最新情報を知りたい方はこちら!!

コーヒーとシロップ【Official髭男dism】の歌詞を考察!究極的に社会人に刺さるサラリーマンソング!

Array

今回はOfficial髭男dismの『コーヒーとシロップ』の歌詞について考察していきます!

本楽曲はボーカル・藤原聡さんの2年間にわたるサラリーマン生活の実体験に基づいたもの。

社会人の大変さや、やるせなさがとてもリアルで、励まされる人が多い楽曲なのです。

「コーヒー」は苦味、「シロップ」は甘味。社会生活の辛酸を描いています。

サラリーマンが眠気覚ましに飲む「コーヒー」をモチーフにした巧みなセンスが光るタイトルですね。

働く皆さんに読んでほしい歌詞。一体どのような歌詞なのでしょうか?

『コーヒーとシロップ』歌詞考察

嫌なことがあった夜には

「今会いたいな。嫌なことあったから」
そう言って僕は真夜中 君を起こした
寒い夜だった ため息は白くなった
カップに注いだコーヒーは憂いを映した

恋人を思い出す主人公。会社であった「嫌なこと」を思い出して、癒しを求めるべく恋人に会いたい気持ちが高まっています。

社会生活のなかで生じた理不尽・不条理。行き場のない気持ちをどうしても誰かに分かってほしい強い気持ちには深く共感できる部分がありますね。

”カップに注いだコーヒー”とは歌詞通り主人公の「憂い」そのものを表現しているのでしょう。

寒々しい中、嫌だった出来事を必死に飲み干そうとする主人公の姿が浮かび上がります。

「例えば」のなかへ

例えば 何十年先に偉くなれたなら
そしたら これでよかったと笑えるんだろうか?
例えば 明日僕が会社を休んだなら
そしたら 「代わりはいるさ」と笑い出すのか?

働くのが本当につらい時、「例えば」と一瞬の空想に浸ることで救われることはないでしょうか?

一種の現実逃避なのかもしれません。

「このまま十年頑張れば今が報われるのか?」
「明日休んでしまっても何事もなかったように過ぎるのか?」

今の努力が報われ、また、そこから逃げたくもある。両方の気持ちが右往左往しています。

飲み干した先に見える仄かな光

嫌なこと全部飲み干して
その場をただただやり過ごして
カップの底見つめ
ふがいなさのシロップを落として
とにかく全部飲み干して
いつかは全部吐き出して
それで笑って、歌っていられたらな

社会人は”その場をただただやり過ごして”の歌詞が痛いほど胸に刺さるのではないでしょうか?

上司に言われたことをやり、辛い仕事も文句も言わずにやりきるしかなく、弱音を吐く暇もありません。そうした苦みが「コーヒー」にたとえられています。

重要なのは”ふがいなさのシロップ”。

苦味を超えた先で味わえる喜びのことでしょう。

でも今はそれをも見ずに、ただひたすらに目の前のことに打ち込もうとする主人公。

”いつかは全部吐き出して”とは、苦い経験を糧にして「音楽を作りたい」という藤原さんの気持ちの表れと言えるのではないでしょうか?

朝を象徴するものへの気持ち

朝が嫌になった テレビも嫌になった
いつも時間に数字に 追われる毎日
不思議に思った 君は平気なんだろうか?
笑顔の裏に隠した 言葉はなんだ?

会社や学校に行く前に目にするテレビや音楽には「行きたくない」という気持ちが染みついて、敬遠しがちになるもの。そして次第に「朝」そのものも嫌いな人は多いことでしょう。

出発する時間、電車の時間、ノルマの数。いつも数字を気にする生活には憂いを感じますよね。

それを分かりやすく「嫌」と思える主人公と、「平気そう」な君。

”笑顔の裏に隠した言葉はなんだ?”の影には、我慢してばかりの現代社会への皮肉も含まれているように感じます。

虚無感がもたらすもの

例えば 何十年先に偉くなれたなら
そしたら 僕もあんな風に威張りだすんだろうか?
例えば 君が明日どこかへ逃げ出したなら
そしたら 「誰でもいいさ」と笑い出すのか?

仕事に忙殺されると「あんな風に」と現実を置き換えて考えてしまいます。

威張ってばかりの上司。
逃げ出してしまう君。

威張る上司に関しては「今頑張っても行き着く先があんな風なら…」と絶望的な気持ちに。

逃げ出す君に関しては「弱音を吐かずに笑顔で頑張る人」が報われない事への憂いの心情に。

仕事に追われることの「闇」が見え隠れする楽曲内でも最もダークな部分です。

甘さが苦さを凌ぐまで

嫌なこと全部飲み干して
その場をただただやり過ごして
すっかり甘くなって
苦さも感じなくなってしまったな
まだまだ全部飲み干して
いつかは全部吐き出して
それで笑って、歌っていられたらな

ここでは1番のサビとは異なり”すっかり甘くなって”と綴られます。

前との脈絡から単に「仕事で喜びが多くなった」というわけではないでしょう。

深読みすれば、その場をやり過ごすうちに手抜き(甘さ)も覚えてきたが、全体としてずっと忙しいから苦しさ(苦味)すらも感じなくなってきた。そういった具合でしょうか。

一抹の未来への希望を残しながらも、心を蝕まれつつ日々勤しんでいるのです。

希望を語るよりも生々しいリアリティがリスナーの心をつかみます。

取り繕って社会へ適合するサラリーマンへ

間違えたから謝るんだ それくらい簡単ならば
笑って明日を待てるのに まだ
「出来ないから」と攻められてほら
このカップのふちで僕は
今も飛び込む時をそっと待っている
堪えて堪えて高いところから吐き出す時を

間違え、ミス。それに対して謝罪をしたとしても、無かったことにはなりません。

「お前はできない奴なんだ」と罵られ、評価は下がることも多々あります。

でも謝らなければもっと怒られる。だから再び頭を下げる。社会人に根付いた悪循環。

”今も飛び込む時をそっと待っている”とは、現状を耐えて「いつか今よりも高いところへ行けるんじゃないか?」という些細な期待かも知れません。

どちらにせよ、主人公の心には何かが溢れ出してしまう寸前なのです。

「いつか」に託して

嫌なこと全部飲み干して
その場をただただやり過ごして
カップの底見つめ
ふがいなさのシロップを落として
とにかく全部飲み干して
いつかは全部吐き出して
それで笑って歌っていられたらな

この楽曲のラストにはエールもアドバイスも励ましもありません。

ただひたすら主人公が辛い社会生活を耐え抜く描写で終わります。

その震えるほどの生々しさが聴く者に共感と親近感をもたらすのではないでしょうか。

”それで笑って歌っていられたらな”という未来への願いに、すべてを託さざるを得ないのが現実。

苦々しいラストで締めくくられるのです。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

おわりに

いかがでしたか?

やわらかな曲調とは裏腹に、シビアな現実を突き付けてくる『コーヒーとシロップ』。

社会人生活に疲れ切ったあなたの癒しの一曲になりますように…!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!