないでしょうか。

Wow 遠く 遠く
Wow 終わらない夢
Wow 強く 強く
Wow 新たな日々へと旅立つ時

「旅立つ」というのも、もともとは「ツアーに出る」とか「ツアーが終わって、日常生活に戻る」といった意味だったと考えられます。

ただ卒業も、誰もが経験する人生の大きな「旅立ち」のひとつなので、重ね合わせて考えることが可能です。

ほかにも就職や転職、引っ越しなど、環境が変わる場面はさまざまあるので、その折々に心に響くでしょう。

東日本大震災で被災された方々、ご家族や関係者の方々にとっては、「この歌」によって励まされたという思い出になっているかもしれません。

友 さようならそしてありがとう 再び会えるその時まで
友 僕たちが見上げる空は どこまでも続き 輝いてる
同じ空の下 どこかで僕たちは いつも繋がっている

誰の人生にもさまざまな別れはあるものです。

たとえば中学校を卒業して別の高校に通っても、社会人になってから再会したり同窓会があったり、友だちであればいつかきっとまた会える日がやってくるでしょう。

1番の冒頭で見上げた「空」が、最後に再び出てきました。

物理的な距離が離れたとしても、誰の上にも必ずある「空」を見上げることで「心はつながっている」と絆を感じることができます

ゆずの2人とスタッフはツアーが終わると離れ離れになり、新しいツアーが始まると改めて集結する、なじみ深い仲なのでしょう。

音楽がある限り、「この歌」を通じて「空」を見上げ、お互いに「夢」を育みながら輝き合えるところが素敵ですね。

さいごに

「友 ~旅立ちの時~」は12thアルバム「新世界」(2014年2月)、オールタイム・ベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」(2017年4月)にも収録されています。

error: Content is protected !!