最新情報を知りたい方はこちら!!

かたわれ【RADWIMPS】歌詞の意味を考察!かたわれを失ってしまった主人公はどうなる?

RADWIMPSが11月23日にリリースしたニューアルバム『FOREVER DAZE』に収録されている新曲「かたわれ」の歌詞を読み解いていきたいと思います。

君の名は。の主題歌を担当し、国民的人気バンドになったRADWIMPS。

「かたわれ」には、どんなメッセージが込められているのでしょうか?

アルバムの内容と合わせて見ていきましょう!

created by Rinker

アルバム『FOREVER DAZE』

「ANTI ANTI GENERATION」以来約3年ぶりとなるアルバム。

先行リリースされている「夏のせい」「鋼の羽根」「TWILIGHT」「うたかた歌」や新曲を含め14曲が収録されています。

また、「猫じゃらし」のフルオーケストラバージョン「犬じゃらし」、映画『天気の子』の主題歌として有名な「グランドエスケープ」のオリジナルバージョンも収録されています。

タイトルの『FOREVER DAZE』には、永遠の揺らめきという意味が込められており、一つの場所に留まらず常に新しいことに挑戦し続けるRADWIMPSの姿を表しています。

かたわれ 歌詞考察

脱ぎっぱなしの靴下と 呑みっぱなしのチューハイと
借りっぱなしの映画と 一つ屋根の下

食べっぱなしの弁当と 撮りっぱなしのカメラと
ほったらかしのメールと 一つ屋根の下

作りかけの歌と 叶いかけの約束と
読みかけのマンガと 一つ屋根の下

つけっぱなしのエアコンと 飲み込んだ言葉と
溜まった洗濯もんと 一つ屋根の下

どこか懐かしさを感じさせるメロディーで紡がれる歌詞。

脱ぎっぱなしの靴下と呑みっぱなしのチューハイ、男の一人暮らし感が伝わってきますね。

「作りかけの歌」という歌詞から分かるように、男はミュージシャンのようです。

ひょっとしたら、洋次郎さん自身をモデルにして歌詞を書いたのかもしれないですね。

「叶いかけの約束」「飲み込んだ言葉」とは、何を表しているのでしょうか?

歌詞の続きを見ていきましょう!

君がいないだけでこの部屋の 全てが 今も ずっと途中で
君がいた時のこの部屋の 全てが 全部が 満たされてたこと
全てが 過不足なくあったこと

元々この部屋は、君と二人で住んでいたようです。

歌詞から考えると君は、主人公の恋人でしょう。

全てが過不足なくあった君との生活。

君が居なくなってから、満たされていたことに気が付きました。

二人はなぜ別れてしまったのでしょうか?

前述の「叶いかけの約束」「飲み込んだ言葉」とも関わりのありそうなシーンですね。

貰いっぱなしの優しさと 貰いっぱなしの「ごめんね」と
貰いっぱなしの「バカ」と 一つ屋根の下

宙ぶらりんの僕は どこに行くんだろう
宙ぶらりんのまま いつか終わるんだろう

作りっぱなしの歌と 破りっぱなしの約束と
何万の途中と いつか終わるんだろう

君からもらってばかりだった主人公。

優しさ「ごめんね」「バカ」、喜び、悲しみ、怒り、色々なものを貰いました。

「貰いっぱなし」という表現から、貰ってばかりで何も返してあげられなかったという主人公の後悔が読み取れます。

君が居なくなってしまったことで、「宙ぶらりん」な状態にある僕。

どこに行くのかわからない、どうすることも出来ない無力感が伝わってきます。

主人公にとって君がどれほど大きな存在であったかが伺えます。

何万と数え切れないほどある「作りっぱなしの歌」と「破りっぱなしの約束」。

君との破りっぱなしの約束とは、ありきたりですが「いつか売れて幸せにする」と言ったものではないでしょうか?

約束してついてきてくれた君。

最初の「叶いかけ」の歌詞から、デビューできる目星がついたのかもしれません。

ただ一番に伝えたい君はもう居なくなってしまった。

君が愛想をつかして出ていってしまったのなら、どうにかして連絡を取って伝えればいいはずです。

主人公がそうしないことを考えると、君は亡くなってしまったのかもしれませんね。

君がいないだけでこの部屋の 全てが 今も ずっと途中で
君がいた時のこの部屋の 全てが 全部が 満たされてたこと

全てが 過不足なく あったこと

君と死別してしまったと考えると、同じサビでも違った印象を受けます。

もう二度と会うことの出来ない君を想う主人公。

君が居てくれただけで幸せだったあの頃を思い出しても、君が戻ってくることはありません。

心にポッカリと穴が空いてしまったように、打ちひしがれる主人公の姿が思い浮かびます。

これからの人生、主人公は自らの「かたわれ」を探しながら、宙ぶらりんのまま生きていくのでしょう。

主人公の切ない想いが伝わってくる楽曲でした。

created by Rinker

さいごに

いかがでしたか?

大切な人が居なくなってしまい、これからどう過ごせばいいのかわからない主人公の切なさ・後悔が伝わってくる少し悲しい楽曲のように感じました。

これからの活動からも目が離せません。

error: Content is protected !!