最新情報を知りたい方はこちら!!

HERO【Vaundy】歌詞の意味を考察!主人公が闇落ちした理由とは?映画のようなMVにも注目!

Array

今回はVaundyさんの新曲「HERO」の歌詞を考察していきたいと思います!

2月23日にリリースされるニューシングル『裸の勇者』に収録されている本楽曲。

ライブでは公開されたことがあり、音源化が待ち望まれていた一曲です。

歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

↑Vaundyさんは過去にこのようにツイートしており、タイトル「HERO」から、もしかするとこの楽曲がヒロアカヴィラン編を見て書いた曲なのかもしれません。

HERO 歌詞考察

Vaundy 楽曲コメント

「しわあわせ」以来の児玉裕一監督とのタッグで、主人公を村上虹郎さんに演じていただいたのですが、撮影の時からとてもワクワクするような現場で、早くみなさんに見てもらいたくてウズウズしてました。

やっと見せられて、楽しみです。

前後を想像させる演出があり、ヒーローのストーリーを覗き見したくなるような作品になっています。

HERO “最終回”、ご堪能ください。

では、早速見ていきましょう。

1000年経っても
夢の中で僕はいつもと変わらないまま
何年経ったか
わからないまま咲いた希望を数えてるから

村上虹郎さんが演じているのは、スパイダー・クロウと呼ばれるヒーロー。

MVは、ダークヒーロースパイダー・クロウの物語の最終回という位置づけで撮影されています。

冒頭ではヒーローの能力が覚醒し、暴走しかけのスパイダー・クロウが映し出されます。

スパイダー・クロウと対峙し、必死で止めようとしている男は誰なのか。

この時点ではまだ分かりません。

歌詞を見ていきましょう。

冒頭の歌詞では、スパイダー・クロウの心情が歌われています。

1000年経っても 夢の中で僕はいつもと変わらないまま

どれだけ時間が経っても、一向に変化のない自分にうんざりしているようです。

主人公が変わらない理由とは「何年経ったかわからないまま咲いた希望を数えてるから」

過去の希望を大事に抱えている主人公。

この歌詞から、現在ダークヒーロー(ヴィラン)になっている主人公も、もともとは人を守るために戦っていた心優しいヒーローだったことがわかります。

チクタクチクタクそうだね
こんな言葉に泣いても損だね
そんなことはわかるよ
もう
何もないんでしょ?
ねぇ

何も変わらない自分を置いて、どんどん進んでいく時間。

「こんな言葉」とはどういったものなのでしょうか?

勝手な想像ですが、「ヒーローだからできるよね」など、周りからの期待の声、実力以上を求められるプレッシャーのことを指しているのではないかと考えました。

周囲の期待に応えようと必死に努力したスパイダー・クロウ。

しかしある時、こんなことを続けていても未来は何も変わらないのではないか?と考えるようになります。

皆を守るため、自分の幸せや生活を犠牲にしてでも努力する毎日。

ピンチのときは助けを求める人々も、解決した後は知らんぷりで、感謝の言葉もありません。

ヒーローとして生きていく自分の人生に疑問を抱いている様子がわかります。

チクタクチクタクそうだね
こんな言葉を聞いても「そうだね」
もう
何もないんでしょ?
ねぇ
そんなことも損だ わかるよ

疑問を持ちつつ、ヒーローを続けるスパイダー・クロウ。

周りからの期待は収まることなく、どんどん持ち上げられていきます。

期待に答えても「何もないんでしょ?」

見返りを求めているわけではないのですが、勝手に期待だけして放置する人間に対して、憤りを感じていることが伝わってきます。

何回聞いてたんだ
ねぇ
何回言わせたいんだ
ねぇ
何回回してくんだ
ねぇ
もう何も言わないで
HERO

これまで溜め込んできた不満が爆発するシーンです。

「ねぇ」の繰り返しによって、我慢してきた想いを一気に吐き出していることが伝わります。

期待するだけして放ったらかしの人間たち。

そんなヒーロー人生を「何回回してくんだ」と、絶望している様子がわかります。

何がきっかけで、爆発したのかは分かりませんが、もうこれ以上人の期待に応えるのはやめようと決意したようです。

「もう何も言わないで HERO 」という歌詞から、もう自分はヒーローではないんだという主人公の想いが読み取れますね。

何年経っても
夢の中で僕はいつもと変わらないまま
残念だったな
変わらないから咲いた希望も枯れていくから

どれ程時が経っても、変わらない夢を見ている僕。

しかし、冒頭の歌詞とは考え方が異なっています。

冒頭では、過去の希望を大切に守っていた主人公ですが、ここでは、そんな希望もいつかは枯れるんだと突き放している様子がわかりますね。

MVには、スパイダー・クロウの他にもうひとりヒーローが登場します。

冒頭809の前で対峙していた男。

MVの中で明かされますが、彼とスパイダー・クロウは、幼馴染であることがわかります。

幼馴染のヒーローは、スパイダー・クロウのように闇落ちすることなく、ヒーローの務めを果たしているようです。

スパイダー・クロウを説得しようと必死で呼びかける幼馴染ですが、兵士からの銃撃からスパイダー・クロウを守ろうとして命を落としてしまったのでしょう。

人間の味方をしていたはずの幼馴染までも無差別に攻撃してきた人間。

そんな人間に守ってやる価値などないと絶望したスパイダー・クロウは、覚醒した能力で兵士を殲滅します。

映画のラストのような壮絶なMV、映像だけでも楽しめる素晴らしい作品ですね。

何回ついたかな
何回嘘をついたかな
何回もがいたかな
行き止まっていたってもう

兵士を殲滅し、完全に闇落ちしたスパイダー・クロウの心情が歌われています。

何回自分の気持ちに嘘をついてきたんだろう。

皆の期待に応えようと、何回もがいて努力しただろう。

それでも、一向に進むことのなかったヒーローの人生。

挙句の果てには、味方のヒーローでさえも攻撃する残酷な人間。

特殊能力を持った化け物として扱われている現実を目の当たりにし、人間を救う価値などないと決意したことがわかります。

映画やアニメの敵キャラにも、全てにこうした背景があるのかもしれないですね。

何回ついたかな
何回嘘をついたかな
何回転んだかな
もうわかったって
忘れてよ
HERO

繰り返しになりますが、曲のラストで歌われているのはスパイダー・クロウの心情。

何度も努力して、何度も転んで、その度に立ち上がって。

でも最後に待ち受けていたのは、自分たちを道具としか見ていない人間たち。

最後の「HERO」には、これまでの人生をすべて詰め込んだ絶望が込められているように感じました。

スパイダー・クロウの物語の全体を見てみたいですね。

なお、「HERO」は、同アルバムに収録される「二人話」との関連性も囁かれており、そちらも調査してきます。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

毎回作り込まれたMVが話題になるVaundyさん。

今回の「HERO」も、まるで1本の映画を見ているような感覚になる素敵なMVでした。

これからの活躍からも目が離せません。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!