最新情報を知りたい方はこちら!!

雲を恋う【須田景凪】歌詞の意味を考察!

Array

今回は、10月7日公開のアニメ映画『僕が愛したすべての君へ』の主題歌として書き下ろされた須田景凪さんの新曲「雲を恋う」の歌詞を考察していきたいと思います。

ボカロP・バルーンとしても活躍している須田景凪さん。

今回の楽曲には、どんな思いが込められているのでしょうか?

映画の内容、楽曲コメントと合わせてみていきましょう!

映画『僕が愛したすべての君へ』

10月7日に公開されるアニメ映画。

2016年に発売された乙野四方字先生の小説「僕が愛したすべての君へ」が原作となっています。

同時に発売された「君を愛したひとりの僕へ」、どちらとも“並行世界”を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブストーリーとなっています。

今回の映画も小説と同じく「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」の同時公開となっており、それぞれ違う制作スタジオが担当しています。

物語はそれぞれ独立していますが、ふたつの世界は交差しており、観る順番によってラストの感じ方が変わる斬新な設定が隠されています。

TikTokで話題になったこの作品、公開が楽しみですね!

楽曲コメント

須田景凪さんのコメントをご紹介します。

今回、映画『僕が愛したすべての君へ』への主題歌に「雲を恋う」という楽曲を書かせて頂きました。

最初に絵コンテを⾒せて頂き、既に繊細な情景や⼼模様が描かれていたことがとても印象に残っています。

様々な関係性の形がある中で、共犯者で在れるように⾳楽を作りました。

過去が霞んで⾏って未来のことがわからずとも、確かなものがあると信じています。

少しでも、この映画を彩る事が出来れば幸せです。

“共犯者で在れるように” と作られた音楽、どんな歌詞なのか気になりますね。

楽曲のリリースは、映画公開と同じ10月7日です!

雲を恋う 歌詞考察

Coming Soon…

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

曲のリリース、映画の公開が楽しみですね。

新しい情報が入り次第、記事を更新しますのでチェックお願いします!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!