最新情報を知りたい方はこちら!!

PAPARAZZI【RADWIMPS】歌詞の意味を考察!パパラッチ行為に一石を投じる問題作

RADWIMPS「PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~」の歌詞の意味を考察します。

メジャー7th(通算9th)アルバム「ANTI ANTI GENERATION」(2018年12月)の収録曲。

野田洋次郎さんが作詞・作曲した「PAPARAZZI」の歌詞を見ていきましょう。

PAPARAZZI 歌詞考察!

息子の宿題

ねぇねぇ お父さん、お父さん 今度の国語の宿題で
『お父さんのお仕事』って課題で明日までに作文書くの
みんなの前で発表もしなきゃで ほんとにイヤだけど頑張るよ
先生もみんなのお父さんの自慢を楽しみにしてるって

トラップっぽいダークなトラックに乗せて、「フィクション」のラップが始まります。

登場人物3人のうち、まずは「息子」が「父親の職業について作文を書く宿題が出た」ことを父親に報告しています。

そうか、いいかい? お父さんの仕事は普通とはちょっと違う
大きな意味では世の中の人に娯楽を提供してるんだ
役者さん、ミュージシャン、スポーツ選手や著名人
家の前だとか仕事場でも どんなところだって張り付いて
その人の日々の監視をする そういう仕事をしてるんだ
そして何か悪さをしたり面白いことが起こったりすると
それをすかさず記事に書いて 世間のみんなに知らせるんだ
体力も根気もなきゃいけない とても大変な仕事なんだ

2人目の登場人物はパパラッチを生業とする父親です。

ざっくり分類するとエンターテイメント業界に属し、特殊で「大変な仕事」だと「息子」に説明しています。

パパラッチの実態

なにほざけ 盗撮、盗聴、尾行、張り込み
好きなだけやりたい放題 天誅下したつもりかね
してやったり顔が見え見えで
気持ちがね どうにもこうにも悪い

ここから野田洋次郎さん自身を彷彿とさせる、パパラッチに取材された側の反撃が始まります。

正式な取材は事前にアポイントメントを取るものですが、パパラッチの場合は本人の承諾もなく、勝手に「盗撮~張り込み」まがいの行為をするので、たしかに「やりたい放題」です。


あんたらはどれだけ立派な人生なんだ?
どのツラさげてんなことしてんだ
倫理に反したあんたらが
なに「不倫だ、不純だ」言ってんだ

著名人に対する一般的なパパラッチ行為は法に触れず、肖像権・プライバシー権の侵害にもなりにくいものです。

そのため3人目の登場人物が焦点としているのは、法律ではなく「倫理」。

倫理に反しておきながら不倫を記事にする矛盾」を突いています。

国家権力にゃヘコヘコします 弱いものイジメが板につきます
あんたの子供の頃の夢はまさか それじゃなかったよな?

出版社に勤めることが「夢」だったとしても、パパラッチにはなりたくてなったわけではない人ばかりではないでしょうか。

知りたくもねぇ 必要もねぇ ただ誇り持ってそれしてんならねぇ
ドカドカ踏み込んでくる割にさ コソコソ逃げたりすんなやあんた
卑怯を絵に書いたあんたの言葉 薄っぺらすぎて悲しくなんさ

必ずしもなりたい職業に就けるとは限らず、好きな「仕事」だけをしていればいいわけでもありません。

それでも自分の「仕事」には「誇りを持ちたい」ものですね。

『君の名は。』の大ヒットが起こるとすかさず出てくるゲスなやつ
ポッと出で出てきたわけじゃねぇ こちとらメジャーで10余年
こんな変わり者の俺の音楽を待ってくれてるファンたちと
絆を一つずつ作り上げ 毎度アリーナツアーやってんだ、バカが

タイトルには「フィクション」という但し書きが添えられていますが、ここからはとくに野田洋次郎さん自身の本音が語られているのではないでしょうか。

喜ばしいはずの「大ヒット」の裏で、嘆かわしいパパラッチ行為が行われていたようです。

それがなんだ? 俺のとこなら100歩譲ったとしても
実家の親の家にへばりついて 堂々直撃してきたな
「息子さん、苦節10年 成功してよかったですね
親御さんとしてどうですか」 あんたの親にも聞いたろか
よかったですね 、息子さん 無事立派に大きく育たれて
朝から車の中で一般市民の家の前張り込んで
嫌がるのを無理やり話聞いて 許可も取らずに写真撮って
雑誌に載せて 稼いだ金で 今日も生きてる息子さんに

ひと言、何かありますか? ないですか ないわけないですよね
なくても聞いてくるのが 息子さん 絞り出してでも言ってごらん

著名人なのである程度のパパラッチ行為は仕方がないと諦めるにしても、一般市民の家族に対しては許せない」という主張です。

これがまかり通るなら、パパラッチの「息子」に対してパパラッチ行為をしてもいいと認めたことになります。

「自分がしたことを逆にされたらどのように感じますか?」という意味で、「息子」に問い詰めているのでしょう。

父親を尊敬する息子

お父さんすごいね お父さんがいないと困る人たちいっぱいいるね
やっぱかっこいいなお父さん いつまでも僕の自慢だよ

父親が自分の職業を美化して説明したせいで、「息子」はその言葉を真に受け、父親を尊敬するようになってしまいました

幼い子供にとって父親は絶対的正義のような存在であり、間違ったことをするはずがないという思い込みも働いているでしょう。

でもいいかい、中には父さんのこの仕事を馬鹿にしたり
軽蔑したりするヤツもいるんだ だけど父さんは負けないよ
父さんは胸を張って生きてる 求められるからやっている
父さんの仕事を楽しみにしてる人のために 頑張るよ

パパラッチはやりたくてやっているわけではないという前提で考察を進めてきましたが、この父親はまさかの「自分の職業に誇りを持っている派」でした。

「求められている、楽しみにしている人がいる」というのが根拠です。

だからといってニーズがあれば何をやってもいいことにはなりませんし、下世話な記事を求めていない人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

パパラッチは堂々と生きていない

はいはい、自分の仕事に自信を持っているのは結構です
堂々と今日も 胸を張って生きてて何よりです
じゃあ尾行がバレてカメラ向けられても堂々と逃げず答えろや
カップルのフリで隣座って ストーカーばりに盗み聞くな

パパラッチされる側の反論です。

「倫理」的に悪いことをしている自覚がなく、むしろ「誇りを持って」働いている父親。

その時点で多くの人が理解に苦しむのではないでしょうか。

それでも3人目の登場人物はパパラッチを軽くいなし、「自信があるなら逃げたり、盗み聞きしたりする必要はないはずだ」と論理的に主張しています。

人間不信 情報不信 頭がおかしくなりかけた
それでもさ、笑うのか? あんたらにゃ何も伝わらんか
煽って報じるテレビがわりぃ こぞって食いつく世間がわりぃ
「求められるからやっている」? すごいね神様みたいだね

「悪いのはテレビや世間」と責任転嫁することでパパラッチ行為を正当化されたら、「人間不信」になるのも無理はありません。

ニーズ云々は違法アップロードや無断転載と同じ、「神様気取り」の言い訳ですね。

あんたのわずかなオマンマのタネに 世間のわずかな娯楽のために
抹殺された人々は それでも生きていくんだから

下世話な記事は瞬間風速的には話題になるかもしれませんが、パパラッチにとっても無数にあるネタの1つにすぎず、「世間」の人々にとっても一時の関心事でしかありません。

その記事によって抹殺されるほどのダメージを被りながら生きる、数々の人生について思いを巡らせても、誇りを持てる職業なのか?」という問題提起でしょう。

俺はやるべきことをやっている
君は恥ずべきことをやっている

恥ずかしくないと言うのなら 隠れず盗まず生きてろや
目を見て話ができなくて 何が堂々と生きてるだ

言葉では何とでも言えますが、行動が伴っていないことを指摘しています。

アポを取った正式な取材なら、「逃げ隠れ、盗み聞き、目を逸らす」といった行為はあり得ません。

こうした「恥ずべきことをしている」以上、「堂々と生きている」ことにはならず、本当はやましい気持ちがあるはずだという結論です。

宿題の発表を阻止した

お父さん書いたよ、頑張ったよ 明日の発表楽しみだ
みんなの前で胸を張って 大きな声で読んでくるね

ありがとな ほんとにな お前は誇れる息子だな
そうだ、明日のことだけど しばらく休みもなかったし
一緒に遊んでやれなかったから 家族旅行にでも行こうか
だから学校は休んでいいぞ 先生たちには内緒でな

「息子」は父親の言葉を信じたまま、「宿題」を仕上げました。

最終的に父親は「学校を休ませる」という暴挙に出ました。

「息子」に父親の職業はパパラッチだと「発表」されては困るという「恥ずかしさ」は持ち合わせていたようですね。

ただ「先生に内緒で学校を休んでいい」はずがないことくらい、「息子」もわかるでしょう。

下世話な記事はむしろ嫌がられていることに、パパラッチの上司が気づいてくれるといいですね。

さいごに

著名人の家族だけでなく、著名人に対するパパラッチ行為も不快に感じる一般市民のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

下世話な記事を好む人に照準を合わせたところで、負の連鎖が生まれるばかり。

他人にしたことはいつか自分に返ってくるものなので、されて嫌なことはしない世の中になるといいですね。

error: Content is protected !!