最新情報を知りたい方はこちら!!

Lost In My Room【Official髭男dism】歌詞の意味を考察!ブラックすぎる?人気バンドの裏側がエグい

Newアルバム「Editrial」8月18日リリース!!

2019年10月にリリースされたOfficial髭男dismの1stアルバムである「Traveler」から約1年10ヶ月ぶりのメジャー2枚目のアルバム「Editrial」がリリースされました!

このアルバムには、2020年2月にリリースされたTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌の「I LOVE…」以降、「HELLO」、「Laughter」、「Universe」、TVアニメ『東京リベンジャーズ』オープニング主題歌「Cry Baby」までのシングル曲ほか全14曲を収録しています。

今回のアルバムの収録曲はボーカル藤原以外のメンバーが作詞、作曲を手掛けた曲も複数あり、良い意味で髭男らしくない曲が楽しめるのではないでしょうか!

タイトル Lost In My Roomの意味は?

楽曲のタイトルの[Lost In My Room]とは一体どのような意味なのでしょうか?

意味の解釈は大きく分けて3つのパターンがあります。「In My Room」は当然、「自分の部屋で」という意味。

そして「Lost」は「失う」「迷子になる」「没頭する」のいづれか、もしくは複数かもしれません。

自分の部屋で一体何が起こったのでしょうか?歌詞を見ていきましょう!

Lost In My Room 歌詞考察!

うまくいかず、葛藤する自分

この楽曲は、全体を通して作品を生み出すことに対する苦悩が描かれています。筆者はこれを、ボーカルの藤原さんの作詞作曲活動への苦悩を表現した曲なのではないかと考えています。

髭男の曲はメロディ、歌唱力もさることながら、歌詞が馴染みやすく共感できるというところも、人気の所以です。

しかし、期待が上がれば上がるほど、重圧も大きくなっていくことでしょう。

思うように歌詞が書けず、ストレスが溜まっていくこともあるでしょう。一度落ち着こうと、作業場から家に帰ろうとした時、気づいたことがあります。

この世界は誰も自分に注目していない。藤原さん自身は歌をとおして世界とつながろうとしていますが、世界は曲作りをしている最中の彼に見向きもしません。

髭男はPretenderを筆頭に、Youtubeでは再生回数が億を超える楽曲をいくつも世に送り出しています。

そういった大傑作と呼べる作品を作ってしまうと、当然ハードルが上がり、「それを超える作品を」という意識が芽生えるでしょう

しかし、天才とも呼べる彼ですが、毎回素晴らしい歌詞やメロディーが降りてくるというわけではないのです。新曲の歌詞がなかなか作れず、悩むときもあります。

より良い歌を届けたいと考える藤原さんに見向きもしない人たち。そういった人の間をすり抜け、彼は何を思うのでしょうか?

ふと、自分の周りを見てみると、、、

前半部分は藤原さんが自身のことを卑下していっているのではないでしょうか?いい歌詞をなかなか書くことができず、自分に自信をなくしてしまっているのかもしれません。

しかし、そんなときにも耳を澄ますといろいろな音が聞こえてきます。

毎日の暮らし、家族の声、メンバーの声、それらを聞くことが、藤原さんの活動の原動力になっているのかもしれませんね

自分なんて、と自信がなくなっているときにこそ、そういう声を聞いて自分を奮い立たせなければなりません

自分がこれまで作り出してきた楽曲たち。アイデアが浮かばないときにはそういった過去の大傑作を思い返しているのでしょう。

しかし、それらを改めて見てみたところで、新しいアイデアは浮かんでこないようです。

過去の栄光に浸っていては前には進めません。今の自分を突き動かすには今、頑張るしかないのです。

ここでのmy babyとは家で待っている家族、奥さんのことなのではないでしょうか?

大人気アーティストである髭男はおそらく、毎日が激務でしょう。「家に帰れなくてごめんね」とここでは優しい旦那さんの顔が見えます

世界が寝静まった後も

夜になると、街は静まり返ります。多くの社会人は会社から帰宅し、寝静まっている頃でしょう。

しかし、バンドの仕事には昼も夜も関係ありません。ライブや取材などの合間を縫って楽曲を作る必要がある彼は、みんなが寝静まった後にも歌詞を書きます

私達は完成された音楽を聞くだけなのであまりイメージができませんが、藤原さんの毎日は想像もできないほど忙しいのでしょう。

そういった世間には気づかれない努力をして絞り出した歌詞とメロディーには悔いなどないと思いたい。という切実な思いが表現されていますね。

しかし、まだ曲は完成していません。自分の心に「おやすみ」と言って、また楽曲制作を再開します。

さいごに

いかがでしたか?今回はOfficial髭男dismさんの「Lost In My Room」の考察をしていきました!

考察を通して考えると、タイトルの[Lost In My Room]の意味は3つ全てに当てはまるのではないかと思います!

アーティストとして活動する中で家族との時間をなくしたこと。曲作りに没頭しているが、アイデアが浮かばず、迷子になっていること。そういった意味を総合してLostという言葉で表しているのではないでしょうか!

新曲を生み出し続けている彼らの今後の活動に期待です!