最新情報を知りたい方はこちら!!

料理【クリープハイプ】歌詞の意味を考察!君と過ごす日常の大切さを歌う

今回は、人気バンド・クリープハイプの新曲「料理」の歌詞を考察していきたいと思います!

2021年3月7日に放送されたテレビ番組・情熱大陸で、レコーディング風景が放送され話題になっていた本楽曲。

2021年12月8日にリリースされるニューアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』のリードトラックとして収録されています。

歌詞にはどんなメッセージが込められているのでしょうか?

アルバムの情報と合わせてみていきましょう!

ニューアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』

クリープハイプにとって約3年3ヶ月ぶりとなるメジャー6thアルバム。

映画『ちょっと思い出しただけ』の主題歌「ナイトオンザプラネット」をはじめ、過去最多となる全15曲が収録されます。

アルバムジャケットは、前作『泣きたくなるほど嬉しい日々に』のジャケットや、ボーカル・尾崎世界観さんの小説『母影』の装丁を担当した寄藤文平さんが手掛けています。

料理 歌詞考察

尾崎世界観さんのコトバアソビが盛り込まれた本楽曲。

煮しめるとは、煮汁が残らないようにじっくり時間をかけて作ることを言います。

愛と平和をじっくり煮込んで作った料理を馬鹿にして笑う「浅ましい朝飯」。

これは、主人公自身を表しているのではないでしょうか?

本当の愛と平和など見つからないと馬鹿にして笑う、ちょっとひねくれた主人公の姿が浮かびました。

洗濯物のポケットから出てきた、ぐしゃぐしゃのレシートと張り付いたゴミ。

「二人の洗濯」は、「選択」とかけられていますね。

「何を買ったんだっけ」という歌詞は、「なんでこうなったんだろう」と、目的を忘れてしまった主人公を暗示しているように感じます。

流されるまま、ここまで来た二人。

「とりあえず何か作ろう」と料理を始めます。

尾崎さんワールド全開の歌詞ですね。

出来合いのものでも、焦げていても、君が作ってくれたものなら、何でも食べてやる。

主人公の君に対する愛情が読み取れます。

君がそばにいてくれたら、それだけで幸せな気持ちになる。

ご飯を食べたら眠くなって、二人で横になる幸せな風景が浮かんできます。

主人公は、君に問い詰められているようです。

駄々をこねると捏ねるをかけて作られたハンバーグ。

疑いのソース(情報源)と、ハンバーグのソースも意味がかけられていますね。

尾崎さんの作詞センスが爆発しています。

疑いの目を避け、冷めたらまずいとハンバーグに手をのばす主人公に、怒った君は「バレたらまずいの間違いじゃない」と釘を指します。

その一言で、鬱憤を込めて作られたハンバーグが「おぞましい塊」に見えたのでしょう。

君の尋問は続きます。

じっくり問い詰めて、主人公の隠し事を聞き出した君。

刺身のツマと、妻をかけ合わせ、自分の存在の大切さをアピールしています。

君がいないとだらしのない主人公の姿が浮かんできます。

箸と端がかかった歌詞。

箸を持つことで分かる「真ん中」とは、文字通りの真ん中と、二人の間の仲を指しているように感じました。

なぜか腹が減る こんなに悲しいのに 二人の味付け 涙はしょっぱいという歌詞は、アルバムの最後『こんなに悲しいのに腹がなる』と関係していそうですね。

どんなときでも、腹は減るのが人間です。

悲しいときも、君が居てくれれば、「それで腹が膨れる」、二人の絆や幸せそうな雰囲気が伝わってくる楽曲でした。

さいごに

いかがでしたか?

アルバムのリリースが楽しみですね!

これからの活躍からも目が離せません!

error: Content is protected !!