最新情報を知りたい方はこちら!!

ガマズミ【オレンジスパイニクラブ】歌詞の意味を考察!クズっぽい男の失恋ソング

オレスパことオレンジスパイニクラブ「ガマズミ」の歌詞の意味を考察します。

1stアルバム「アンメジャラブル」(2021年10月)収録曲で、9月1日に先行配信されました。

ギター&コーラスの弟スズキナオトさんが作詞・作曲した「ガマズミ」の歌詞を見ていきましょう。

created by Rinker

ガマズミ 歌詞考察!

普通の失恋ではない?

冷たい手が行き場を無くして
初めての春がくる
1つ上の階の足音に起こされて
煙を浮かべた

オレスパの歌詞は必ずしも1つの解釈に限定されません。

「ガマズミ」は基本的にクズっぽい男の失恋ソングですが、ポジティブにもネガティブにも受け取れる内容になっています。

季節は春。

おそらく主人公は冬に彼女と別れたのでしょう。

付き合っていたときは、彼女の体温で自分の「冷たい手」を温めながら眠っていたと考えられます。

あるいは「彼女の冷たい手が行き場を失った」という解釈も可能です。

いずれにしても主人公はマンションかアパートに住んでいて、階上の生活音に反応し、目覚めの一服。

気だるい雰囲気がただよいます。

締め付ける生活の跡と
味蕾で覚えてる蜜の味
君が奪われて
僕が全部奪いとった

味蕾(みらい)とは味を感じる器官のことで、甘味を感じる味蕾は舌の先にありますが、「蜜の味」は「ハチミツの味」というより大人っぽいニュアンスでしょう。

「生活の跡」は「君」が「僕」の部屋で「生活していた痕跡」と思われますが、実は既婚者だった「君」には家庭に縛られる「指輪の跡」があったと想像を飛躍させることもできます。

「君が奪われた」という表現も曖昧です。

不倫、略奪愛、主従関係(主=僕、従=君)、DV、「君が亡くなり、亡くなった原因は僕だった」など、さまざまなストーリーが浮かびます

優しい人
自分の棘も愛せたら
汚れた手で触れていいかい
言葉は痛い 本音は汚い
綺麗事じゃない 綺麗でいたい

1番のサビの前半です。

「僕」はクズっぽい男という設定なので、「優しい人」という呼びかけや優しい歌声がかえって怖い気がします。

「君」の何気ない「言葉」や「本音」に傷つき、「手を汚す」(暴言を吐く、暴力をふるうなど)という「棘」(とげ)があったと仮定すると、どれほど「綺麗でいたい」と思っても本当に「綺麗事」では済みません。

優しい人
君は僕を愛していた
その隣で僕は僕だけの事を考えてた
君の夢の残骸の上に立ち
最後の去り際さえ
奪われた君のせいにした

1番のサビの後半です。

「君」は「僕」のことを思いやる「優しい人」だったのに、「僕」は自己中心的だった、ということは「僕」自身、自覚しています。

「君の夢の残骸」という表現も、「棘」のある方向にいろいろと解釈できそうです。

なるべくマイルドに捉えると、「君」は「僕」と結婚する「夢」を見ていたのに、「僕」にはそのつもりがなく、結婚するという夢を「奪われた君」と別れた、といったところでしょうか。

「君」が部屋を出て行ったとき、「僕」は「結婚なんて言い出した君が悪い」と言ったのかもしれません。

2回目の春も僕はひとり

冷たい手はもう浮浪に慣れ
二度目の春を待つ
舌打ちの後 壁を蹴ってうぜえと
ひとりで声に出した

2番では、「君」を失ってからそろそろ2回目の春を迎える「僕」の日常が描かれています。

少なくとも1年以上「僕」は「ひとり」のままで、冬に「冷たい手」を温めながら一緒に眠る、新しい彼女はいないのでしょう。

首筋の独占の歯跡
未来に残せなかった形
ひたすらに優しさだけで
愛せないのは不安だから

「歯跡」が「ハート」と読めると話題になっていますが、うっかりついてしまったキスマークではなく、意図的な「歯跡」となると「僕」の闇は相当深いですね。

しかし「僕」がどれほど強く噛んでも「君の首筋のハート」はそのうち消えたはずなので、これが「未来に残せなかった形」なのかもしれません。

あるいは「君」が妊娠したのに、「僕」は出産に同意しなかったという深読みも可能でしょうか。

いずれにしても「味蕾」は「未来」につながる伏線でした。

優しい人
手放し目を隠しながら
歩いた白線の距離
言葉を聞きたい
本音を知りたい
本当は君を知りたくも無い

2番のサビの前半です。

「白線」の部分は、「危なっかしい状態で付き合っていた期間は短かった」という意味でしょうか。

「君」が駅のホームの「白線」を越えたという意味だとすると、悲しすぎますね。

とにかく今はもう「君」の「言葉や本音」を聞くことはできません。

「君」が「僕」を振ったのであれば、「僕」は別れた理由を教えてほしいと思いつつ、今さら理由を聞いてもよりを戻せないと投げやりになっている印象です。

優しい人
君は僕を信じていた
その隣で僕は僕の歩幅を数えていた
君の夢の残骸の上に立ち
最後の去り際さえ
奪われた君のせいにした

2番のサビの後半です。

「愛していた」が「信じていた」、「僕だけの事を考えてた」が「僕の歩幅を数えていた」に変わっています。

2人が付き合っていたことを「白線を歩く」とたとえているようなので、「2人の未来図を描くのではなく、自分だけの人生設計を考えていた」という意味でしょう。

ガマズミの花言葉は?

染み付いた生活の匂い
過去に見た未来と今の暮らし
あの日と変われない動悸に焦っていく
焦っている

タイトルの「ガマズミ」は歌詞には出てきませんが、「君」と暮らした「生活の匂い」の一部とも受け取れそうです。

花言葉は「結合、私を無視しないで、愛は死より強し」など。

独占欲が強く、「君」と別れてから何も「変われない」まま未練たっぷりな「僕」にぴったりですね。

暖かく柔らかい場所で
二つ目の心臓の音を聴く
君の目に写る光を見てみたいよ
見ていたいよ

1つ目は「僕の心臓」、2つ目は「君の心臓」という話でしょうか。

深読みすると、1つ目は「君の心臓」、2つ目は「赤ちゃんの心臓」を表しているとも考えられそうです。

つま先立ち覗くフェンス越えて
地面に音を立てた

1番のサビが繰り返された後のラストです。

「フェンスを越えて飛び降りた」というネガティブな結末と、「部屋を出て前向きに歩き出した」というポジティブな路線のどちらにも解釈できるようになっています。

できれば「僕」には「君」への未練を断ち切ってほしいですね。

created by Rinker

さいごに

倉本雷大監督によるMVと照らし合わせると、歌詞の解釈も深まるのではないでしょうか。

Amazon Music

error: Content is protected !!