最新情報を知りたい方はこちら!!

ドーパミント!【東京事変】歌詞の意味を考察!スリリングでクールな快楽を堪能する!

Array

今回は2010年7月28日にリリースされたデジタルシングル「ドーパミント!」の歌詞考察をしていきます。

グリコ「ウォータリングキスミント」のCMソングとなった「ドーパミント!」は、ヴォーカルの林檎さんが作詞を、キーボードの伊澤一葉さんが作曲を手掛けました。

では早速歌詞の考察を始めていきましょう!

ドーパミント! 歌詞考察

衝動は抑えず抑えられずキケン

BPM119 釣合(つりあ)え心(しん)ノ臓(ぞう)
先天性加虐趣味(サディスティック)な君へ
THE BEAT GOES ON

キケン

歌詞の登場人物は主人公と「君」の二人です。

先ず、冒頭に「BPM119」とありますが、この「BPM」とは曲のテンポのことで、”Beat Per Minute”の略です。つまり一分間に何拍あるか、ということです。

心(しん)ノ臓(ぞう)」は心臓のことですが、心拍数がこの「BPM119」と同じテンポであってくれ、つまり、あまり早く脈打ってくれるな、と願っています。

ちなみに、本楽曲のBPMは歌詞に合わせ119になっているのは非常に粋で、事変ならではの拘りと言えるでしょう。

次に、「君」についての描写が「先天性加虐趣味(サディスティック)」とあり、漢字部分を見れば一目瞭然の性癖を持っているのがわかります。

そんな「君」に向けて「THE BEAT GOES ON」とあり、この「BEAT」は様々な意味があります。

心臓の鼓動や脈拍のほかに、音楽の拍子やロックなどの強いリズムという意味も持ち合わせており、本楽曲では心臓と音楽の「BEAT」の両方を指していると思われます。

つまり、心臓の鼓動も打ち続けていますが、音楽のビートも続いているのです。

そして「キケン」とあり、これから何かが始まろうとしている緊張感のようなものが漂っている感じがしますね。

婀娜(あだ)めきたいお年頃は厄介
不可解(ふかかい)噫どうにもこうにも
我慢できない生心(なまごころ)に万歳
離陸態勢(TAKE A TRIP) 5 4 3 2 1 GO

ここでの冒頭「婀娜(あだ)」ですが、広辞苑によると、色っぽくなまめかしいさま。洗練されて粋なさま。とあります。

色っぽくありたいという年頃、であると同時に、洗練され粋でありたい、つまりはカッコよくありたいと思う年頃の主人公。

次に「生心(なまごころ)」とありますが、広辞苑によると、未熟な心。いろけ。といった意味があります。

前出の「婀娜(あだ)」という言葉も踏まえ、ここではいろけということでしょうね。

主人公の色っぽくありたいという気持ちを抑えることが出来ず、「厄介」ではあり「不可解(ふかかい)」であるけれども、「万歳(ばんざい)」とあるので、敢えてその気持ちを抑えることはせず、受け入れているようです。

そして「離陸態勢(TAKE A TRIP)」という意味深な歌詞が続いています。

TRIP」にはだけではなく、薬物によるトリップや刺激的な体験といった意味も持ち合わせているので、主人公は衝動を抑えることなく、「君」との性行為に及ぼうとしていることがほのめかされていると言えるでしょう。

また同時に中毒性のある音楽に身を任せたいという衝動をも描いているように思えます。

止まんない大放射ドーパミン
とっても立って居られないよ
この罪作り!
抑えらんないもん
CAN’T STOP THE BEAT
抗えなくて恨めしいよ
骨抜きにして

世界は其方退(そっちの)け

このサビ部分でタイトルの一部「ドーパミン」が出てきます。

「ドーパミン」とは、広辞苑でノルアドレナリンの前駆体、中枢神経系で神経伝達物質としても働く。等と定義されています。

またWikipediaによると運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる、とあります。

性的なものであれ音楽であれ、主人公は快感を覚えており、「とっても立って居られない」「抑えらんない」と、「抗えな」い状態にいます。

そして、「CAN’T STOP THE BEAT」とあり、心臓の鼓動も鳴り続け、音楽のビートも止めることは出来ないでいます。

更に「骨抜きにして」とその衝動に全面降伏している様が見て取れます。

1番サビラストではこの衝動以外の「世界」など、もうどうでも良い、といった気持ちになっているようですね。

衝動に抗わず抗えずヤバイ

BPM238 競合(せりあ)え全煩悩(ぜんぼんのう)
後天性被虐趣味(マゾヒスティック)な君へ
THE HEAT’S GOIN’ ON

ヤバイ

この2番冒頭では、「BPM238」と数値が上がっており、音楽のテンポも心臓の鼓動も速くなっていることがわかります

1番と異なり、主人公はその衝動を抑えようとはせずに、「全煩悩(ぜんぼんのう)」とビートの速さとを競わせようとしています。

もうこの段階では衝動に突き動かされるままになっている状態でしょうか。

次に「後天性被虐趣味(マゾヒスティック)」とあり、1番の「先天性加虐趣味(サディスティック)」と対比させています。

更に、「THE HEAT’S GOIN’ ON」とあり、1番の「BEAT」と「HEAT」がをふんでおり、「キケン」が「ヤバイ」に変わっており、巧みな言葉遊びが見られます。

蹌踉(よろ)めきたい花心は満開
死なない噫何でも彼(かん)でも
O.A.できない私語(ささめごと)に惨敗
衣類没収(START TO STRIP) 5 4 3 2 1 GO

蹌踉(よろ)めき」は、足元がよろよろとする意味だけでなく誘惑にのる、うわきする、といった意味も広辞苑にあります。

次に「花心」とありますが、こちらもうわきごころ、という意味があります。

これらを踏まえると、主人公にとって「君」との関係は普通の恋人の関係ではなく、浮気相手ということのようです。

そして、「私語(ささめごと)」ですが、広辞苑によるとひそひそ話。多く男女間の睦言などとあります。

O.A.されない私語(ささめごと)」とは、テレビなどの放送に乗せられないような男女間で交わされる官能的な言葉ということで、主人公はそういった言葉に完全にノックアウトされ、「衣類没収(START TO STRIP)」状態になります。

STRIPは裸になる、という意味で、衣服を脱ぎ始める訳です。「衣類没収」は上手い言葉遊びとなっています。

病付きでメロメロ

焦れったい過飽和ドーパミン
とっても待って居られないよ
この生殺し!
控えらんないもん
DON’T STOP THE BEAT
溜込んだって厭らしいよ
病付きにして

ここからは衝動に身を任せている主人公の艶めかしさが描かれています。

「焦れったい」「待って居られない」「生殺し」などのフレーズが羅列され、衝動を自身でコントロールできずにいる主人公がいます。

そして「DON’T STOP THE BEAT」とあり、心臓の鼓動も音楽のビートも止めないで欲しいと思っています。

そして「病付きにして」とあり、その衝動を完全に抑えることもコントロールしようとすることも手放し、身を任せている状態がわかります。

堪んない、最高さドーパミン
溶け出しちゃって気持好いよ
この悪い人!
したい放題
幸か不幸か
もう駄目崩壊寸止め爽快
メロメロにして

世界が真(ま)っ白(しろ)け

ラストサビですが、さらにヒートアップしているのが見て取れます。

「堪んない」「最高さ」「気持ち好いよ」とあり、快楽にどっぷりと浸っている様子がわかりますね。

「もう駄目崩壊寸止め爽快」「メロメロにして」からのラスト「世界が真(ま)っ白(しろ)け」といったフレーズから、主人公が快楽の頂点に到達したのがわかります。

非常に赤裸々な言葉とフレーズのオンパレードで官能的な世界が表されていますね

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

本楽曲「ドーパミント!」は、快楽をも司る化学物質の「ドーパミン」とCMの商品の「ミント」を合わせた造語となっています。

JAZZテイスト全開のメロディやアレンジとも相まって、スリリングで官能的な雰囲気をキープしつつも、大人っぽくCOOL(=カッコいい)な印象をも醸し出され、性的な快楽だけでなく音楽という快楽をも同時に表現することに成功していると言えるでしょう。

快楽の衝動からその行為までが巧みな言葉遊びで表現された歌詞とCOOLなJAZZサウンドが上手く溶けて、聴く度に「病付き」になる快楽を与えてくれる「ドーパミント!」。

本楽曲を手掛けた東京事変の今後の曲にも是非注目したいですね!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!