最新情報を知りたい方はこちら!!

ココロに花【関ジャニ∞】歌詞の意味を考察!曲に込められたリーダーからのメッセージとは?

今回は、10月11日放送開始の城島茂さん主演ドラマ「サムライカアサン」の主題歌に決定した、関ジャニ∞の「ココロに花」の花師を考察していきます。

TOKIO以外に曲を提供するのは初めてとなる城島さんが作詞作曲を担当した本楽曲。

聴く人を元気にする関ジャニ∞らしさが詰まった応援ソングになっているそうです。

曲のリリースが楽しみですね。

ドラマの内容、楽曲コメントも合わせてご紹介します!

ドラマ「サムライカアサン」

10月から放送されるドラマ「サムライカアサン」は、板羽皆先生による同名漫画を原作とした作品です。

あらすじ

主人公は、割烹着姿・くるくるパーマがトレードマークの大阪に住んでいるオカン・伊佐木よい子。

高校生の息子・たけしのことを気にかけ、干渉しすぎてうざがられてしまうこともしばしば。

反抗期真っ盛りのたけしは、恋人やバイトのことなどでよい子と対立してばかりですが、次第におせっかいなよい子の愛情に気づきます。

その後よい子は、夢を見つけたたけしの一番の味方として全力で応援するのでした。

原作漫画のファンも多く、ドラマ化の発表時も大きな話題になったこのドラマ。

多くの人が共感できる家族あるあるが、涙あり笑いありで描かれています。

城島さんのコミカルな演技にも注目です!

楽曲コメント

作詞作曲を担当し、楽曲を関ジャニ∞に提供した城島さんのコメントをご紹介します。

今回の楽曲は「サムライカアサン」のドラマの撮影中、自分が実際に「よい子」というオカンとしての日々を積み重ねていく中で感じる想いや、息子・たけしへの、そして色んな人達への愛情をそのままメロディーにして表現しました。

逆に言えばただ主題歌を書いてくれと依頼が来ていたらこの歌は生まれなかったと思います。

まさに「よい子」と「城島茂」の合作とも言える曲です。

そして、関ジャニ∞のコンサートでずっと愛されるような曲に、ファンの方にステージで体感して頂いて曲自体を育てて貰えるようなそんな一曲になればと。

TOKIO以外に今回曲を書いたのが初めてで、自分にとってはある意味貴重な体験となりました。

レコーディング現場にも行かせて頂きましたが、関ジャニ∞のメンバーそれぞれが様々な楽曲を自分達のフィルターを通しすぐにモノにしてしまう、そんな彼らの表現力にはあらためて驚かされました。

結果、蓋を開けたら関ジャニ∞っぽくなったという(笑)。

いつか彼ら自身でリアレンジした、安田くんのアコースティックギターで奏でるアンプラグドバージョンも聴いてみたいと個人的に思っています。

今回、ドラマ「サムライカアサン」と関ジャニ∞の素敵なアルバムに、曲という花を添えられることに感謝しております。

関ジャニ∞のリアレンジ曲も聴いてみたいですね。

楽曲の公開が楽しみです。

ココロに花 歌詞考察

今日がダメでもいいじゃない 明日また頑張りゃいいじゃない
ココロに花 陽射し浴びて 道拓け 歩を刻め 何処までも

見上げるために空が在る 踏ん張るために大地が在る
泪は流すために在る 夢は掴むために在る

どんな時も息子の味方のサムライカアサン・よい子。

冒頭では、よい子から高校生の息子・たけしに向けたメッセージが歌われます。

今日失敗してしまったとしても、また明日頑張ればいい。

曲を聴く人に勇気を与えてくれる素敵な歌詞ですね。

いつでも前向きに生きていこうという城島さんとよい子の想いが伝わってきます。

どんな時も包んでくれた アノ日のおにぎりのように いつか きっと、、、
FU-GA FU-GA… 上手く言えないけど

冒頭のメッセージに対するたけしの答えが歌われています。

反抗期でケンカした翌日も、いつも通り用意してくれたおにぎり。

いつか自分も母さんのような優しさを持って立派に生きていきたいという決意が込められているように感じました。

うまく言葉にできなくて「FU-GA FU-GA…」と詰まってしまうたけし。

この歌詞には、ドラマでたけし役を演じたLil かんさい/関西ジャニーズJr.の大西風雅さんの名前が使われています。

緊張している後輩を安心させるために歌詞の中に取り入れるリーダーの男気が感じられました。

今日がダメでもいいじゃない 明日また頑張りゃいいじゃない
向かい風もどんな壁も 越えるため其処にあるから
今日の失敗なんて 明日のための隠し味
ココロに花 陽射し浴びて 道拓け 歩を刻め 何処までも

何度転んでも、また明日立ち上がって少しずつ進んでいけばいい。

失敗も明日の成功のための一歩、自分のココロにある花を大切に育て、一緒に成長していこうという想いが歌われています。

やり場のないため息は 深呼吸のタイミング

大きくなあれと安らぐようにと丸めたおにぎりみたく いつか きっと、、、
FU-GA FU-GA… 信じて すぐ横で

後半は、よい子目線で歌われています。

反抗期のたけしとの間に生まれるすれ違い。

ため息は、大きな深呼吸で打ち消します。

大きくなあれと愛情を込めておにぎりを作ったときのように、息子を信じてこれからも傍で見守っていこうという決意が感じられます。

今日は泣いてもいいじゃない 明日「皆」笑えりゃいいじゃない
迷い悩み傷つくのは 誤魔化さず生きてる証し
今日のために昨日が 明日を紡ぐため今が
路地咲く花 重なる胸 砂上でも根を張らせ実を結べ

曲の中で繰り返し歌われてきたメッセージです。

今日は泣いても、明日笑えればいい。

たけしだけでなく、先の見えにくい世の中で、一生懸命生きている人みんなに向けた応援歌のように感じました。

ココロの花がいつか、実を結ぶときまで頑張ろうという城島さんからのメッセージソングですね。

さいごに

いかがでしたか?

城島さんがオカンを演じる「サムライカアサン」。

関ジャニの歌う主題歌も元気をもらえる素敵な楽曲でした。

これからの活動にも注目です。

error: Content is protected !!