最新情報を知りたい方はこちら!!

I Need You【Nissy】歌詞の意味を考察!結婚式ソングにもピッタリの素敵すぎるラブソング

Array

今回は、Nissyこと西島隆弘さんが7月7日にリリースする新曲「I Need You」の歌詞を考察していきたいと思います。

本楽曲は、7月4日から8月16日にかけて東京・東京タワーで行われる「天の川イルミネーション」とコラボレーションすることが発表されました。

メインデッキ1階に飾られるLED電球約2万1000個が「I Need You」の曲調、イメージによって変化する壮大なイルミネーションが楽しめます。

コラボイベント詳細についてはこちらから

歌詞にはどんな思いが込められているのか、早速見ていきましょう!

created by Rinker

I Need You 歌詞考察

寂しくなったら
恋が泣いたなら
僕の役目だから
抱きしめさせて

来月の記念日も
好きな花を送るよ
放って置けないんだ
大事にさせて

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

この楽曲は、1番は彼氏目線、2番は彼女目線で歌われています。

まずは、彼氏目線の歌詞から。

最愛の人である君が、寂しさを感じているのなら、抱きしめて安心させるのが僕の役目。

お手本のような彼氏ですね、さすがNissy😭

7月7日に公開されるMVでは、「花や扉」で現在・過去・未来が表現されています。

朝のニュース番組で一部公開されたMVを見てみると、Nissyがそれぞれのシーンの花を一輪ずつ手にとっているシーンが映されます。

この花は、最愛の君との、かけがえのない想い出を表しているのではないでしょうか?

場面転換で出てくる扉は時間の経過を表しているように感じました。

いくつもの扉を開けて(君と一緒に過ごして)、かけがえのない大切な想い出(花)を拾い集める。

MVのラストでは、それまでに拾い集めた1輪ずつの花を、花束にしてプレゼントしていました。

これまでの想い出が詰まったプレゼント、そして、これからもよろしくという想いが詰まった花束。

まるでプロポーズのようですね。

“来月の記念日も 好きな花を送るよ 放って置けないんだ 大事にさせて”

この1節からも、君のことがいかに大切な存在なのかが伝わってきます。

願いを叶えたい Everything
近くで支えたい Everyday
君が僕に恋をくれたから

I need you
毎朝目覚めて
I need you
そこに君がいて
I need you
誰より先におはようって言うね

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

自分に出会ってくれた君への感謝が綴られています。

君が恋をくれたことで救われた自分。

君のことをいつまでも近くで支え、どんな願いでも叶えてあげたいという強い気持ちが歌われています。

朝目覚めて隣に君が居てくれるだけで、これ以上ない幸せに包み込まれる主人公。

繰り返される「I need you」からも、君への想いの強さが伺えます。

I need you
毎日の占いとか
信じないけど
君の頑張ってねが
僕にとってのお守りだよ

This is our happy love song
Yeah this is our happy love song
This is our happy love song
Yeah this is our happy love song

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

毎朝テレビから流れてくる占いの結果やラッキーアイテムは信じないけど、君からの一言で、一日中頑張れる。

大事な君のために、今日も頑張ろうという気持ちが表現されていますね。

再びMVに戻りますが、夢占いで「扉」は、手前側がこれまでの自分、扉の向こうが新しい世界を表しています。

君が居てくれることで扉が出てくるのならば、主人公にとって君は、新しい世界、まだ見たことがない世界に連れて行ってくれる特別な人でもあるのではないでしょうか?

お互いが、そんな関係で居続けられるカップルは素敵ですね。

ある日私たち ケンカしました
仲直りまでの 時間は苦しくて

でも あなたとならば
幸せをもって きっと
乗り越えられるから
頬にキスして

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

ここからは、彼女の目線で歌われます。

どんなに仲の良い二人でも、時にはケンカをしてしまうこともあります。

いつも仲良しな二人だからこそ、ケンカしてしまった後の仲直りまでは苦しい時間。

怒っている気持ちと、話したい寂しさで葛藤している様子が浮かびます。

“でも あなたとならば 幸せをもって きっと 乗り越えられるから 頬にキスして”

大好きなあなたとならば、どんな困難も、どんな障害も乗り越えられる。

彼に絶大な信頼を置いていることが分かりますね。

最後は頬にキスして仲直り。

再び仲良く過ごす二人の姿が浮かんできます。

たまに思う あなたとの日々
ウソなら ずっとこのまま
勘違いしていたい
It’s a story of my love

I need you
口にしなくても
I need you
通じ合えること
I need you
分かってるけど何度も言うよ

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

こんなに幸せな日々が続いて良いのだろうか?

もしかしたら全部夢なのかもしれない。

あなたとの日々が上手く行き過ぎていて、ドッキリなのではないかと不安になる彼女。

ウソだと疑うほど、素晴らしく幸せな日々を送っていることが分かります。

もしウソなら、この夢から醒めずに、ずっと勘違いしていたい。

そんな切実な願いが伝わってきますね。

続く “I need you” から再び主人公の目線に移ります。

口にしなくても想いは伝わるほど絆が結ばれていますが、やっぱり直接自分の言葉で伝えたい気持ち。

ちゃんと言葉で伝えてくれるNissyは、まさに理想の彼氏ですね。

I need you
釣り合うかどうか
一つずつ
答え合わせは
楽しくて不安だけど
全部幸せに感じるよ

君と出逢う前の 何十年よりも
会えない1日がもう
長過ぎてもっと愛しくて

あなたといつまでも
一緒にいたい

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

君の隣にいるのが僕で良いんだろうか?

彼女と同じように、主人公も不安を抱えています。

かけがえのない時間を一緒に過ごすことで、一つずつ答え合わせをしていく二人。

自分ももっと努力して君に釣り合う男になろうという想いが伝わってきますね。

君に出会ったことで、世界が変わった主人公。

もちろん、君に出逢う前の人生のほうが長いですが、君に出逢って恋に落ちたことで、会えない1日がとても長く寂しく感じます。

”あなたといつまでも 一緒にいたい”

I need you
今夜出かけよう
I need you
夜空を見ながら
I need you
これからもbaby
It’s a story of love

I need you
この先も君の笑顔を
一番そばで
見つめてていいですか?
照れくさいけど
愛してるずっと

出典:I Need You / 作詞:Takahiro Nishijima・Anna Kusakawa・H.U.B. 作曲:Erik Lidbom・Takahiro Nishijima

ラストの歌詞は、この曲がリリースされる七夕の夜を描いているのでしょう。

綺麗な天の川が映る夜空を見に出かけよう。

何万年も輝き続ける星のように、これからもずっと二人の愛を育て続けようという想いが表現されていますね。

照れながら “愛してるずっと” と伝えてくれるNissy。

いつも応援してくれるファンに宛てたメッセージソングなのかもしれませんね。

七夕にピッタリの素敵なラブソングでした!

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

君とのかけがえのない日々が、素敵な歌声で紡がれるこの楽曲。

東京タワーとのコラボにも、是非行ってみてください!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!