最新情報を知りたい方はこちら!!

花束のかわりにメロディーを【清水翔太】の歌詞の意味を考察!男性目線の純粋なウェディングソング!

この記事では清水翔太の『花束のかわりにメロディーを』の歌詞について考察します!

『君が好き』『アイシテル』など男性目線のラブソングが人気な清水翔太。

中でも特にまっすぐな愛を歌った『花束のかわりにメロディーを』は一体どんな歌詞なのでしょうか?

これを読めば、ちょっと強がりな男性が抱く”愛情の形”が分かるかもしれません。

『花束のかわりにメロディーを』歌詞考察

言わないだけで、胸が詰まるほどの愛がある

ここでは、主人公の「僕」が「君」への想いで胸がいっぱいの様子が描かれています。

男性は普段あまりストレートに愛情を伝えないですよね。

でも、言わないだけで、「君」への愛をしっかり抱えているのでしょう。

「愛の痛み」とは、「君」を愛しているからこそ生じるもの。

不器用ながらも一生懸命に「君」を愛しているのが分かる冒頭の歌詞です。

「僕」にしかできないこと

胸が締め付けられるような旋律のサビです。

花束や抱きしめることは、誰にでもできることかもしれませんが、歌声は唯一無二。

「花束のかわりにメロディーを」「抱きしめるかわりにこの声を」とは、「僕」にしかできないことだから、めいいっぱい届けようという思いが伝わってきます。

「でも今日だけは僕を見つめて」という歌詞からは、少し強がりな気持ちが伝わってきます。

まっすぐに「好き」と伝える恥ずかしさのかわりに、ちょっとばかりの強がりが見え隠れしているのもいじらしく感じられる歌詞ですね。

至極のラブレター

『花束のかわりにメロディーを』は結婚式でもよく使われるラブソング。

MVも結婚式の風景が描写されています。

「君だけは守りたい」という歌詞からは、ふたりがこれからもずっと一緒に歩んでゆく覚悟も感じ取れます。

「君を愛する為に僕は生まれてきたよ」という歌詞は、この上ない愛の言葉ではないでしょうか?

「君」は、「僕」の生きる目的に直結しているのです。

僕と君でなきゃいけない理由

二番目のサビ。

「僕じゃなきゃ駄目で 君じゃなきゃ駄目さ」という歌詞からは、それ以外の選択肢はあり得ないというほどの究極な愛情が詰まっています。

「今は僕を見つめて」は、”結婚式の誓いの瞬間”を想起させます。

いつもは少し強がりで恥ずかしがり屋な「僕」のようですが、ここでは「もう誰にも君を語らせはしない」と語ります。

いろいろな側面を持つ自分を支えてくれる「君」への感謝もこの歌詞には含まれているように思います。

狂おしいほどの君への想いを

最後のサビでは、清水翔太の声ももっと色濃く鮮やかになり、君への狂おしいほどの愛情が感じられます。

普段はあまりストレートに愛情表現をしない男性でも、これほどまでに大切な人を想っていることが理解できる大事な最後です。

照れる気持ちや不器用さを凌駕してここまでストレートに歌われてしまったら、「君」の心に一生残らざるを得ない楽曲になるでしょう。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

おわりに

いかがでしたか?

大事な人にこっそり、でもストレートに愛を伝えたいなら『花束のかわりにメロディーを』をおすすめします!

ぜひ聴いてみてください!

error: Content is protected !!