最新情報を知りたい方はこちら!!

シンデレラボーイ【Saucy Dog】歌詞の意味を考察!彼氏が別れた原因とは?

人気スリーピースバンド・Saucy Dogが8月25日にリリースする5thミニアルバム「レイジーサンデー」。

収録されている新曲「シンデレラボーイ」が8月18日に先行リリースされます。

今回は、新曲「シンデレラボーイ」の歌詞を考察しようと思います。

シンデレラボーイ 歌詞考察

シンデレラボーイは、作詞・作曲を担当している石原慎也さん(Vo/Gt)が初めて女性目線で歌詞を書いた楽曲です。

切ない想いをストレートに歌い上げる歌詞で人気のSaucy Dog。

どんな想いが込められているのでしょうか?

頭じゃわかっていても
心が追いつかない
カラダは単純なのね
男なら尚更ね あぁあ

主人公の女性は、交際している男性に浮気されたようです。

頭ではいけないことだとわかっていても、男ならなおさら身体は単純で、浮気をしてしまいました。

頭じゃわかっていても 心が追いつかない」という歌詞は男性が浮気をしてしまった心理と、浮気をされたことが頭では理解できるけど、心では理解できない女性という二通りの解釈ができますね。

男性に対する軽蔑、呆れが読み取れます。

夜な夜なゆらゆらいでも
未だに君がいちばん
最低で大好きだった
なんでかな ムカつくわ。もう
忘れちゃいたいのに
ずっと傷つけられてばっかだったのに

夜中に彼氏のことを思い出す主人公。

浮気した君は、歴代の彼氏の中で最低でしたが、一番大好きでもありました。

なんでかな ムカつくわ。もう」という歌詞から続く、忘れてしまいたいけど忘れられなくて苛立っている様子が伝わってきますね。

ずっと傷つけられて最低な思い出のはずなのに、忘れ去ることができない。

主人公の未練が表現されていますね。

シンデレラボーイ 0時を回って
腕の中であたしを泣かせないで
気づかないふりをしてそのまま
つけるタバコが大嫌い

0時になると魔法が解けていなくなるシンデレラですが、シンデレラボーイは消えてなくなりはしません。

忘れようとしているのに身体を許してしまった主人公が後悔で泣いているのに、気づかないふりをしてタバコを吸う彼氏。

身体の関係だけの都合のいい女で、大切に思われていないことが分かりますね。

気づかないふりをする男性ではなくタバコに大嫌いと責任を押し付けていることからも、ひどい扱いをされても嫌いになれない主人公の想いを読み取ることができます。

濡れたままのバスタオル
浴室にかけた8時
散らかった部屋にはひとり
またカラダ許してしまったな

用事が済むとすぐに帰ってしまう男性。

朝、散らかった部屋にひとりぽつんと立って、身体を許してしまったことを後悔します。

「また」という言葉から、こんな関係がずっと続いていることが分かりますね。

あなたがいなくなっても
あたしは平気そうです
連絡はたまにするね
意地悪くらいさせてよね

男性のことを忘れたい主人公の強がりが歌われています。

どっちつかずの関係に終止符を打ち、新たな一歩を踏み出そうとしているのでしょうか?

連絡はたまにするね 意地悪くらいさせてよね」という歌詞から、やはり忘れ去ることできず、それを相手に対しての意地悪だと理由をつけていることが分かります。

嘘くらいせめてちゃんと
次は上手につかなきゃね

浮気した男性に対する言葉でしょうか?

浮気を隠すための嘘くらい、次はばれないようにちゃんとしなよという忠告でしょう。

男性に彼女がいるとすると、次は自分が浮気相手になっていると考えることもできます。

あなたがいなくても平気と強がった主人公自身に対しての言葉として捉えることもできますね。

あたしの前だけで弱さを見せて
無邪気な顔で呼んでみて
あなたの瞳 独占させて
誰も見ないでいて欲しかっただけ

主人公の思いが歌われていますね。

自分の前でだけ弱さをさらけ出して、独占したかった彼女。

束縛が激しい彼女だったのかもしれませんね。

死んで

忘れられたくても忘れられない彼を、考えないようにするには物理的にあえなくしてしまう他ありません。

主人公のダークな考え方が表現されています。

もしかすると彼氏は独占欲が強く束縛が激しい、病んでる系の彼女が嫌で他の人に乗り換えたのかもしれませんね。

好きって言わんでよ 愛しても無いのに
瞳の奥、あたしを捕まえて
気づかないふりをしてそのまま
騙されてあげていたの

主人公の開き直りのような思いが歌われています。

男性にわざと騙されてあげていたと理由をこじつけているように聞こえますね。

今後二人は関係を断ち切ることはできるのでしょうか?

続きが気になる曲ですね。

さいごに

いかがでしたか?

最初は可愛そうな女性に感じましたが、歌詞が進むとだんだんダークな一面が歌われていましたね。

石原さんにとって初めての女性目線歌詞、MVの公開も楽しみです!