最新情報を知りたい方はこちら!!

深呼吸【SUPER BEAVER】歌詞の意味を考察!熱いメッセージが込められた楽曲

SUPER BEAVERって?

2005年に結成したSUPER BEAVERは、4人組のロックバンドです。

メンバーは渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(Gt)、上杉研太(Ba)、藤原広明(Dr)。

同じ高校の先輩後輩だった渋谷、柳沢、上杉と、柳沢と幼馴染だった藤原が加わり結成となりました。

バンド名は、柳沢が「動物の名前をつけたい」という発言をきっかけに「ビーバー」が決定し、その後語呂が良い「スーパー」を付けたそうです。

TEENS’MUSIC FESTIVAL2005全国大会にて、オーディエンス大賞を受賞し、翌年にはグランプリ。オーディエンス賞を受賞しています。

普遍的なメロディーの良さと、洋楽・邦楽のエッセンスを織り交ぜたギターサウンドが魅力的で、2008年には、デビュー前にも関わらず、インディーズからリリースしたミニアルバム『心景』がタワーレコード渋谷店を中心に各地で好セールスを記録。

また、タワーレコード渋谷店B1F「STAGE ONE」でのインストアライヴも満員大盛況をするなど、一気に人気注目が加速しするバンドです。

SUPER BEAVERの『深呼吸』はメジャーデビューのきっかけになった楽曲です。

今回はその『深呼吸』について見ていきましょう。

「NARUTOーナルトー」

『深呼吸』は大人気テレビアニメ「NARUTOーナルトー疾風伝」のエンディングに起用されました。

常に挑戦する気持ちを忘れない彼ら4人の今と未来への思いが詰まった、爽快感のある楽曲。

さらに、「NARUTOーナルトー少年篇」でもデビューシングル4枚目に収録されている『道標』がテーマソングに決定されました。

同じアーティストが同時期のアニメ「NARUTOーナルトー」に同じアーティストの楽曲がタイアップされたのは史上初だそうです!

「NARUTOーナルトー疾風伝」のエンディング曲に選ばれたことに関して、SUPER BEAVERはこのようにコメントを残しています。

”「NARUTO」10周年という節目に、疾風伝のエンディングに僕らの挑む想いを込めた『深呼吸』が選ばれ、さらに少年篇でも『道標』がテーマソングになるという事で、ダブルの喜びを感じています!10年間で様々な成長を遂げた「NARUTO」のように、僕らもこれから10年、20年進化し続けるバンドであるようがんばります!”

created by Rinker

深呼吸 歌詞考察

過ぎていく日々の中で

存在と深呼吸の現実を前に 挑もうとする視線は
間違いも戸惑いも全部 焼き付ける
一瞬の 連続の中で

この楽曲はサビから始まります。

「挑もう」と前を向いている瞬間なのでしょうか。

「一瞬の連続」によって成り立つ人生は成功も失敗も忘れないように「焼き付けて」いきたい。

そんな想いが込められているように感じます。

幾つもの約束の その上に立っては
噛み締める あの日零れ落ちた言葉
込められた思いは 誓いのようで
口にすれば 今と始まりを繋ぐ

ここでは過去を振り返っています。

一瞬の連続の中でも「幾つもの約束」を繰り返している。

そして「零れ落ちた言葉」それは感謝の言葉なのでしょう。

感謝の言葉を伝えると、さらにパワーが出てくるのです。

夢ではなくて 絵空事の世界でもない場所でさ

「絵空事」とは、「物事を実際よりも誇張したり、うそを加えたりすること。ありもしないうそ。」という意味があります。

「夢」でも「絵空事」でもない世界、つまり「今」ということです。

一瞬の連続の中で

存在と深呼吸の現実を前に 挑もうとする視線は
間違いも戸惑いも全部 焼き付けて
そのずっと 先を捉える
一瞬の連続の中で

サビの部分では、楽曲の要と言える部分でしょう。

「間違い」も「戸惑い」も全部受け止める。

「一瞬の連続」を繰り返して、前を向いて「挑もう」人生をより良いものにしていこうというメッセージですね。

未来への不安

不確かな未来へと 馳せる思いには
不安とか迷いとか いつも混じってんだ
守りたいものが 一つ増えるたびに
憂鬱を置き去りにして 進んでみる
遠回りして 出逢えた人 生まれた願いもあってさ

「未来」への「不安」や「迷い」を感じることは誰だってあるでしょう。

ここでの「守りたいもの」とは、何を指しているのでしょう。

「ナルト」のストーリーとも絡めると、大切な仲間だということだと考えられます。

さらに夢や目標、と読み取れますね。

これまでの人生の中で歩んできたマイナスな気持ちは忘れて、大切な仲間を守りながら一歩踏み出そう、前に向かって進んでいこうと伝えているように思います。

笑い合った日々

偶然と深呼吸の現実の中に 散らばった笑い声が
躓いて戸惑っている 自分自身の
躊躇いを 掻き消してくれる

笑い合った日常を思い出しているようです。

「間違い」や「戸惑い」から失敗してしまったこともあるのでしょう。

失敗から立ち直らせてくれた笑い合った日々。

あの頃を思い出しながら、もう一度立ち向かっていこうとしています。

息が切れそうな日々に何か 答えを求めては涙流して
自分にとっての ただ一つを
今だって掴もうとしてる
遠い記憶に 約束交わして手を振る場所でさ

一瞬の繰り返しの中で人々は「何か答えを求めて」います。

人生にとって「ただ一つ」の答えを求めるのです。

未来へ向かって

目の前に差し込んだ 夜明けの合図
繰り返す 確かな呼吸
ほらきっと 昨日の涙の理由(わけ)が
現在(いま)と未来を紡ぐ

「目の前に差し込んだ 夜明けの合図」と、暗かった世界に光が差し込んだような表現がされています。

存在と深呼吸の現実を前に 挑もうとする心が
間違いも戸惑いも全部 抱き締めて
手にすんだ 必然と望む答えを
一瞬の連続の中で

最後のサビです。

「手にすんだ 必然と望む答えを」とあるように、最後まで前を向いて進んでいくことが表現されています。

created by Rinker

さいごに

SUPER BEAVERはインディーズ時代を経験し、2020年にまたメジャー契約しました。

何度も困難を乗り越えてきた彼ら4人の経験から、リアルな想いが込められた熱いメッセージ。

とても説得力のある楽曲でした。

日本中の音楽フェスやライブに登場してはソールドアウトになるほど注目度の高い彼らの、これからの活躍にも期待しましょう。