最新情報を知りたい方はこちら!!

イロトリドリ【ゆず】の歌詞を考察!あなたの個性はどんなもの?

北川悠仁作詞作曲『イロトリドリ』。

ゆずの二人も出演した「ユーキャン通信講座」のCMに起用された、2013年発表の配信シングル楽曲です。

『イロトリドリ』のMVでは、ファンから募集した”めいいっぱいの自分らしい”表情の写真が使用され、見ていて楽しく、さらにはファンを喜ばす精神にあふれたゆずの優しさが感じられます。

2017年に発売した『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017』には、いきものがかりとコラボした『イロトリドリ』が収録されました。

タイトル通り、一人ひとりの個性は色とりどりであることを軽快に主張した『イロトリドリ』。

どんな歌詞なのか考察していきます!

『イロトリドリ』歌詞考察

踊りたくなるリズムで

なんて顔してしょげてんだ I Wanna 言わなぁ 分からんぞ
どんな願いも叶うように いい加減 良い加減 踊りダンス

冒頭は韻を踏んで、踊りたくなるような歌詞で始まります。

「どんな願いも叶うように」、ゆずが提供してくれる楽しさ、喜び、嬉しさ、歓喜。

豊かな感情が流れゆくように綴られた歌詞です。

肩の荷を下ろして

澄み渡る青空 ありが太陽(燦々) 君も僕も深呼吸(山口も)誰?
そんなもんさ(ほら)こっちをむいて(ホイ!ホイ!ホイ!)
心を軽くしたら 笑えるさ どんなことも

MVからも分かりますが、澄み渡る青空が感じられるような歌詞。

自然とポジティブな世界へ引っ張り出されそうな勢いです。

「そんなもんさ」という言葉が肩の荷を下ろしてくれます。

ここ登場する「山口」ですが、なんと誰のことかは分かっていません。

いきものがかりとコラボレーションした楽曲の方では、「山下(穂尊です!)」にアレンジされています!

偶然の出会いを夢見て

色とりどりに 光る世界を作ってく
僕らは それぞれに輝くcolor
どこかで いつか君にも会えるといいな
混ざり合う色で明日を描こう

ここでは、一人一人の色が世界を作っていくということが歌われます。

持っている色は違っても、それは欠けてはならない輝かしいカラーです。

ゆずが言うように、私たちは自分たちの色を重ね合わせて世界を作っています。

「(どこかで)いつか君にも会えるといいな」という歌詞からは、まだ見ぬ未来への楽しい予感を感じさせてワクワクします。

無限の可能性

123456789 十 百 千 万 億 兆
京(けい) 垓(がい) 穣(じょう) 溝(こう) 澗(かん) 正(せい)
載(さい) 極(ごく) 恒河沙(こうがしゃ) 阿僧祇(あそうぎ) 那由他(なゆた)
不可思議(ふかしぎ)な 無量大数(むりょうたいすう)
ドンドコ何処?何処?どこっすか? 何?何?それがし誰っすか?
無限の可能性 ゆくぞ! 一人一人

数字の単位がそろって並べられています。ゆず独特の愉快な表現です。

私たちの持つ色、その時の感情や年齢、様々な環境要因によっても変化する色を、本当に全て数えたら無量大数までいくかもしれません!

そんな無限の世界を感じられる歌詞ですね。

毎日が春のように

色鮮やかに 開く花のつぼみのように
未来へ 進む道が始まるcolor
いつでも そうさ君なりのやり方で
新しい色を咲かせていこう

私たちの持つ色が、「花」にたとえられています。

満開に開くつぼみのように、花開く可能性が秘められていることが分かる歌詞です。

しかも「君なりのやり方で」という歌詞には、”人と比べなくてもいい””劣等感を抱かなくてもいい”というメッセージが垣間見れます。

ゆずが私たちに投げかける目線は、とても優しく、親和性がありますね。

待ってくれるあの人

初めて逆上がり出来た 鉄棒の上から見えた
オレンジに 染まる目の前の景色 ひりひりしてた手のひら
待っててくれた 君はずっと

昔、鉄棒で逆上がりを頑張った経験のある人は多いと思います。

ここではそんな思い出を綴り、そこで出会えた色(=オレンジ)について歌っています。

「待っててくれた君」が誰なのかはリスナーの想像に委ねられていますが、家族や友人、大事な人が思い浮かぶでしょう。

自分の色が花咲く瞬間を、大事な人達はみんな待ってくれているのです。

まだ頑張れる

誰もが誰かの心の太陽 寄り添えばシンフォニー(山口も)だから誰?
まだやれるさ(ほら)愛なら(ここに)
僕らはひとりじゃないcolor 飛ぶよ 空に 更に
さぁ 遥か 彼方

「誰もが誰かの心の太陽」—。一人一人の色が、お互いを照らす様子が分かる一節です。

寄り添い、励まし合い、待ち続け、応援し合う。

そんな出来事が、お互いの色を変化させ、深めるのでしょう

だから、私たちは頑張ることができます。

ここでも登場する「山口」は、最後まで結局分からないままですが…。

それぞれに輝く

色とりどりに 光る世界を作ってく
僕らは それぞれに輝くcolor
どこかで いつか君にも会えるといいな
混ざり合う色で明日を描こう

もう一度出てくる大事な歌詞。

私たちはそれぞれに輝いて、今を生きています。

日々の中で出会う誰かにその色を変化さ、変化させられ、お互いが相互作用となって新たな色を作り出しています。

そんなことを再び思い起こされる歌詞です。

色を重ねて未来を創造する

色々あるけど どんな運命も立ち向かう
誰もが 宝物を見つけるcolor
その時 君と笑い合えたらいいな
喜びの色が溢れるように
新しい色を咲かせていこう
僕たちの色で未来を作ろう

「色々あるけど」という歌詞。辛酸を舐めるような日も、辛く悲しい日も、どんな運命にも私たちは立ち向かうしかありません。

それでも、自分の色や大事な人の色が、自分自身を支えてくれる

そんなことを強く実感できる最後です。

色を重ねていけば、大きな未来が待っています。

大事に大事に、色を失わないように歩んでいきたいと希望に満たされます。

おわりに

いかがでしたか?

『イロトリドリ』、ゆずの大きな愛情が感じられる楽曲です。

楽しい時、逆に元気のない時、どんなときにも『イロトリドリ』を聴けば麗しい気持ちになれるでしょう。

error: Content is protected !!