最新情報を知りたい方はこちら!!

ESCAPADE【official髭男dism】歌詞の意味を考察!神様への一目惚れから始まる恋

Array

今回は髭男ことOfficial髭男dismの人気曲「ESCAPADE」の歌詞を考察していきたいと思います。

この曲は髭男初のフルアルバム「エスカパレード」(2018年4月)の表題曲です。

ボーカルの藤原聡さんが作詞作曲の「ESCAPADE」の歌詞の意味を早速考察して行きましょう。

created by Rinker

ESCAPADE 歌詞考察!

僕の一目惚れを綴ったストーリー

何度見つめても足りない
指でhold me tight
まるで夢みたい

どこの誰にでも言いたい
想い伝えたい
募りゆくばかり

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

歌い出しの歌詞になります。

特徴的なのは語尾を「たい」で揃え韻を踏んだ歌詞 ですね。

語り手は主人公の僕、そしてヒロインが君になります。

僕がヒロインに恋心を抱いているというのが冒頭の「何度見つめても足りない」というところから読み取れます。

「指でhold me tight」は、直訳すると指で抱きしめたいとなり、ただ抱きしめたいのではなく、この歌詞が示すのは手を握りたいということです。それだけこのヒロインに特別な感情を持っていることがわかりますね。

この恋心をどこの誰にも言いたいほど、僕はヒロインに想いを馳せ、この気持ちや昂りをヒロイン本人に伝えたいけど伝えられない、そんなもどかしさも描かれています。

軽快なビートに乗っかって
余生の相場を狂わして
人生はまだイントロなんだって
僕に耳打ちした

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

僕がヒロインに恋心を抱いたきっかけともなる部分が描かれているのがこの部分に詰まっているんです。

軽快なビート、つまり恋をした時のドキドキするような心臓の音がヒロインとの恋の始まりだったのかもしれません。それが僕のこれからを狂わせられてしまった、という意味で「余生の相場を狂わせて」と歌われています。

そしてESCAPADE直訳すると突飛な行動、いたずらなという意味が「人生はまだイントロなんだって」「僕に耳打ちした」という部分に現れているんです。

人生はまだイントロという通り、この恋は、人生はまだ始まったばかりであることを、大きな声で発信するのではなく、僕だけに聞こえるように耳打ちした。というのが特別感が感じられます。このヒロインのいたずらをきっかけに恋に落ちてしまったのかもしれません。

この世界に溢れかえってる矛盾を全部解決するかのような
華奢な体がそこに宿ったスマイルが
ありふれ過ぎた日常に新しくくれた曲がり角
曲がって突き当たりの公園で偶然見つけた神様
手を取り合って踊りませんか?
Ah Ah

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

サビ部分になります。

矛盾を全部解決するような華奢な体、スマイルという表現で初めてヒロインの外見や容姿に触れます。

このサビの部分は、ヒロインを神様と言うように、僕にとって誰よりも素晴らしいことを比喩を使って表現されているんです。

実際に曲がって突き当たりの公園で偶然見つけたかは定かではありませんが、それだけ偶然の出会いからこの恋は始まったのかもしれません。そんな偶然の中での恋ですから、僕はきっと一目惚れをしたんでしょう。

一目惚れで浮かれた心情と、想いを伝えられないようなもどかしさがAh〜というフェイクに載せられていると感じます。

一目惚れから本気の恋へ

右も左もわからないで
ストイックにかつ無我夢中に
なる君のこと羨ましいなんて
少し思ってしまった

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

2番でも、ヒロインの容姿や特徴への言及は少ないのですが、ここでは僕がヒロインに憧れている想いが綴られています。

僕が恋した相手は、何かに恐ることもなく、手を抜かず、楽しそうに何事もこなしているのかもしれません。

歌詞には「君のこと羨ましいなんて少し思ってしまった」とありますが、羨ましさだけではなく、不安も隠されているのではないでしょうか。

この描写のヒロインは一言で言えばかっこいいですよね。そんな人、僕と釣り合うのかな、僕が思いを伝えても大丈夫かなといったような不安も読み取れます。

それでもそんな不安よりも、自分もそんな人になりたいといったような憧れが強く現れて「羨ましい」という言葉につながっていると思います。

この世界に敷き詰められた夢も全部叶え尽くすかのような
ふたつの光ホワイトよりも白い声で
断崖絶壁の夜空も吹き飛ばすほどの風が吹く
銀色の月のその裏側で居眠りしている神様
奇跡を頂きありがとサンキュー!
Ah Ah

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

2番サビ部分です。

特に比喩表現が詰まったパートになります。

ここでも、ヒロインに対しての美しさや素晴らしさが大きく表現されていますね。

ふたつの光とは僕とヒロインの二人を指すと思われます。

ホワイトよりも白いというフレーズを聞いた時、白よりも白いってなんだろうと考えた時、清純や純白といったより綺麗なものがイメージされました。つまり、素晴らしくて美しい人だったヒロインから、生き方やマインドを知ってからより綺麗なものにアップデートされたのではないでしょうか。

だからこそ、見た目の美しさは笑顔ではなく居眠りをしている姿や声といった、僕にしかわからない美しさで表現され、僕の本気の恋を綴っているのでしょう。

この世界に溢れかえってる矛盾を全部解決するかのような
華奢な体がそこに宿ったスマイルが
ありふれ過ぎた日常に新しくくれた曲がり角
曲がって突き当たりの公園で偶然見つけた神様
手を取り合って踊りませんか?
Ah Ah Ah さあ!

出典:ESCAPADE / 作詞・作曲:藤原聡

ラストサビの歌詞です。

ここで一番の歌詞が繰り返されています。しかし、一番と唯一違う点が最後の部分「さあ!」とと投げかけている点です。

これまで綴られてきた僕のヒロインに対する恋物語はまだ終わっていないことを伝えている部分ですが、もうひとつ。

これは私たちリスナーに対してのメッセージではないかと考えました。

作詞したボーカルの藤原さんは「しがらみの多い時代でも生きたいように生きることを大事にしてほしい」という気持ちを込めて、このESCAPADEが収録されているアルバム「エスパレード」を制作したそうです。

この世界の矛盾は、私たちリスナーの突飛な行動ひとつで変えられるかもしれない、ということがこの「さあ!」に込められていると感じます。

これから想いを伝える勇気を奮い立たせる「さあ!」と、いたずらな気持ちを持ってみようよという想いが感じられるフレーズです。

この歌詞の結論

生きたいように生きてみよう

この歌詞の結論としてだと生きたいように生きてみようというメッセージである言えるでしょう。

その理由は三つです。

・一目惚れ、本気の恋にドキドキしてみようという歌詞が至る所に散りばめられている。

いたずらっぽく生きているひとは美しい、そんな人に人は惹かれる。

・この世界の矛盾を変えられるヒロインは、私たちリスナーである。

created by Rinker

以上がESCAPADEの歌詞考察です。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

「ESCAPADE」歌詞の至るところにいたずらな遊び心が散りばめられた一曲でした。

これからのOfficial髭男dismの活躍ますます楽しみですね。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!