最新情報を知りたい方はこちら!!

ナイトオンザプラネット【クリープハイプ】歌詞の意味を考察!

今回はクリープハイプの「ナイトオンザプラネット」の歌詞を考察しようと思います。

2022年公開の映画『ちょっと思い出しただけ』の主題歌に決定している本楽曲は、尾崎世界観さんがジム・ジャームッシュ監督の映画「ナイト・オン・ザ・プラネット」からインスピレーションを得て書き起こした曲です。

『ちょっと思い出しただけ』の監督は、出来上がった曲を聞いてこの映画を完成させました。

歌詞の中にはどんな想いが込められているのでしょうか?

映画『ちょっと思い出しただけ』について

映画『ちょっと思い出しただけ』は、『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~』など注目作を手掛けた松居大悟監督による完全オリジナルラブストーリーです。

2022年の春に公開予定で、池松壮亮さんと伊藤沙莉さんが主演を務めています。

怪我によってダンサーの夢を諦めることになった池松さん演じる照生と、タクシードライバーとして働く伊藤さん演じる彼女・葉の東京でのかけがえのない日々が描かれます。

クリープハイプの歌がどのように関連してくるのでしょうか?

映画の公開が楽しみですね。

曲の元となった映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』

ナイト・オン・ザ・プラネット』は1991年に制作された映画です。

ロサンゼルス・ニューヨーク・パリ・ローマ・ヘルシンキの5都市を舞台に、各都市のタクシードライバーと乗客の間に生まれる物語を描いています。

主題歌の映画『ちょっと思い出しただけ』に出てくる葉もタクシードライバーなので、繋がる部分があるのかもしれませんね。

尾崎世界観さんが好きな映画として挙げている『ナイト・オン・ザ・プラネット』。

余談ですが、クリープハイプの「ハイプ」は、ニューヨーク編の乗客・ヨーヨーのセリフ「Hype!」から付けられたそうです。

ナイトオンザプラネット 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

さいごに

いかがでしたか?

曲と映画の関係も気になりますね。

言葉遊びで有名なクリープハイプの曲、歌詞の中に秘密が隠されているかもしれません。

曲のリリース、映画の公開が楽しみです!