最新情報を知りたい方はこちら!!

Lost【yama】歌詞の意味を考察!

Array

今回は、横浜流星さん主演映画『線は、僕を描く』の挿入歌として書き下ろされた新曲「Lost」の歌詞を考察します!

映画の主題歌も担当しているyamaさん。

挿入歌の「Lost」が、この映画をどのように彩るのか期待が高まります。

映画の内容と合わせてみていきましょう!

映画『線は、僕を描く』

砥上裕將先生原作の同名小説を実写化した作品。

10月21日に全国公開されます。

横浜流星さんが主演を務め、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』や『ちはやふる』シリーズの小泉徳宏監督の元製作されました。

ストーリー

大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。

白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。
深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。

巨匠・篠田湖山に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。
【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。

霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく ――

作品の主題歌について、監督とプロデューサーが話をしていたところ、横浜流星さんから「yamaさんに歌ってほしい」と言う提案があり、今回の起用に繋がったそうです。

Lost 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

曲のリリース、映画の公開が楽しみですね!

新しい情報が入り次第、記事を更新するのでチェックお願いします。

  • 人気曲ランキング
error: Content is protected !!