最新情報を知りたい方はこちら!!

grace【藤井風】歌詞の意味を考察!全てあなたのgraceであり、全てあたしのgrace。さぁ、一緒に解き放とう!

Array

今回は、藤井風さんが10月10日にリリースした新曲「grace」の歌詞を考察していきたいと思います。

12枚目の配信シングルとしてリリースされたこの楽曲。

NTTドコモが立ち上げた『KAZE FILMS docomo future project』のテーマソングとして書き下ろされた一曲です。

歌詞にはどんな想いが込められているのでしょうか?

楽曲コメントと合わせて見ていきましょう!

created by Rinker

楽曲コメント

風さんのコメントをご紹介します。

“grace”は、ここでは「恵み」のような意味で使っています。

日々移ろいゆく世の中ですが、起こることは全て自分たちをより良い方向へ導いてくれるgrace(恵み)だと信じて、光り輝くことをあきらめないでいただきたいです。

だって僕たち一人一人の中には等しく無限の愛が、光が、可能性が、graceが宿っているからです。

それを抑え込もうとするバリアがあるなら、これを機に一緒に解き放ちましょう。grace!

バリアを解き放つ勇気をくれる楽曲。

どんな歌詞なのか楽しみですね!

grace 歌詞考察

声を枯らして 叫ぶ言葉もなくて
私はただ身を引いた あの陰から

息を切らして 交わす言葉もなくて
私はただ微笑んだ 静かに目を閉じた

助けて神様
私の中にいるなら
二度とこの場所を
離れないで

『KAZE FILMS docomo future project』は、「何かに挑戦したい意志を持っていても、きっかけや手段がなく、一歩を踏み出せずにいる学生が、制限なく自らの可能性に挑戦できるように後押ししたい」という思いから立ち上げられたプロジェクト。

プロジェクトのために書き下ろした「grace」にもその想いが込められています。

冒頭では、まだ一歩を踏み出せない “私” が描かれています。

風さんのコメントを借りると「無限の愛が、光が、可能性が、graceが宿っている人が、殻に閉じこもっている状態」です。

“助けて神様 私の中にいるなら 二度とこの場所を 離れないで”

この場所とは、私の傍を指しているのでしょう。

この後、神様との関係性も重要なポイントになります。

だけど去るのはいつも私だった
あなたはいつも側にいてくれた
ただいま朝日 おかえり夕日
やっと共に 廻り始める

あたしに会えて良かった
やっと自由になった
涙も輝き始めた

私が一歩を踏み出せない理由。

それは自分から去ってしまうからです。

去る(諦める)理由は人それぞれですが、自分ひとりの力ではどうしようもないこともありますよね。

そんなときでも “あなたはいつも側にいてくれた”。

あなたとは、もう一人の自分、理想の姿に近い自分を表しているのではないでしょうか?

ヒンドゥー教には「アートマン」という用語があります。

日本語では「我」と訳され、意識の最深部にある個の根源を意味しています。

この曲で歌われている “あなた” は、自分の心の内側に存在する核を指しているのだと考えました。

どんなときでも側に “あなた” がいてくれることで、主人公は再び前を向いて歩き出すことが出来ます。

“あたしに会えて良かった やっと自由になった” という歌詞は、アートマン側からの目線だと感じます。

あたしが自己に向き合い、あなた(アートマン)と出会ったことで、やっと自由になれた。

バリアを解き放ち、本当の自分をさらけ出している様子が浮かんできました。

明日になればさよなら
ああ儚い世界だ
何があろうとも
全てあなたのgrace

諸行無常という言葉があるように、時間が経てば消えていく儚い世界。

そんな一瞬の輝きのなかで生きている私達へのメッセージが歌われています。

“何があろうとも 全てあなたのgrace”

grace=恵み。

儚い人生の中で、様々な経験をして、ときには困難にぶつかることもあるし、逃げ出してしまいたいことだってある。

でも、それら全てが “恵み” なのだ。

そう捉えると、前を向いて向き合えるのではないでしょうか。

風さんの本質が歌われた素敵な楽曲ですね。

息もできずに 怯えた日々は遥か
彼方の空へ飛ばした 今や無敵

あなたはわたし わたしはあなた
みんな同じと気付いた時から
僕らは みな等しく光ってる

自分の殻から出られず、逃げ惑っていた過去の日々。

本当の自分(アートマン)を受け入れることで、その不安は彼方に飛んでいき、”今や無敵”。

あなた(アートマン)は私であり、私はあなた(アートマン)である。

自我の本質であるアートマンと向き合ったことで、自分を解放できた主人公。

アートマンは、全ての人の中に存在しています。

この世に生きる全ての人に「等しく無限の愛が、光が、可能性が、graceが宿っている」。

風さんの思想が特に反映されている部分ですね。

何が出来るかな
愛に従うのならば
出来ないことなど
何もないさ

外の世界にずっと探してた
真実はいつもこの胸の中
待たせてごめん いつもありがと
会いにいくよ 一つになろう

光と同じように、全ての人に等しく宿っている “愛”。

男女の愛だけでなく、思いやり、優しさといった人類愛を指していますね。

己の中にある “愛” に従い行動すれば、出来ないことなど何もない。

“外の世界にずっと探してた 真実はいつもこの胸の中”

それまで、外の世界(自分以外の要因)ばかり見ていた私。

他己=他人から見た自分ばかりを気にしていた過去を表しているのでしょう。

しかし、真実は自分の中にありました。

自己と向き合い、受け入れることで強くなれた主人公。

“待たせてごめん いつもありがと 会いにいくよ 一つになろう” という歌詞から、己に対する感謝、アートマンとの融合が読み取れますね。

あたしに会えて良かった
やっと自由になった
涙も輝き始めた
明日になればさよなら
ああ儚い世界だ
何があろうとも
全てあなたのgrace
何があろうとも
全てあたしのgrace

繰り返しになりますが、あたし(本当の自分・アートマン)に出会い、自分を解放できた喜びが歌われています。

どんなに儚い世界でも、その一瞬を大切に生きよう。

“全てあなたのgrace” であり、”全てあたしのgrace” なのだから。

風さんの深すぎるメッセージが伝わる、素敵な楽曲でしたね。

いいね・フォローお願いします!

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

全てはgraceであるという、究極の愛が歌われた素敵な楽曲でした。

これからの活躍からも目が離せません。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!