最新情報を知りたい方はこちら!!

インザバックルーム【syudou】歌詞の意味を考察!米津玄師宛のメッセージソング?チェンソーマン第5話ED

Array

今回は、syudouさんの新曲「インザバックルーム」の歌詞を考察していきたいと思います。

10月11日から放送されるアニメ『チェンソーマン』のエンディングとして書き下ろされた、この楽曲。

アニメのエンディングテーマは他にも、Vaundyやずっと真夜中でいいのに。など、豪華アーティストが週替りで担当しています。

また、オープニングは米津玄師さんの新曲「KICK BACK」と、有名アーティストが勢揃いしています。

アニメのあらすじ、楽曲コメントと合わせて見ていきましょう!

アニメ『チェンソーマン』

2019年から少年ジャンプで連載されている藤本タツキ先生の同名漫画を原作としたアニメ作品。

コミックスの累計部数は1300万部を突破するなど、絶大な人気を誇っています。

あらすじ

『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。

親が遺した借金返済のため、貧乏な生活を送る中、

裏切りに遭い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、

悪魔の心臓を持つもの『 チェンソーマン 』として蘇る ─ 。

アニメ公式サイトより

ファン待望のアニメ化、10月11日の初回放送が楽しみです!

楽曲コメント

syudouさんの楽曲コメントをご紹介します。

自分はモテたくて音楽を始め、モテたくて音楽を続けています。

その一点において自分自身がデンジに近い精神性を持っているのではと思います。

「チェンソーマン」の楽曲を担当させていただくことになり、自分がデンジだったらどんな曲を作るかと考えました。

おそらく彼なら自分の感情を叫び散らすのだろうと思いました。

結果そういう楽曲が出来上がったと思います。 自分にとって本当に大きな意味を持った曲です。

本楽曲が作品をより素晴らしいものになる事を強く願っております。
アニメ「チェンソーマン」と一緒に楽曲も楽しんでいただけたら幸いです。

主人公・デンジに近い思いで、音楽を続けているというsyudouさん。

どんな楽曲に仕上がっているのか、公開が楽しみです!

インザバックルーム 歌詞考察

ちょっと待ってやっぱよくないって
明日も続く地獄だね出口が無い
一切見つからないんだけど
アナタなんか知ってる?

思えば出会いは単純だった
キツめの酒を喰らった様に
頭がぐらぐらぐらした
そして目が合った

タイトル「インザバックルーム」は、都市伝説として語られている『The Backrooms』を元にしていると思われます。

The Backroomsは、2019年に海外版2ちゃんねる・4chanに投稿された画像から生まれたストーリーで、何もないオフィス空間が無限に広がり出られなくなるというものです。

“明日も続く地獄だね出口が無い” という歌詞も、この都市伝説に当てはまりますね。

また、このEDが放送されたアニメ第5話では、デンジ達が悪魔の力でホテルに閉じ込められるストーリーです。

アニメの内容とぴったりマッチした素敵な楽曲ですね。

“思えば出会いは単純だった”

この歌詞は、マキマとの出会いと捉えることが出来ます。

「悪魔として私に殺されるか」、「人として私に飼われるか」という選択肢を提示され、マキマに飼われることを選んだデンジ。

一目惚れをしたデンジの胸の高鳴りが伝わってきます。

また、この部分の歌詞はsyudouさん自身と音楽との出会いと解釈することも出来ますね。

一瞬の新興と引き換えに
一生と心臓を渡すのさ
永遠続く不安と悪夢
目覚めた時には毒虫になっていた

ジャンクで汚れたこの声で
うるせぇ外野を黙らせる
アンタがとやかく言わずとも
こちら側が殴り込んでやる
邪悪な輩と蔑んだ
奴らの思考の外に出る
愛だかなんだか知らねぇが
望み通り深く堕ちてやるんだ

“一瞬の新興と引き換えに 一生と心臓を渡すのさ”

自分の心臓を渡す代わりにデンジの夢を見せてくれと頼み一体化したポチタ。

一度はバラバラにされたデンジでしたが、ポチタと契約したことでチェンソーマンとして蘇ります。

“ジャンクで汚れたこの声で うるせぇ外野を黙らせる”

公安のデビルハンターとして悪魔と戦い続けるデンジの姿が描かれています。

チェンソーマンに変身し、敵味方関係なく攻撃しまくる様子が浮かんできますね。

“愛だかなんだか知らねぇが 望み通り深く堕ちてやるんだ”

胸を揉むことを目標に頑張るデンジは、今回の話でパワーの胸を揉むことに成功します。

思っていたのと違う現実にやる気を無くすデンジでしたが、マキマのフォローによって立ち直りました。

本当の愛を知るために戦い続ける姿が表現されているように感じました。

辿り着いたぜアンタの背だけを追って
この呪縛と束縛逃れてやるから

知ったこっちゃないって言われる様な
価値も意味も無いプライドの理由は何一体
気づいていない様で実は全部知ってる

“辿り着いたぜアンタの背だけを追って この呪縛と束縛逃れてやるから”

ストーリーの中では、憧れの人物や復讐したいと憎んでいる人物の関係性が浮かびますが、ファンの中で思い浮かぶのはsyudouさんと米津玄師さんの関係性ではないでしょうか?

米津さんの大ファンであることを公言しているsyudouさんにとって、同じアニメのOP・EDで放送される今回の機会は特別なものです。

やっとたどり着いたという嬉しさ、これからも一緒に走り続けたいというメッセージが込められているように感じました。

“知ったこっちゃないって言われる様な 価値も意味も無いプライドの理由は何一体”

この部分も米津さんとの関係を表現したものではないでしょうか?

ボカロP・ハチとして活動していた米津さんに対するプライド、周りの人から見れば大したことのない理由でも、自分の中では大きな理由になっています。

憧れの人に追いつきたいという想いが歌われているような気がしました。

求愛だ崇拝だふざけんな
無い方が楽勝に生きれるさ
散々流してきた涙
救いもせずただ音楽は鳴っていた

だけどさっさと切るべきプライドを
一つも捨てずに成し遂げる
愛した苦汁と辛酸だ
一粒も残さず飲んでやる
一種の若気の至りだと
舐めてた奴らに恥かかす
こっちは生まれたその日から
言葉と刃なら研いである

2012年からボカロPとして活動を始めるも、初めは上手くいかず就職したsyudouさん。

就職してからもボカロPとして活動し続けたことで2019年に発表された「ビターチョコデコレーション」が注目されます。

上手くいかない悔しさを感じつつも、道の先で待つ米津さんに近づくため音楽を続けた想いが込められているのではないでしょうか?

“だけどさっさと切るべきプライドを 一つも捨てずに成し遂げる”

最初の目標を変えること無く、挫けそうなときも葉を食いしばって頑張る姿に勇気をもらえます。

これまでバカにしてきた奴らを見返してやるんだという強い気持ちが伺えます。

思えば出会いは単純だった
恥に恥を塗る生涯だった
それでも俺は一つ勝ち取った
眠れぬ夜や消えぬ後悔が
何度も何度も何度も何度も
何度もあったがここで歌っている

ジャンクで汚れたこの声で
うるせぇ外野を黙らせる
アンタがとやかく言わずとも
こちら側が殴り込んでやる
邪悪な輩と蔑んだ
奴らの思考の外に出る
愛だかなんだか知らねぇが
望み通り深く堕ちてやるんだ

“思えば出会いは単純だった 恥に恥を塗る生涯だった それでも俺は一つ勝ち取った”

最初はアニメの内容が浮かびましたが、後半はsyudouさんから米津さんへ宛てた手紙のように感じられます。

あなたと同じアニメの歌を勝ち取った。

これまでに眠れない夜も後悔もたくさんあったけど、一つの目標であった憧れの人との共演を果たすことが出来たという喜びが込められているように感じました。

ずっと応援してきたファンから見ると、胸の熱くなるエピソードなのではないでしょうか?

辿り着いたぜアンタの背だけを追って
この呪縛と束縛逃れてやるから

ちょっと待ってやっぱまたループ
like the backroom 憧れに出口は無い
実際まだ出れないんだけど
アナタなんか知ってる?

やっと憧れの人にたどり着いたsyudouさん。

“like the backroom 憧れに出口は無い”

バックルームズのように、憧れという想いに出口はない。

これからも1ファンとして応援し続けるというsyudouさんからのメッセージが込められた素敵な楽曲でした。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

米津さんへの想いが込められた素敵な楽曲でした。

これからの活動も見逃せません。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!