最新情報を知りたい方はこちら!!

Laughter【Official髭男dism】歌詞の意味を考察!幸せを求めて飛び立つ、映画「コンフィデンスマンJP」主題歌

Laughter」(読み方:ラフター)は2020年7月に配信リリースされた、ヒゲダンことOfficial髭男dismのデジタルシングル。

長澤まさみさん主演の映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(2020年7月公開)の主題歌に起用されたタイアップソングです。

2020年8月にリリースされた3rd EP「HELLO EP」、2021年8月にリリースされたメジャー2nd(通算3rd)アルバム「Editorial」にも収録されています。

ボーカル&ピアノの藤原聡さんが作詞・作曲した「Laughter」の歌詞の意味を考察していきましょう。

created by Rinker

Laughter 歌詞考察!

ラフターとは?

鏡の中を覗いても 羽根ひとつも見つからないけど
空を待ち焦がれた 鳥の急かすような囀りが聞こえる
鉄格子みたいな街を抜け出す事に決めたよ 今
それを引き留める言葉も 気持ちだけ受け取るよ どうも有難う

「Laughter」は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の主題歌ですが、特定の登場人物に寄り添う歌詞ではなく、「真実とは何か?」という大きなテーマを共有するスタイルです。

歌詞の主人公は藤原聡さん自身。

鳥取県米子市出身の藤原聡さんは島根大学を卒業後、地元で2年間、銀行員として働いてから音楽活動に専念するため上京しました。

その際、家族やまわりの人たちから引き止められたり、大丈夫かどうか心配されたりしたそうです。

「鳥」に重ねられているのは「やりたいことへと向かう心」。

将来どうなるかはわからないものの、「音楽をやりたい」という気持ちを大切にして、地元から東京へ飛び立つ決意が表現されています。

失うものや 諦めるものは 確かにどれも輝いて見えるけど
秤にかけた 自分で選んだ 悔やむ権利も捨て去ってた

社会人としてやりがいのある仕事に就いていたら、退職することで充実した暮らしを失い、安定した将来を諦めなければなりません。

こうした現実から目を逸らさずに葛藤しつつも、藤原聡さんは音楽の道へ進むと決めました。

周囲の反対を押し切って自分の意志を貫くことになるので、「後悔する権利はない」と自覚しています。

翼は動きますか?本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに真っ直ぐに空を見てた
鳥の名前はラフター ケージを壊した
YesでもNoでもなくて 飛びたいとはしゃいでる声だけで
膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター 今日も歌い続けた
自分自身に勝利を告げるための歌

「ラフター」とは「笑い、笑い声」のことです。

「コンフィデンスマンJP」はお金を騙し取るコンフィデンスマン(信用詐欺師)を中心としたコメディ作品なので、「笑い」という共通点を持たせたのでしょう。

さらに「ラフター」は内面を表す「鳥」につけられた名前なので、「本当にやりたい音楽で、自分もまわりも笑顔にしたい」といった藤原聡さんの熱い思いが伝わってきます。

とくに映画「プリンセス編」は「本物か偽物か、真実か嘘か」が主題です。

白か黒かはっきりしない場合でも、自然と笑顔になることを信じ、笑える方向へ進もうという人生応援歌になっています。

自分らしく羽ばたこう!

本当の正しさってものを 風の強さに問い詰められて
行くべき道を逸れて 他の鳥の航路へ迷い込むこともある
乱気流の中でさざめく 光の粒を探して ほら
たとえ紛い物だったとしても 自分にとっての正しさを
創造してみるよ 大事にするよ

たとえば映画の主題歌であれば、特定の登場人物の心情に寄り添うのが王道のスタイルかもしれません。

しかし「Laughter」では、Official髭男dismというバンドの在り方が描かれています。

誰かの正解と自分の正解は必ずしも同じではないので、今回はバンドの物語を描きながら、幅広く解釈できる方法を選択したのでしょう。

これがOfficial髭男dismにとっての正解であり、「創造」です。

他人と比べて悩むことがあっても、大事にしたいのは自分らしさ

映画の「騙す、信じる」というテーマにもつながります。

人格者ではなく 成功者でもなく いつでも今を誇れる人で在りたい
そんな希望抱き 未来図を描き 手放さず生きていたいだけ

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」にはスパイ映画「キングスマン」でも引用されている、アメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェイの名言が出てきます。

その名言を意識しつつ、藤原聡さん流に再構築したかのような歌詞です。

比べる相手は他人ではなく、過去の自分」というところが大事なポイントでしょう。

自分らしさ、やりがい、生きがい」といった生活の質、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を向上させることが幸せにつながります。

現実は見えますか? 保証は出来ますか?
YesもNoも言えずに答えに詰まっていた過去を
背に乗せたラフター 予想を覆した
ゴールや距離ではなくて 絶えず響いてた声こそが
孤独な夜にサーチライトにしてた あの光だった 今やっと気付いた

前例のない大雨に 傘も意味を為さない それでも胸は熱くなって
海鳴りよりも強く 稲妻よりも速く 羽ばたいて前途を目指して

映画を観た人は「過去、予想を覆す、やっと気付く」などのさり気ないキーワードに笑みがこぼれることでしょう。

ネタバレになるので登場人物の心情を描くこともできず、はっきりとしたことは何も言えませんでした

こうした状況を逆手にとって、「過去」の上京物語になぞらえたところが微笑ましいですね。

「ラフター」は「笑い声」であり、「誰もが笑っている状態、Official髭男dismのメンバー全員が満面の笑みを浮かべる音楽」でもあります。

「Laughter」自体、Official髭男dismらしい満足度の高い楽曲に仕上がったようです。

見習いつつ、それぞれ自分らしく羽ばたきましょう。

created by Rinker

さいごに

「Laughter」は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」サイドから、Official髭男dismなりの「ホール・ニュー・ワールド」(A Whole New World)という指示があったそうです。

ディズニーのアニメ映画「アラジン」の主題歌をイメージしながら、ストリングスを効かせたバンドサウンド重視のロックバラードに仕上げたところがOfficial髭男dismらしいですね。

新保拓人監督によるMVでは、近未来で2人の少女が花畑を作るために奮闘する物語が描かれています。

出演しているのは、モデルの藤田エミリさんとLillyさん。

さまざまに解釈できるストーリーになっているので、併せてお楽しみください。

error: Content is protected !!