最新情報を知りたい方はこちら!!

パンダヒーロー【HACHI】歌詞の意味を考察!ボカロP時代の米津玄師の楽曲!

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌『Lemon』や、アニメ「僕のスーパーアカデミア」のオープニングテーマ曲『ピースサイン』などで知られているミュージシャン米津玄師さん。

米津玄師さんはメジャーデビューする前に、ボカロPの“ハチ”として活動していた時期がありました。ボカロ時代も独特な世界観が人気でミリオン再生の楽曲も多く、ネット界隈ではとても有名でした。

ハチ時代の作品には、公開して3日でニコニコ動画の殿堂入りをした『結ンデ開イテ羅刹ト骸』や、今もYouTubeで再生回数を伸ばす『マトリョシカ』などがあります。

今回は、ボカロP時代の代表作品の一つでもある『パンダヒーロー』の魅力をお伝えしていきます。

『パンダヒーロー』は2011年1月23日にニコニコ動画で公開され、公開されて約30時間で10万回再生を突破するという驚異的なスピードで殿堂入りとなりました。

その後、2011年11月に発売されたハチ(米津玄師)さんのセカンドアルバム「OFFICAL ORANGE」の曲目にも収録されています。

2013年にはYouTubeでも動画が公開されて今でも再生数を伸ばすモンスター楽曲となっています。

動画版とニコニコ動画ではアレンジが違うので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、ハチ(米津玄師)さんは自身のイラストを使ったMVを制作することが多く、ボカロP時代はそのほとんどが自作アニメなどで作られていたそうです。

彼自身が描いたMVとしての動画も非常に人気となりました。

MVだけでなく先ほど紹介したアルバム「 OFFICIAL ORANGE」のジャケットのデザインも手がけています。

パンダヒーロー 歌詞考察!

廃材にパイプ 錆びた車輪
銘々に狂った 絵画の市
黄色いダーツ板に 注射の針と
ホームベースに 縫糸の手
お困りならばあいつを呼べ
送電塔が囲むグラウンド
白黒曖昧な正義のヒーロー
左手には金属バット

「廃材にパイプ」「錆びた車輪」「送電塔」という言葉から砂埃が舞うような荒廃した街が思い浮かびます。退廃的な世界観ですね。

パンダヒーローとは一般的なキラキラしたヒーローとは少し違う気もします。

手にしている武器が金属バット、というのもパッと見ただけでが悪役とも見えますね。

ノイズだけ吐いて 犬ラジオ
フラフラにネオン バニーガール
相場はオピウムの種一粒
奥の方に呑まれていく
「一つ頼むぜ、お願いだ」
カラカラの林檎差し出して
何でもないような声で愚図って
さあ 何処にも行けないな

「犬ラジオ」とは警察の無線のとこで、「オピウム」とはアヘンという麻薬のこと。

ネオン街にいつバニーガールは薬切れでフラフラしている状態。

「カラカラの林檎」はなけなしのお金で「一つ頼むぜ、お願いだ」と薬を欲しいと言っていますね。

薬漬けの生活から抜け出さない限り、負のスパイラルに飲み込まれる

社会の闇について書かれていると受け取れます。

パッパッパラッパパパラパ
煙る 蒸気 喧騒の目
ここで 登場 ピンチヒッター
パッパッパラッパパパラパ
あれは きっと パンダヒーロー
さらば 一昨日 殺人ライナー

ここでヒーローが登場します。

「殺人ライナー」を打つパンダヒーロー。

米津玄師さんの楽曲には野球用語がよく使われています。

今回はピンチヒッターやライナーという言葉が使われていますね。

カニバリズムと言葉だけ
歌うアンドロイドと遊んでる
きっと嫌われてんだ我がヒーロー
きっと望まれてんだほらヒーロー

「カニバリズム」とは人肉を食べる人のこと。

「歌うアンドロイドと遊んでいる」というフレーズはボーカロイドのことを指しているのでしょうか。

パッパッパラッパパパラパ
狙い 眩む 三遊間
ここで 登場 ピンチランナー
パッパッパラッパパパラパ
つまり 二点 ビハインド
上手く行かない感情制限

「二点ビハインド」は負けている状態。これはピンチです。

「三遊間」を狙うも、目が「眩む」ので、よく見えない。

そんな時に「ピンチランナー」が登場します。

薬をこれ以上やってはいけないとわかっていて、これ以上のめり込まないよう必死に戦う様子が思い浮かびます。

バケツ被った猫が鳴く
一人また一人消えて行く
今更どうしようもないこのゲーム
さあ 何処にも行けないな

いよいよパンダヒーローによる逆転劇が始まります。

逃げ場のないこのゲームで、ここからどうなるのでしょうか。

パッパッパラッパパパラパ
がなる 売女 暴言の目
ブザー 蜘蛛の仔 警報灯
パッパッパラッパパパラパ
あれは きっと パンダヒーロー
さらば 一昨日 殺人ライナー
壊して回れ ブラウン管
さらば 一昨日 殺人ライナー

ここではバッターボックスに立つヒーローを、威嚇しているように感じます。

間奏がやや長めに入り、最終フレーズを迎えます。

さいごに

それでは最後に、

当時のハチ(米津玄師)さんと重ね合わせたら解釈できるかみてみましょう。

退廃的な世界観で助けを求める自分。

そこに登場するヒーロー。

ボーカロイド遊びも、負けている状態でピンチだけど、なんとか勝ちたい。

でも上手く感情制限ができない葛藤。

ニコニコ動画で活躍する人・見る人が一人また一人消えていく。

自分も始めてしまったからには、やめられない、逃げられない。

パソコンを壊してしまえ、とパソコンの向こう側にいる視聴者へ感情をぶつけろ!

どうでしょうか。

ハチ(米津玄師)さんの決意、作り手側へのメッセージが伝わってきますね。

『パンダヒーロー』はたくさんの歌い手さんにカバーされています。

米津玄師さんご自身でもセルフカバーしていてライブでも披露されたり、話題になっています。

聴けば聴くほど味が出てくるこの楽曲を楽しんでください。