最新情報を知りたい方はこちら!!

KICK BACK【米津玄師】歌詞の意味を考察!King Gnu・常田大希とタッグを組んだチェンソーマンOP

Array

今回は、米津玄師さんの新曲「KICK BACK」の歌詞を考察していきたいと思います。

アニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマに決定している本楽曲は、King Gnuの常田大希さんとの共同アレンジ楽曲。

米津さんと常田さんがタッグを組むのは2017年に発表された「爱丽丝」以来、5年ぶりとなります。

また、楽曲の中には、2002年にリリースされたモーニング娘。の「そうだ!We’re ALIVE」がサンプリングされているそうで、そちらも話題になりました。

歌詞にはどんな想いが込められているのでしょうか?

楽曲コメント、アニメのあらすじと合わせて見ていきましょう!

楽曲コメント

米津玄師さんと、サンプリングの「そうだ!We’re ALIVE」を制作したつんく♂さんのコメントをご紹介します。

米津玄師 コメント

チェンソーマンアニメ化にあたり「KICK BACK」という曲を作らせていただきました。
とにかく原作が好きだったので光栄です。

この作品がそもそも持ってる力がものすごいので、似つかわしい音を探していく作業は非常に難しいものがありましたが、粛々と一つ一つ積み上げた結果この曲が出来上がりました。

お耳に合えば幸いです。どうかよろしくお願いします。

つんく♂ コメント

たいていの場合は、ライブ音源としての使用だったり、アルバルの中の1曲であったり、プロモーション曲としてフルカバーしたいという許諾申請です。

しかし、今回の許諾申請に関しては、すでに有名なアーティストが、テレビアニメのタイアップの新曲の中で一部を使用したいというもの。

同じクリエーターとしては『え?どういう意味だろ』と最初は理解出来ませんでした。

才能の塊というのは本当に恐ろしい。

彼の頭の中にあった一欠片のひらめきはいつの間にか、強力なメッセージとなり、美しい旋律と共に僕の耳の中に入ってきた。

『作品ってこういうことだよなぁ』そう思いながら、次の議題へと会議は進んで行きました。ただ、僕の頭は興奮していました。

いろんな意味で、今までにない経験をさせてもらい、楽しかった。ありがとう。

「KICK BACK」には、「そうだ!We’re ALIVE」の歌詞『努力 未来 A BEAUTIFUL STAR』という部分がサンプリングされています。

つんく♂さん絶賛の楽曲、どのように仕上がっているのか楽しみですね。

アニメ『チェンソーマン』

2019年から少年ジャンプで連載されている藤本タツキ先生の同名漫画を原作としたアニメ作品。

コミックスの累計部数は1300万部を突破するなど、絶大な人気を誇っています。

あらすじ

『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。

親が遺した借金返済のため、貧乏な生活を送る中、

裏切りに遭い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、

悪魔の心臓を持つもの『 チェンソーマン 』として蘇る ─ 。

アニメ公式サイトより

ファン待望のアニメ化、10月11日の初回放送が楽しみです!

KICK BACK 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

曲のリリース、アニメの放送が楽しみですね!

新しい情報が入り次第、記事を更新しますのでチェックお願いします!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!