最新情報を知りたい方はこちら!!

ブルーベリー・ナイツ【マカロニえんぴつ】歌詞の意味を考察!心の寂しさを体で埋める関係性

ブルーベリー・ナイツ」は「マカえん」の愛称で親しまれているマカロニえんぴつ、4thミニアルバム「LiKE」(2019年2月リリース)のリード曲。

2ndアルバム「hope」(2020年4月リリース)にも収録されています。

ボーカル&ギターのはっとりさんが作詞・作曲。

井樫彩監督によるMVでは、男性2人に女性1人という友だち同士の三角関係が描かれています。

ブルーベリー色の薄暗い夜、はっとりさんの花火越しのキスシーンも話題になりました。

歌詞の主人公は女性

男性のはっとりさんが元彼女をイメージして作ったそうです。

このリアルなエピソードやMVを踏まえ、歌詞の意味を考察します。

ブルーベリー・ナイツ 歌詞考察!

「ブルーベリー・ナイツ」の意味

傷つかないための気付かないふりばかりだ
信じることは悲しいこと
夜の幻 さよなら25時
忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから
姑息で孤独なあなたが嫌いで、でも好きで
そんな自分も好きだった

韻を踏みながら、矛盾する女性の内面が描かれています。

せっかく恋愛関係にあっても、お互いが同じ熱量で愛し合っているとは限りません。

日付をまたいだ深夜1時、約束を破り、やってこなかった彼氏と別れる決意したのでしょう。

信じても、うらぎられてばかり。

心のさびしさを身体で埋める悲しい間柄です。

それでも嫌い、好きという矛盾した感情が交錯しています。

別れると決めても、なかなか別れられないのかもしれません。

合鍵は返してね
愛がないならもう会えないよ

彼氏に渡した合鍵を返してもらえば、きっぱり別れたことになります。

それでも本当はいつまでも合鍵を持っていてもらいたい。

愛があるならいつでも会いたい、そんな本音の裏返しのようにも聞こえます。

こうした駆け引きを何度も繰り返している恐れもあるでしょう。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

女性の本音が爆発するサビです。

普通に愛し合っている時期もあったかもしれませんが、彼氏はもう彼女のことを愛していません

他に好きな人ができたのか、単純に彼女への思いがなくなってしまったのか…。

それでも女性は彼氏にすがりついています。

しかも自分をブルーベリーになぞらえ「食べて」とねだる始末。

だから彼氏の心が離れたのでは?と心配になるほど、メンタルが弱い状態ですね。

これこそが「ブルーベリー・ナイツ」。

英語の綴りは異なりますが「とてもブルー(憂鬱)な夜」とも解釈できます。

おまけに複数形なので、女性は夜な夜な彼氏にすがっているのでしょう。

自暴自棄になっている

恋の幻 さよなら25時
信じることは悲しいこと

恋愛だけでなく、あらゆる人間関係は信頼のうえに成り立つものです。

何らかの目標を達成するために、必ずできると自分を信じることも大切。

ところが裏切られてばかりだと、惨めな気持ちになるのも無理はありません。

本当はどん底状態のときこそ、ポジティブに前を向けるかどうかがポイントです。

しかし女性は深夜1時の彼氏の裏切りに別れを告げながらも、「信じた自分がバカだった」といわんばかりにネガティブに浸りきっています。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
残って離れてくれない匂いが
愛おしくて、許せないの
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

彼氏は彼女のもとにやってこなかった。

それはまぎれもない事実です。

姿を現さず、心も離れています。

女性は現実を直視しながらも、彼氏への未練が断ち切れず、泣きわめいています。

その原因は彼氏の残り香でした。

女性の部屋に彼氏の服が置いてあったのかもしれません。

ベッドのシーツやカバーからほのかな香りが漂い、彼女の眠りを邪魔する様子も想像できます。

1番では、本当は運命の相手であってほしかった彼氏に向かって「食べて」と懇願していました

残念ながら2番では、「相手は誰でもいい」と自暴自棄になっています。

本当は運命の相手と出会いたい

おとぎ話にすらならないね
錆びた踊り場で回る
神様たちは 他人のままだ

あまりにも生々しい現実すぎて、空想話や昔話みたいに昇華できないと嘆いています。

女性が自暴自棄になったところで、救世主のような新たな男性たちには相手にされず、堂々巡りだったのではないでしょうか。

彼氏に振られた失恋状態、なおかつ未練が残りまくり。

その裏返しで「誰でもいい」心境に陥っているだけです。

もし神様がたくさん存在したとしても、恋愛がすべてかのような不安定な泥沼から抜け出さない限り、誰とも信頼関係を築くことは難しいでしょう。

覚めないで 夢なら
忘れたいの 本当なら
行かないで 棄てないで
もう縋ったって遅いかな

失恋を受け止めきれない錯乱した状態から、ほんの少しだけ前を向く気配が見えました。

それは「忘れたい」と「遅いかな」の2か所。

心が離れた元彼なんて、とっとと忘れるに限ります。

人間はネガティブな経験を忘れることで、健全なメンタルを保つ生き物です。

完全に忘れることはできなくても、何度も頭の中で反芻するような執着を捨てることがポイント。

さんざん「もう遅い」とわめいた果てに、やっと「本当に遅い」と腑に落ち始めたのでしょう。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

最後まですがり、自暴自棄になっているようですが、とにかくネガティブな内面を吐露しまくりました。

ようやくバカらしいことをしたと気づき始めた頃でしょう。

「誰でもいい」なんて言っていたら、もっと自分を傷つけることになります。

それがわかっているから、「潰して」という表現になってしまったはず。

自分を大切にしていれば、裏返しの駆け引きは必要ありません。

いつか「信じることは楽しいこと」と心から実感できるようになるでしょう。

新たな運命の相手と出会えるといいですね。

さいごに

この歌を作るきっかけとなった、はっとりさんの元彼女はウォン・カーウァイ監督の香港映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」(2007~2008年公開)が好きだったそうです。

ジャズ歌手ノラ・ジョーンズ主演、ジュード・ロウやナタリー・ポートマンも出演しています。

彼氏に別れを切り出され、失恋。

未練が残るまま、新しい恋の予感もありつつ、自分探しの旅に出る女性の物語です。

オマージュした映画と照らし合わせると、「ブルーベリー・ナイツ」の彼女も自分らしさを取り戻そうとしているのでしょう。

仕事や大事なことに夢中になっているときのほうが、他人からは魅力的に見えることもあります。

恋愛を忘れているくらいのほうがモテたりもするので、失恋したときは自分を見直すと良さそうですね。

果物つながりで、マカロニえんぴつ「レモンパイ」と比較して聴いてみるのもおもしろいでしょう。