最新情報を知りたい方はこちら!!

クリスマスイブ【優里】歌詞の意味を考察!忘れられない思い出を胸に君を待ち続ける主人公の運命は?

Array

今回は、人気シンガーソングライター・優里さんが11月27日にリリースする新曲「クリスマスイブ」の歌詞を考察していきたいと思います。

自身初のクリスマスソングとなる「クリスマスイブ」は、“色褪せない想いと色褪せた景色”が交錯する一曲に仕上がっているそうです。

どんなストーリーが歌われているのか楽しみですね!

また、リリース翌日の28日には『CDTVライブ!ライブ!』2時間スペシャルに出演し、この楽曲がテレビ初披露されます。

クリスマスイブ 歌詞考察

愛が揺れていた キャンドルみたいに
いつの間にか溶けてなくなっていた
12月24日 会えないままで
このまま僕ら終わるのかな

もしも君が僕を思い出してくれてたら
あの場所に居るんじゃないかって
待っていたよ

この楽曲では、別れてしまった恋人を想う切ない主人公の姿が表現されています。

冒頭で歌われるキャンドルみたいに揺れて、いつの間にか溶けてしまった愛は、二人の恋愛の終わり方を暗示していますね。

きっぱり別れ話をしたわけではなく、すれ違いが続く中で気づいたら遠い存在になっていた君。

“12月24日 会えないままで このまま僕ら終わるのかな” という歌詞から、主人公が君を忘れられずにいることが伺えますね。

聖夜の奇跡で君が現れるかもしれないと、二人の思い出の場所で君を待ち続ける主人公。

恋人たちで溢れかえるクリスマスイブに、ポツンと一人で待ち続ける切ない主人公の姿が浮かんできますね。

君が居る街に 僕も居るのにな
プレゼントを渡すには馬鹿みたいに遠い
君に贈りたい 言葉も気持ちも
届くはずのないクリスマスイブ

飾り付けるように 思い出 光らせた
捨てられない物が 多すぎるなぁ

同じ街に住んでいるはずなのに、二人の距離はあまりにも遠い。

去年のようにプレゼントを渡せる関係では無くなってしまいました。

君に贈りたい言葉や気持ちは数え切れないほどあるのに、そのプレゼントが君に届くことはありません。

“飾り付けるように 思い出 光らせた”

イルミネーションのようにキラキラと輝く君との思い出を振り返る主人公。

主人公の悲しみが伝わってきて胸が締め付けられます。

もしも何もかもが巻き戻せるとしたら
色褪せてしまった僕ら
見つけたいよ

君が居る街に 僕も居るのにな
サプライズだって 目の前に現れてよ
君に贈りたい言葉も気持ちも
飾り付けられない クリスマスツリー

繰り返されるすれ違いの中で、だんだんと気持ちが離れてしまった二人。

クリスマスで光り輝く街とかけて、冷めていく関係を「色褪せる」と表現している素敵な歌詞ですね。

もしも巻き戻せるのなら、色褪せる前に輝きを取り戻したい、そんな叶わぬ願いが歌われています。

ずっと一人で待ち続ける主人公ですが、君がサプライズで現れるなんて奇跡は起こりません。

時計の針が 0時に近づくほど心が揺れる
もう帰りたい 恥ずかしいくらい
今も好きだってこと それだけだよ

君が居る街に 僕も居るのにな
傘のした 一人 雪を見つめていたよ
君に贈りたい 言葉も気持ちも
届くはずのないクリスマスイブ

0時が近づくにつれ人通りも少なくなりますが、一縷の望みをかけ、主人公は待ち続けます。

結局、いつまで経っても君は現れなかったのでしょう。

イルミネーションも消えた街にしんしんと降る雪を一人眺めている姿が浮かびます。

色褪せてしまった君との関係を悔やみ、来るはずのない君を待ち続ける主人公の気持ちが歌われた切ない楽曲でした。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

優里さん初のクリスマスソングは、主人公の切なさが伝わってくる失恋ソングでした。

これからの活躍にも注目です!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!