最新情報を知りたい方はこちら!!

SPARK-AGAIN【Aimer】の歌詞を考察!火よりも熱い愛情がこもった歌詞とは?

Array

『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』オープニング主題歌に起用されたAimerの『SPARK-AGAIN』

優しい歌声が魅力的なAimerですが、『SPARK-AGAIN』はテンポが速く強く打つリズム感、エネルギッシュな旋律が印象的な楽曲で、Aimerの新境地が見られる最新曲です。

一体どようのな歌詞なのでしょうか?考察します!

created by Rinker

『SPARK-AGAIN』歌詞考察

この身一つで踏み出せる勇気

失くしたものばかり
残したこの火種は離さない
離さないから ずっと
曖昧 物語 正解なんてなくたって
踏み出すようになれたら

「失くしたものばかり」—。この歌詞からは、主人公が何か大事なものをたくさん失ってきたことが分かります。

だからこそ、たったひとつ残った「火種」を絶対離さないという決意の冒頭です。

今まで歩んできた自分の姿勢が正しいか、間違っているのかなんて関係ありません。

”この身一つで踏み出せる勇気があれば。”

そんな覚悟が感じられます。

どうかしているわけではない

「どうかしてる」って言うけど どうにかしてあげるよ
どうなったらいいかさえ わからなくなるけど
夢がその隣で覚悟を決めたなら
疑うものなんて何もなくなるから

周囲の人は言います。「どうかしてる」と。

でもそれを「どうにかしてあげる」と包み込む言葉に変化させているのには圧倒されます。

主人公にとっては、正解の有無なんて関係ありません。

「疑うものなんて何もない」—。そんな余白を許さない勇敢で真摯な心一つ、ここにあれば良いという気概が感じられます。

はじけ飛ぶ火花

火花散って 火蓋切って 白か黒も灰にかえるまで
とびきりの王冠(クラウン)なら手に入れたい
風を切って 君のほうへ 1 か 8 か 0 に変えるまで
ふさぎ込んだ道化師(クラウン)なら 森羅万象 はじまんないよ
灰も焦がすよな愛をみせるから I just spark again.

正しいことも間違いも主人公にとってはもう関係ありません。

「白も黒も灰にかえるまで」と、一切合切の答えを焼き尽くすかのような強い歌詞が綴られます。

『SPARK-AGAIN』のオープニングである「炎炎ノ消防隊」は特殊消防隊のお話ですが、単に炎で燃やしきるわけではなく、大事な人を守りたい愛情によって世界を救おうとしているお話です。

そういった点からも、「灰も焦がすよな愛」という文が綴られているのでしょう。

主人公が必死に、心を燃やしている様子の分かるサビです。

真っ白で無知な自分へ

暗闇 やみくもに
探したその背中は届かない
届かないけど きっと
何にもないくせに 戸惑う前に飛び出した
あの日のようになれたら

主人公はもう既に「やみくもに探した背中」には届かない状態。

だからこそ、届くようにと懸命になることに躊躇いを感じられる歌詞です。

何も知っていなければ一生懸命に探すことができていたのでしょう、皮肉にもその無知さへ憧憬を抱いているようにも感じます。

迷っても恐くない

導火線がなくても 心に火 灯すよ
どこに行くのかさえ わからなくなっても
君のその隣で強く手を繋げば
恐れるものなんて何もなくなるから

「導火線がなくても」という言葉からは、根拠や目的といったような理論性を大きく打破するような力強さを感じられます。

そして、行く先が分からなくても「君」と手を繋いでいれば大丈夫という強さも。

何かを倒したり、消したり…そんな大きな目的よりも、ひたすらに「君」を守り抜きたいという愛情の炎を感受できる歌詞です。

恐怖よりも選びたいもの

光さして 照らす方へ いつか夜も声も果てるまで
ありふれた DAWN なら もういらない 目もくれない
声を聞いて 前を向いて 白か黒で語るだけの未来
怖気づいてしまう前に そんな幻想 消し去りたいよ
太陽みたいな愛をみせるから I just spark again.

「DAWN」とは「夜明け」のこと。闇夜が明け、太陽の光りが刺す瞬間を彷彿とさせます。

そんな太陽の光のような強い愛を、世界へ反射させる主人公の気持ちが綴られているように感じます。

怖気づいてしまう恐怖よりも、愛を選択しようとする勇敢さ。

勇気をもらえる一節です。

間違っていなかった過去

失くしてきたものなら数知れず
捨ててしまったものなど 何もない

冒頭から、主人公が様々なものを「失くしてきてしまった」という感情が多々読み取れます。

どんなに一生懸命やっても失ってしまうものはあります。

でも、自らの手で「捨ててしまったものなど何もない」と断言されています。

過ちを犯してしまったとしても、必死に頑張った過程そのものが大事だと肯定している歌詞です。

再び輝き燃える

火花散って 火蓋切って 白か黒も灰にかえるまで
とびきりの王冠(クラウン)なら手に入れたい
風を切って 君のほうへ 1 か 8 か 0 に変えるまで
ふさぎ込んだ道化師(クラウン)なら 森羅万象 はじまんないよ
灰も焦がすよな愛をみせるから I just spark again.

太陽みたいな愛で照らすから I just spark again.

最後のサビです。主人公の並々ならぬ強い感情を感じられる最後。

同じ「火」でも、戦いによる「火」と、愛情による心の「火」は、まったく異なります。

後者の「火」が燦燦と灯る歌詞からは、母性や父性すらも感じ取れる愛が身に染みます。

自分自身の心にも灯る火を、燃やしたくなるラストです。

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

おわりに

いかがでしたか?

Aimerの新しい側面が見られる『SPARK-AGAIN』。

ぜひ聴いてみてください!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!