最新情報を知りたい方はこちら!!

THE OVER【UVERworld】歌詞の意味を考察!コンプレックスを乗り越え自分を超えていけ!

今回はUVERworldの『THE OVER』の歌詞について考察します。

この曲は自分のコンプレックスを乗り越え、大切な人とともに歩んでいく決意を歌った曲です。

大切な人とは恋人以外にも家族、友人なども当てはまるので、多くの人が共感できるのではないでしょうか。

UVERworldはどんなバンド?

2005年にメジャーデビューした滋賀県出身の6人組ロックバンドです。

バンド名「UVERworld」は500以上の候補からGt.彰が提案した「~world」と「超える」の意味を持つドイツ語「über」と英語「over」を混ぜ合わせた造語で、バンド名は「自分たちの世界をも超える」と意味付けています。

THE OVERはどんな楽曲?

『THE OVER』はUVERworldの22枚目のシングル曲で、TBS系ドラマ「黒の女教師」の主題歌に起用されました。

2012年9月10日付の週間オリコンチャートでは2位を記録し、6.1万枚を売り上げた楽曲になります。

これまでの楽曲とことなりシンセサイザーや打ち込みはほぼ使用しておらず、当時メンバー5人のシンプルなバンドサウンドです。

またファン投票で1位を獲得し、メンバー自身にとっても大事な曲だとインタビューで話していることから両者にとって思い入れがある曲なのでしょう。

created by Rinker

THE OVER 歌詞考察

では早速歌詞を読み解いていきましょう。

具体的にそのような歌詞なのでしょうか?

コンプレックスを抱える自分

最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとするんだね
何もかも嫌になってしまう程 自分の事を知りすぎているから
いつからか僕はもう 逃げようとしてた

   

自分のダメなところ、弱いところは自分自身が一番知っています。

知りすぎているからこそ目を背け、見ないふりをして逃げてしまいがちです。

何も無いのに 兎に角ずっと悲しくてたまらなかった
こんな時代で ありのままで生きてけるわけなんて無かったし
大切な君だけは 失いたくないから 本当の自分を隠して またつくろって行く
僕はいつか失ってしまう 分かってるからもどかしいよ

  

自分から目を背け、何も成し遂げずにこの世の中を生きていくのは厳しいでしょう。

愛する人を失わないために無力な自分を隠し、虚勢を張ってしまいますが、いつかはボロがでてしまい、呆れられて振られてしまうのではないかと、もどかしい思いを抱えています。

自分のことを知っているからこそ、不甲斐ない自分の未来を想像してしまうのでしょう。

想うことしかできない

テレビの中の俳優や大富豪やビッグスターなら
君を満足させれるだろう そして幸せにもするだろう
でも僕は君を想うしか無い 僕は君を想うしか無い
伝えようとして 空を眺め立ち止まる
傘をさすかどうか迷う程の雨 思い切りの無さは 僕のようだった

   

テレビに映れるくらい地位も名誉もあれば君を幸せにできただろう、しかし自信がないため「いつかスターになる。幸せにする!」とは言えず、想うことしかできないと無力な自分に虚無感を感じています。

傘を指す、指さないくらいの小さな選択も躊躇してしまうほど優柔不断な自分が、相手に想いを伝えられのだろうか、そんな自分が不甲斐ないと比喩で表現しているのです。

諦めながら 生きて行く毎日は 何をしても悲しいだけだった
誰よりも愛されたいのに 一人になろうとしていた事も
大切な君のためだったよ

伝えたい気持ちは溢れてくるのに 言葉にすればする程 違って行く
それが もどかしいんだよ

   

何も成し遂げられない自分なんて、相手を幸せにできないなら別れた方がいいのではないか、そのほうが相手は幸せなんじゃないかと悩み苦しんでいます。

相手を大切に思うが故の気持ちですね。

コンプレックスを乗り越えて

一番幸せ願って 一番哀しませてそうで
自分に自信が無かった できるだけ一人で生きて来た
でも君だけが離せない なぜ君だけが離せない
一人じゃないと 理解してしまった感情を
抑えきれないと 認めた時に なぜ涙が出たのかは分からないけど
よく見れば 青空も 青一色じゃ無い
その複雑さは 心を映したようだ

相手のことが大好きだからこそ幸せにしたいと願いますが、果たして自分にその資格があるのだろうか、結局悲しませてしまうのではないかと葛藤しています。

自信がないので、他人に対し責任を負わず深くかかわらないようにして生きてきました。

しかし相手と出会ってからは二人でいる幸せを感じ、離れたくないという本音に気付き、涙がこぼれてしまったのです。

涙は悲しみの感情以外にもさまざまな場面で流れますね。

それを空の色に例え、相手の幸せを思ったら別れるべきだが、本音は別れたくない気持ちを表しています。

未来へ向かうボートに乗って オールで漕ぐ僕からすれば後ろへ進む
僕には進む先は見えない でも 君が向かいに座って見ていてくれるなら
何処に辿り着いたって 辿り着かなかったとして
未来を想像すれば だいたい幸せだった
ああ 好きだよ 君も僕を選ぶなら もう離そうとしないよ

ボートに乗ることをこれからの人生に例えている歌詞です。

ボートを漕ぐ自分は進む方向が見えなく、未来がどのようになるか知りえませんが、君が向かいに座ってくれるだけで成功してもしなくても幸せだろう、どんな道でも進んでいこうと読み解けます。

年をとり日が経って 言葉さえ失って
二人過ごした日々を君が忘れてしまった時も
変わらず手を握りしめ 変わって行く君を支えて
最後まで心で対話して 守り優しさを与えていくよ
いつまでも君を想うだろう 最後まで想い抜くだろう
一人じゃないと感じさせてみせるよ

お互い歳を重ねて、相手が昔の記憶もなくし、会話ができなくなってしまっても、変わらず愛し支えていくよ、一人じゃないと自分に感じさせてくれたように君も一人じゃないと思えるように愛するよと永遠の愛を誓っています。

コンプレックスだらけの自分から抜け出し、相手を守り続ける覚悟ができたようです。

すべてを超える

どんなに言葉の意味を調べても どれほど強くイメージしてみても
一人きりのままじゃ 知れなかった
あの 探してた愛は君そのものなんだ

誰もが自分を超えられる OVER
一人になんてさせやしないよ OVER

さあ すべてを超える OVER

   

二人で過ごすことで、こんな気持ちになるんだ、こんな自分になるんだと気付くことがあります。

一人で過ごしていたら気付くことができない感情です。

自分の本当の気持ちに気付き、コンプレックスを超えていくことで自分を成長させていきます。

“OVER”とは”超える”という意味です。

この楽曲は”コンプレックスを超えていけ、そして大切な人を守っていく”というメッセージが込められています。

created by Rinker

さいごに

みなさんいかがでしたでしょうか?

コンプレックスを乗り越え大切なものを守るという前を向かせてくれる歌詞でした。

大切な人を想う時はもちろん、弱気になってしまう時や、新しいことを始めたい時もこの曲を聞くときっと勇気をもらえることでしょう。

これからのUVERworldの活躍に期待です!