最新情報を知りたい方はこちら!!

Diary【SEKAI NO OWARI】歌詞の意味を考察!未来日記に書かれた二人の物語を描く

Array

今回は、12月14日に先行配信されるSEKAI NO OWARIの新曲「Diary」の歌詞を考察したいと思います。

同じく12月14日にNetflixにて全世界同時独占配信される『未来日記』の主題歌として書き下ろされたこの楽曲には、どんな想いが込められているのでしょうか?

SEKAI NO OWARIメンバーのコメントや、『未来日記』についても合わせてご紹介します。

Netflixシリーズ『未来日記』

約20年前のTBSバラエティ番組から生まれ、映画・アニメ化やゲーム化もされた人気恋愛リアリティ番組。

TBSとNetflixがタッグを組み制作される今回のリブート版は、12月14日に全世界同時配信されます。

未来日記 内容

未来日記は「これから起こることが書かれている不思議な愛の日記」。

全く知らない男女へ日記が届けられ、そこには2人が恋に落ちていく未来が書かれている。

信じられないような出会い、感動的な愛の告白など、非日常的でドラマチックな体験をしていく中で、男女は恋に落ちていくのか?

そして最後の日記には「永遠の別れ」が書いてあり、未来日記で出会った2人は、未来日記で別れることが決まっている。

TBS公式HPより引用

今回放送される番組のMCはDAIGOさん。

スタジオで二人の恋の行方を見守る出演者は、佐藤大樹 さん(EXILE /FANTASTICS from EXILE TRIBE)、サーヤさん(ラランド)、鷲見玲奈さん、夏菜さんに決定しました。

20年近く前に考案された企画でありながら、今なお注目される伝説の番組。

過去の主題歌である「TSUNAMI」や「桜坂」などがミリオンヒットを飛ばすなど、社会現象にまでなった『未来日記』が、今回はどんな伝説を見せてくれるのか楽しみです!

SEKAI NO OWARI コメント

作詞を担当したSaoriさんのインタビューコメントをご紹介します。

最初にもらった資料に「最後はどうなるかわかりません」と書いてあって、どこを最終的な歌詞の結論にしたら良いのかな? って。

なかなか歌詞が決まらなくて、最初の四文字が「それまで」っていうのがはまって、そこから一気に書けました。

書き出しが気に入っています。

初めて真正面からラブソングを作ったなって思います。

ぜひ真正面から聞いてください。よろしくお願いします!

真正面からのラブソング、どんな結末になっているのか楽しみですね。

今回の楽曲「Diary」は、2022年第一弾のシングルとして2月9日に発売される予定で、先行リリースとして番組に合わせ、12月14日に配信されます。

Diary 歌詞考察

それまで1人の物語だった
突然君が現れるまでは
ページめくった先で君と巡り合った
見開きで恋をした
それから2人の物語だった
突然日々が特別になった
1ページめくるたびに
胸が騒がしくて
思わず栞で閉じた
会えない時に進んでいた
物語の終わりはどこへゆくの

Saoriさんのコメントでもあるように、「それまで」というワードから一気に書けたという本楽曲。

未来日記の物語に合わせて展開していきます。

冒頭の歌詞では、君との出会いによって広がった主人公の世界が描かれていますね。

未来日記のページをめくり、君と出会うまでは一人の物語だったDiary。

ページの「見開き」という単語で、見える世界が広がって楽しくなったことが表現されています。

しかし、幸せ日々が永遠に続いてくれるわけではありません。

番組で渡される未来日記には最後の別れまで書いてあるのです。

君との特別な日々を過ごしていく内に、どんどんめくられ少なくなっていく残りのページ。

恋の終わりを考えてしまい、そっとページを閉じます。

『未来日記』の番組には、収録時以外出演者は一切会わないというルールが存在します。

「会えない時に進んでいた」という歌詞は、収録以外の時間も相手のことを考えてしまう主人公の姿を書いているのでしょう。

別れは未来日記よって予め決まっていますが、歌詞では「物語の終わりはどこへゆくの」と、終わりが分かっていないようです。

これは、相手との楽しい時間を終わらせたくない、ずっと一緒に居たいという主人公の心を表しているのではないでしょうか?

未来日記によって出会った二人に、本当の恋が芽生えていることが分かります。

恋をしてた
それなのに好きだと
言えなかった夜があった
君と手を繋いで
ページを駆け抜けて
読み返せば煌めいてた
君に会えた
それだけで涙が
溢れてしまう夜もあった
言の葉を紡いで
運命蹴飛ばして
やっと会えた1ページが始まる

恋をしてた それなのに好きだと 言えなかった夜があった」

この一文も『未来日記』の内容をしっかりと反映しています。

出演者に渡される未来日記には、「こんなシチュエーションになった場合は、こう対応してください」のように出演者への指示が書かれています。

日記を渡された出演者は、たとえ自分の本心と書いてある内容が違っていても、日記の指示通りに行動しなければならないのです。

この歌詞には、本当は好意を持っているのに、日記の指示によって想いを伝えられなかった主人公のもどかしい気持ちが込められているように感じました。

もどかしさを感じながらも、君と過ごすかけがえのない日々。

「ページを駆け抜けて」「読み返せば」と日記の要素が散りばめられた素敵な歌詞ですね。

こんな素敵な歌詞を一気に書けてしまうSaoriさんの作詞センスに脱帽です。

君に出会えた奇跡に感謝し、思い出して涙してしまう夜もありました。

日記に書かれた運命を蹴飛ばし、自分の言葉で想いをぶつけたいという主人公の願いが歌われていますね。

主人公の君に対する強い想いが伝わってきます。

「さよなら」だと言いながらキスして
離れられない夜もあった
後書きなんて必要ないから
長い長い物語に(wow)
恋をしてたそれなのに
好きだといえなかった夜があった
君と手を繋いでページを駆け抜けて
読み返せば煌めいてた
君に会えたそれだけで
涙が溢れるくらい恋をしてた
本当は分かってるどんなラストでも
君に会えたそれだけで僕は

別れを惜しんで離れられない二人。

日記に書かれた永遠の別れを予感させる少し切ない部分です。

未来日記で出会い、未来日記で終わる恋物語。

君と手をつないで駆け抜けたページは、かけがえのない日々として心に刻まれています。

「本当は分かってる」という歌詞は、前半部分の問いに対する答えですね。

冒頭では、「物語の終わりはどこへゆくの」と尋ねていた主人公ですが、残りのページが少なくなるに連れて、恋の終わりが鮮明にイメージされます。

たとえどんなラストを迎えたとしても「君に会えたそれだけで僕は」。

ラストの言葉を描かず、聴き手に想像させる歌詞も物語の続きをイメージさせる素敵な演出です。

主人公は、君と駆け抜けた煌めく大切な日々を心に刻み、自分の物語を歩いていくのでしょう。

ただ別れを描くのではなく、その恋を胸に再び進み出す主人公の姿に勇気をもらえる楽曲でした。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

『未来日記』の放送が楽しみですね。

SEKAI NO OWARIの今後の活躍からも目が離せません!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!