最新情報を知りたい方はこちら!!

I’ll be by your side【平井大】歌詞の意味を考察!運命のパートナーと巡り合った主人公の喜びを表現!

Array

今回は人気シンガーソングライター平井大さんが3月6日にリリースする新曲「I’ll be by your side」の歌詞を考察していきたいと思います。

昨年3月から“Sunday Goods”をテーマに3週間に一回のペースで新曲を配信している平井さん。

今回の「I’ll be by your side」は、その第19弾です。

永遠の愛を誓う二人の姿をストレートな歌詞で表現したラブソング。

早速歌詞を見ていきましょう!

I’ll be by your side 歌詞考察

Hey Dear… 恋ってどーやら
正しいカギを探し当ててく運命の宝探しみたいだ
Dear… 無理に開ければ壊れちゃうし
でもぴったりくればそれは自ずと開く仕組みさ

冒頭は最愛の君へ向けたメッセージが歌われています。

Hey Dear…とは、恋人に使う呼びかけです。

恋とは「正しいカギを探し当ててく運命の宝探し」

平井さんらしいロマンティックな歌詞ですね。

相手の気持ちを考えず無理にアタックすると関係が壊れてしまうし、もし息がぴったり合えば力を入れずとも自ずと道は開きます。

長らく眠っていた宝箱のように慎重に扱わなければいけませんね。

そしてやっと開いたミライというドアの前に
晴れて僕と君は並んで立ってる

何度もトライ&エラーを繰り返し、やっとたどり着いた正しいカギ。

そのカギを二人で回すと、ミライへの扉が開かれます。

二人で一緒にミライに向かって歩んでいこうという、これからの生活への期待が描かれています。

世界中に今、誓うよ
変わらない愛をこの場所で
喜びの日も悲しみの日も健やかなる日も病める夜も
I’ll be by your side
歓声と鐘の音が聞こえたら
僕らによる僕らのための僕らなりのステキな明日へ Let’s go

サビでは結婚式の様子が歌われています。

世界中に愛を誓う神聖な結婚式。

「変わらない愛をこの場所で」という歌詞から、結婚式の会場は二人の想い出の場所なのかもしれませんね。

どんな時も「I’ll be by your side(そばにいるよ)」

主人公の強い想いが伝わってきます。

自分たちを祝福してくれる歓声と、鳴り響く教会の鐘。

これからも輝かしく幸せな毎日が待っていることでしょう。

聴いているだけで幸せな気持ちになれる歌詞ですね。

ねぇ Dear… 今まではずっと一人で割と
なんでも出来てたはずなのにどうしてかな
Dear… もう一人じゃ物足りない
そんな不便も神様からのオシャレなご祝儀なのかもね

君と出会ったことで、主人公には大きな変化が起きました。

今までは一人でできていたことも、君がいないと物足りない。

君という大切な存在ができたことで、一人で過ごす時間が少し寂しく感じているのでしょうか?

少し不便になった生活も神様からのご祝儀とポジティブに捉えていますね。

離れないように見失わぬように
僕らは不思議なチカラで繋がってる

カギがピッタリと合った二人。

赤い糸とはよく言われますが、二人の運命的な出会には不思議なチカラを感じますね。

つまりいっそ
一生一緒にいよう 絶妙なバランスで
喜びの日も悲しみの日も健やかなる日も病める夜も
Let’s walk side by side
1+1が∞に変わっていく
僕らによる僕らのための僕らなりのステキな旅へ We go

意識せず、自然体でいても、不思議とバランスがとれた二人。

この世に二人といない、運命のパートナーです。

Let’s walk side by side(並んで歩こう)」

この先どんな困難が待ち受けていようとも二人で協力して乗り越えていこうという、強い気持ちが表現されています。

1+1が∞に変わっていく相乗効果でどんどん大きくなる二人のパワー。

この二人ならどんな壁も乗り越えていけそうです。

ウエディングソングにもピッタリの素敵な楽曲でした。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

平井さんの良さが詰まった素敵な一曲でした!

これからの“Sunday Goods”も楽しみです!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!