最新情報を知りたい方はこちら!!

ぎゅっと。【もさを。】歌詞の意味を考察! 好きな人とずっと一緒にいたい女性のラブソング

今回は、もさを。さんの「ぎゅっと。」の歌詞考察をしていきます。

もさを。さんは女性目線の楽曲を作っているシンガーソングライターです。

2020年2月よりTikTokで弾き語り動画のアップロードを始めており、配信リリースという形で初めてリリースされたのがこの「ぎゅっと。」でした。

2022年6月時点でYoutubeの再生回数が4000万回を超えているヒット曲です。

ぎゅっと。 歌詞考察

あなたと過ごす日常の大切さ

手を繋ぐと体温が上がって
無邪気な笑顔につられて
変な口癖真似してみたり
寝顔をじっと眺めていたら
いつの間にか朝になってたり
特別はたまにでいいよ
何気ない日常が私にとって大切で

「何気ない日常が私にとって大切で」とある通り、この歌詞では何かドラマチックな事件が発生したり、派手な展開があるわけではありません。

語られるのは全て、二人が過ごす日常の何気ないワンシーン。

だけど、その何気ない日常の楽しさや素晴らしさが伝わってきます。

また、歌詞の作り方という観点では、場面の切り取り方にも上手さを感じます。

歌詞の最初に「手を繋ぐと体温が上がって」という言葉を入れることにより、作品全体に暖かい空気が満ちます。

まるで春の暖かな一日のようで、二人の間に漂う空気の穏やかさを感じることができます。

同様に、「寝顔をじっと眺めていたらいつの間にか朝になっていたり」からは、朝の爽やかで明るい空の色を感じます。

何気ない場面であっても、このように意識的に拾い上げることで、より歌詞の世界を深めることが出来ています。

二人が過ごす日常の暖かさと穏やかさ、目に映る景色の明るさと鮮やかさ。

この感覚を二人と共有することで、幸せさを実感し、共感することができる。

もさを。さんの歌詞作りの上手さが表れています。

側に居るだけでわかるの
心からあなたが好きなんだ
素直になれないワガママな私だけど
だから ねぇ

この曲の主人公である女性は素直になれない性格ですが、だからこそ、相手のことを好きな気持ちが本当に伝わってきます。

変な口癖を真似するようないじり方が愛情表現だったり。

顔を覗き込むけれど、それは起きている顔ではなくて寝顔。だけど朝になるまで眺め続けていたり。

その好意を真っすぐに伝えられないから、愛情表現は変化球みたいになってしまう。

でも、だからこそ気持ちの強さが伝わってきます。

相手のことがとても好きだからこそ、素直に言いづらい。その気持ちには共感できる人も多いのではないでしょうか。

「ぎゅっと。」の意味

あなたの大きな身体でぎゅっと。
抱き寄せて離さないで
柔らかくて優しい声で
あたしの名前を呼んで
それだけで私は幸せだから
ひとつ願いが叶うのなら
あなたとこれからもずっと
ずっと隣に居れますように

ここから分かる通り、「ぎゅっと。」とは、ハグをする際の擬音です。

抱き寄せて離さないような、強い力で抱きしめるハグ。

相手と一瞬でも離れたくない、1ミリだって離れたくない。そんな強い気持ちが見て取れます。

また、ハグをしながら名前を呼ぶという行為。

ここからは、物理的な距離をゼロにするよりもっと近くにいたい、精神的にも近づきたいという強い気持ちが見えます。

相手のことが好きだから、少しだって離れていたくない。

そして、「柔らかくて優しい声」。

相手の声をそう表現することは、身も心もどこまでだって近づきたいという相手の気持ちを見て、そこに安心感や包容力を感じていることの表れです。

ぎゅっとハグされることで安心できる。

「ぎゅっと。」というタイトルは、お互いに少しも離れたくないという通じ合った気持ちを示しています。

側に居るだけで落ち着くの
あなたの彼女で幸せだって
こぼれそうな好きの気持ち
受け取ってくれるかな ねぇ

先ほど見た通り、この主人公の女性は相手に対して素直に好きだと言えない性格です。

だけど、自分の中に閉じ込めておくには好きという気持ちが強すぎる。

別に言いたくはないけれど、ふとした瞬間に気持ちがいっぱいになってしまう。

これを「こぼれそうな好きの気持ち」と表現するのがすごく良いですね。

今にも溢れだしそうな気持ちが上手く表現されています。

お互いに向き合うこと

この曲には、ただ好きだから隣にいるというだけではない、お互いに向き合う二人の様子も描かれています。

無邪気な笑顔につられるのは、お互いの顔をよく見ているから。

変な口癖を真似できるのは、お互いの言葉をよく聞いているから。

悩んで落ち込んでたり
嫌なことで泣いていても
「大丈夫だよ。」って
1番近くで支えてくれたね
そっと包み込んでくれる
私の弱いところ知ってるみたいに
いつも隣に居てくれるあなたのおかげで

歌詞のこの部分には、

そばにいてほしい時に居てくれる、必要な時に支えてくれる。そんな相手の姿が描かれています。

そんなことが出来るのは、いちばん近くで見守ってくれるから。

自分を優しい眼差しで見守ってくれる相手の姿が想像できます。

もしも、この先喧嘩しても
価値観がすれ違っても
2人で乗り越えて行こうね
全部全部ぎゅっと。

そして、「喧嘩しても、価値観がすれ違っても」乗り越えていこうという言葉。

いつだって一緒にいるけれど、自分たちにすれ違いが起きないなんて二人は思っていません。

むしろ、それを二人で乗り越えていくことが楽しい。

そんな気持ちが見えるようです。

「全部全部ぎゅっと。」という言葉からは、二人で手を繋いで困難に立ち向かっていく未来を感じます。

身体と心が繋がっているだけではない、しっかりと強い絆で繋がっている。

「ぎゅっと。」というタイトルには、そのような意味も込められているのではないでしょうか。

さいごに

この曲は、お互いを強く思いあう二人のラブソングです。

好きだから、ずっと一緒にいたい。日常の何でもない瞬間をずっと楽しんでいたい。

だから近くにいてね。という恋愛感情とともに、

もし何かあっても、二人で一緒に乗り越えようね。絶対にできるよ。

と、二人の未来を見つめた強い決意も見えました。

ずっと一緒にいるためには、もちろんお互いに好きであることも大切だけど。

向き合って、一緒に歩いていく覚悟もなくてはダメ。

そんなメッセージを感じました。

その気持ちを忘れずに、大切な人とずっと一緒にいたいですね。

Amazon Music

error: Content is protected !!