最新情報を知りたい方はこちら!!

Editorial【Official髭男dism】歌詞の意味を考察!髭男の歌詞の答えとも言える一曲!

今回は、Official髭男dismさんの新曲、「Editorial」の歌詞を考察していきます!

Newアルバム「Editrial」8月18日リリース!!

2019年10月にリリースされたOfficial髭男dismの1stアルバムである「Traveler」から約1年10ヶ月ぶりのメジャー2枚目のアルバム「Editrial」がリリースされました!

このアルバムには、2020年2月にリリースされたTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌の「I LOVE…」以降、「HELLO」、「Laughter」、「Universe」、TVアニメ『東京リベンジャーズ』オープニング主題歌「Cry Baby」までのシングル曲ほか全14曲を収録しています。

今回のアルバムの収録曲はボーカル藤原以外のメンバーが作詞、作曲を手掛けた曲も複数あり、良い意味で髭男らしくない曲が楽しめるのではないでしょうか!

Editrial タイトルの意味は?

今回のアルバムのタイトルでもあり、収録曲のタイトルにもなっているEditrialという言葉、一体どのような意味なのでしょうか?

Editorialは、「編集者」という意味の「Editor」から派生して、「編集者の」という意味です。

ここでの「編集」とは、髭男がこれまで作ってきた曲、そして今回のアルバムのことを指しているのではないでしょうか?

また「編集者の」の後に続く言葉は一体何なのでしょう?「気持ち」?「言葉」?

歌詞を読み解くと、そういったこともわかるかもしれません!

Editrial 歌詞考察

自分の気持ちと向き合わない

この曲を作詞されたのは、髭男のボーカルであり、曲の大半の作詞、作曲を担当している藤原聡さんです。

伝えたい」というのは、彼がアーティストとして歌詞にのせたい思いのことでしょう。この曲は全体を通して、彼の曲作りに対する思いやこれまでの軌跡について歌っています。

伝えたいことはあるけれど、歌詞として、言葉として書き出すことはできない感情があるのでしょう。それは彼の曲作りの原動力となっているのではないでしょうか?

探しているけれど、よそ見をしているというのは矛盾しているようですよね。

これは「伝えたい」からこそ、彼は曲を作るのですが、もしも「伝える」事ができてしまったら、曲作りの原動力を失ってしまうという意味なのではないでしょうか?

髭男のストレートで飾らない歌詞は、若い女性を中心に共感され、人気を集めています。

しかし、彼らほどの知名度ともなると、ファンも多いですが当然、アンチも一定数は湧いてきます。

彼らの歌詞も否定的に見ると、少し嘘くさいと感じるのかもしれません。しかし、髭男はそれすらも見越しているようですね笑

そういったストレートな歌詞に感じる嘘くささも彼らの曲の楽しみ方の一つだと言っているのではないでしょうか?

振り返ると、そこには…

ここでの靴下、スニーカーは彼らがアーティストとしての活動を始めてから今までの苦悩、努力、困難を表しています。

一見、バンドとしては大成功を収めている様に見える髭男ですが、彼らもインディーズ時代はやはり、たくさんの苦労をしてきたはずです。

しかし、そういった苦しみがあったからこそ、今の彼らの活躍があります。今や、日本の音楽会の頂点にいると行っても過言ではない彼らですが、そこへたどり着くためには、地上から一歩一歩進んできた過去があるのです

髭男がアーティストとして歌詞に込めて伝えたい「気持ち」

しかし、それを表現することは難しく、彼ら自身のことを歌うこの曲にもうまく書くことができません

しかし、それでいいのです。もしも伝えたい思いをすべて書いてしまったら、曲作りの原動力がなくなってしまうからです。

彼らが楽曲制作において、「歌詞」をどれだけ重要視しているのかということがよく伝わってきますね

アーティストではない一般人の多くは、「作詞」をしたことがないと思います。作詞は一部の限られた才能のある人しかできないようなイメージがありますよね?

しかし、朝日が来るような誰もが体験するようなことにも、歌詞は溢れているんです。

髭男の曲が多くの人に共感されやすいのは、そういったありふれた日常から歌詞を切り取っているからなのではないでしょうか?

「あなたにも受け取って欲しくて」という歌詞から、髭男がわたしたちリスナーのことをよく考えて歌詞を書いていることが読み取れますね。

さいごに

今回は、Official髭男dismのEditrialの歌詞を考察していきました!

Editrial、つまり、楽曲制作者として彼らがどのような思いで歌詞を書いているのかがよく分かる曲でしたね!

Official髭男dismというバンドそのものを題材にしたこの楽曲は良い意味で彼ららしくない一曲だったと思います。

彼らが本当に伝えたいこととは一体何なのでしょうか?

これからのOfficial髭男dismの活躍に期待です!