最新情報を知りたい方はこちら!!

おにごっこ【優里】歌詞の意味を考察!代表曲「かくれんぼ」のアフターストーリー

Array

今回は9月12日に配信リリースされる優里さんの新曲「おにごっこ」の歌詞を考察していきたいと思います。

8月31日22時からの『THE FIRST TAKE』で初披露されるこの楽曲。

優里さんのインディーズデビュー曲にして代表曲「かくれんぼ」のアフターストーリーを描いた作品になっているそう。

「かくれんぼ」といえば、同じシーンを女性目線で描いた「ドライフラワー」が浮かんできますが、今回の「おにごっこ」は、ドライフラワーの先の物語を描いた曲です。

どんな歌詞が綴られているのか、公開が楽しみですね!

優里 楽曲コメント

『おにごっこ』は、『かくれんぼ』の男性目線のアフターストーリーで、
『ドライフラワー』のその先の新たな物語のプロローグでもあるのですが、
今回、ファーストテイクで初めて聴いてもらうことになるので、
この曲の歌詞の世界や情景が伝わるように意識して歌ったので、
それが皆さんに届いたら嬉しいです。

【いいね】【フォロー】お願いします!

おにごっこ 歌詞考察

公園 ブランコも飽きて
君の背中 追いかけ走った
遠くの街に行ってしまうから
帰りたくなかった
迎えが来て 遠ざかる君
走り出す車 追いかけた
見えなくなるまで手を振ったよ

「かくれんぼ」では、君が出ていってしまったことを認めたくなくて、かくれんぼをしているだけだと言い聞かせている子供っぽい男性の姿が描かれていました。

その後のストーリーである「おにごっこ」。

冒頭では君と別れたシーンが歌われています。

夕陽でオレンジ色に染まった公園で、ブランコに座っている主人公。

君との別れを受け入れたくないという気持ちが伝わってきますね。

“遠くの街に行ってしまうから 帰りたくなかった”

同棲していた部屋を出て、君は遠くの待ちに引っ越してしまうのでしょう。

「かくれんぼ」冒頭の『散らかったこの狭い部屋は 孤独と二人息が詰まる』の歌詞とリンクします。

“迎えが来て 遠ざかる君 走り出す車 追いかけた”

新天地を目指して出発する車を走って追いかけている様子が浮かんできます。

この部分からも、主人公が君との別れを受け入れられていないことが読み取れますね。

僕の方が足が速かったね
今度は僕が追いかけるね

鬼ごっこはいつも僕の勝ちで
恋心に気付けなかった
追いかける番になって初めてわかったよ
その背中に触れたくて 走ってた事

タイトル「おにごっこ」に関連する歌詞が歌われています。

“僕の方が足が速かったね” “鬼ごっこはいつも僕の勝ちで 恋心に気付けなかった”

この部分は「ドライフラワー」の『二人きりしかいない部屋でさ 貴方ばかり話していたよね』という彼女の気持ちが表現されているのではないでしょうか?

子供っぽい主人公が、自分のことばかり考えて、君の気持ちを蔑ろにしていたことを後悔しているシーンが浮かびます。

君と別れて、追いかける側になって初めて気づいた君の気持ち。

追いかける側=鬼、『ジャンケンで負けて僕が鬼?そんな上手に隠れないで』という「かくれんぼ」の一節が思い出されますね。

君の背中にもう一度触れたくて、これまでのことを謝りたくて、君を追いかける主人公の切ない気持ちが伝わってきます。

連絡取り方も無くて
君の背中 忘れかけてた
向かいのホーム 面影残した
君が居たんだ
多分見間違いだけどさ
もしかしたらって ああ
声をかける勇気もないのに

「ドライフラワー」では、『もう顔も見たくないからさ 変に連絡してこないでほしい』と歌われており、別れた後も連絡を取っていたことがわかります。

”連絡取り方も無くて” という歌詞は、主人公への未練を断ち切るため、君が連絡先を変えてしまったことを表しているのではないでしょうか?

連絡を取れなくなって、随分と経ったある日、駅のホームで君に似た人を見かけた主人公。

忘れかけていた君の姿が鮮明に思い出されます。

“多分見間違いだけどさ” という歌詞は、遠くの街に行ってしまった君が居るはずがない、という主人公の強がりでしょう。

もし君じゃなかったら?

君だったとしても、今更話しかけてどうなるの?

そんな葛藤が浮かんできて結局話しかけられなかったようですね。

【いいね】【フォロー】お願いします!

認めたくないよ 女々しくって嫌だな
ずいぶんと前の事なのに

かくれんぼは君の勝ちで
隠せないまま この気持ちは
会えてもどう話せばいい?
わからないよ
終わり方も決めないで

別れてから随分時間が経っているのに、未だに君のことを忘れられない主人公。

「かくれんぼ」でも『出てきてよ もういいだろ日が沈む』と君への未練を歌っていた主人公。

ただ、今更会えたとしても、何を話していいのか分かりません。

主人公の中では未だに続いている「かくれんぼ」と「おにごっこ」。

どうすれば終われる(君への未練を断ち切れる)のか、分からず苦しんでいる様子が伝わってきますね。

『まだ枯れない花を 君に添えてさ ずっとずっとずっとずっと 抱えてよ』と、自分のことを忘れないでほしいと歌った「ドライフラワー」のラストが思い出されます。

君が僕を追いかけてた
好かれることに慣れていたんだ
会えなくなるから好きだなんて
ずるいよな

鬼ごっこは一人じゃできないよ
恋心も生まれないよ
追いかける番になって初めてわかったよ
その背中に触れたくて

文句を言いながら部屋を掃除してくれていた君、主人公に尽くしている君の姿が浮かびます。

君に追われていたときは何も感じなかったのに、君と会えなくなることが分かった途端、”好きだ” と追いかける主人公。

自分勝手でずるい奴だと分かってはいても、君のことを忘れることは出来ません。

鬼が交代して追いかける側になった主人公。

君は鬼ごっこを終わらせることなく、どこかへ旅立ってしまいました。

終わりの見えない鬼ごっこを続ける主人公の後悔が読み取れますね。

かくれんぼは君の勝ちで
恋心がまだ痛くて
早くその背中に触れて
もう一度
鬼を終わらせてくれよ
早く帰ろう

君への未練を断ち切りたいと葛藤する主人公。

おにごっこが終わりを迎えることはできるのでしょうか?

前日譚である「夏音」と「かくれんぼ」「ドライフラワー」。

4作にまたがるストーリーですが、どんなラストを迎えるのか続きが気になりますね。

今後もアフターストーリーが出るのか楽しみです!

【いいね】【フォロー】お願いします!

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

楽曲のリリースが楽しみです!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!