最新情報を知りたい方はこちら!!

Blizzard【Mrs.GREEN APPLE】歌詞の意味を考察!自由に並べた言葉に見え隠れする深い愛のストーリー

Array

Mrs.GREEN APPLEが2023年7月5日に5枚目のアルバムとして「ANTENNA」をリリース!4年ぶりのフルアルバムとしてファンを中心に注目を集めています。

今回はアルバム収録曲「Blizzard」の歌詞について考察してみたいと思います!

Mrs.GREEN APPLEそれぞれのお洒落

2013年に結成され、現在大森元貴さん若井滉斗さん藤澤涼架さんの3人体制で活動されているロックバンドです。

ミセスの愛称で親しまれ2020年フェーズ1完結を宣言。約2年の活動休止期間を経て2022年新しいロゴマークと共にフェーズ2開幕の宣言。活動再開となりました。

大きく変化したのはMrs.GREEN APPLEの見た目ともいえるでしょう。フェーズ2宣言後のミセスの雰囲気は華やかな傾向がみられ、メンバーの持つ雰囲気は中性さが際立っている印象です。

最初はSNSでも戸惑いの声がありましたが活動再開から1年が経過した2023年7月現在、私としてもMrs.GREEN APPLEを彩る素敵なものの一つではないかと感じています!

大森元貴さんにとってのお洒落はモチベーションを上げる為のスイッチ、若井滉斗さんにとってはその日の気分を表現できるもの、藤澤涼架さんにとってはやる気のスイッチに似た感覚だそうです。

メンバーそれぞれが少しずつ感覚が違うものの、着飾る事に関して前向きに自分を表すものとして捉えているのは共通しているようです。

楽曲 Blizzards

2023年7月5日にリリースされたアルバム「ANTENNA」に収録された楽曲。

何と歌詞の制作時間は5分だそうです!大森元貴さんの感性・才能に脱帽のエピソードですね。

春&夏旅 SALEプラン満載!

Blizzard 歌詞考察

朝が来て 夜が過ぎて
鳴いた虫のエモーショナル
湿った天気 心を持って行かれて
Mmm… 針が怖くて dreamin’

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

1日が終わって聞こえる虫の音に情緒を感じる夜。蒸し暑い夜に寝返りを繰り返しながら寝付けない光景がイメージ出来ました。

針が怖くてとは時間が過ぎるのが怖いという意味が込められているのではと考えました。

悩んでいる時、立ち止まっている時、うまくいかない時ほど時間が過ぎる事に恐怖感をおぼえる方は多いかもしれませんね。

寝付けない夜は余計にそういう不安に押しつぶされそうになるから、無理にでも目をつぶって夢を見るのでしょう。

ポップロックも惹かれたフレーズも
あの日のイントロダクション
覚えた寄り道の美学も
無駄ではないモーション
Mmm… 悪い日でも無い

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

心に響いた音楽はあの日の為のイントロだったと、少し前の過去を振り返っているのでしょうか。

寄り道とは人生におけるいい意味の無駄。

ちょっと遠回りして色々な経験を積むことは、むしろ人生プラスになっていくんだという思いを歌っているのではないでしょうか。

私はふと、Mrs.GREEN APPLEの活動休止を指しているとも考えられるのではと思いました。

人生意味の無い事なんてなくて、そこに結果があるなら無駄ではないエモーション、行動や選択だというメッセージともとれますね。

あぁ、気づいてない
私の愛 裸足の舞
両眼で見てて ねぇ

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

片思いの切なさでしょうか。

裸足の舞とは自分自身を偽りなくさらけ出しているという意味だと考えられます。

こんなにも好きで、こんなにも素の私をさらけ出しているのだから、ちゃんと見て欲しいという事でしょうか。

街に夏が来た 傷は痛む
鳴いた無数のエモーショナルと
アップダウン 乗り換えは無い
僕の側に居た神は居ない
不眠 転べないファンタジー
いつから腐った? 夜空は静か
ニュートラル of the 条理
真冬のサンタ 幸せのワンダー
待って 行かないで
枯れた花はどこへ行く
僕の心はもうBlizzard

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

夏がきて、忘れかけていた心の傷がうずく。

鳴いた無数のエモーショナルとはセミの鳴き声かなと思います。セミの鳴き声は夏を感じると共に無条件で子供の頃の夏を思い出すのは私だけでしょうか。

子供の頃の夏はとても特別な時間。そんな時間を思い出す事で深い情緒を感じるのではないでしょうか。それに伴う感情の浮き沈み。

乗り換えは無いので、「このまま」でいるしかないのです。

僕の側に居た神=なんでも出来そうだったあの頃の事を表現、そしてもう居ないと続くので今はそんな無茶や突っ走る事は出来ないな、という事でしょうか。

不眠が続き夢すら見れない嘆き。いつからこうなってしまったのだろう…大人で居なければならないという精神の不安定さを感じますね。

ニュートラルとは中立や中間という意味がありますから、条理の中間。

真冬のサンタや喜びのワンダー、一見不可解なようで条理の成り立つギリギリのものという意味でしょうか。

枯れた花とは大事にしてきた恋だったり大切にしてきた価値観だったり、その人にとって手放したくなかったものでしょうか。

いつしか想いも夢も変化したり手放しざるを得ない時が来ます。

それらに、待って行かないでと手を伸ばしたけれど届く事は無く主人公の心は凍りついてしまっている状態と考察できますね。

絵の具の色で汚れた部屋で
項垂れてるボーッと
欠けたピースを探すふりして
模るコピー
虚しいメロディー
哀れにも私

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

絵の具とは様々な思考だと捉える事が出来ますし、今回のアルバム「ANTENNA」のジャケットを連想する事もできますね。

考える事に疲れ、うつむいている「私」。足りなくなったピースを探しているフリをしているけれど手に取るもの全て誰かの真似事。

その虚しさは、皮肉にも私自身とぴったり重なってしまう。

連続して震える手と手
深海へ還ろうよ
遺した 結晶は灰だ いつも
先人からのご褒美も
触れる その身はずっと
昔からの飛んできた宝石

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

連続して震える手と手は不安定な精神状態を表しているのでしょうか。

深海へ還ろうよは生命の起源へ還ろう、つまり全てを手放し無になりたいという意味だと捉える事も出来ますね。

何を遺してもいずれは灰になって消えてしまう。

だけど、今生きているこの身は先代が命を繋いでくれたから。

つまり形としては残らない絶望と、受け継ぐことはできるという希望ではないでしょうか。

あぁ、感じてない
私の愛 降らした合図
溶かして 放って ねぇ

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

降らした合図とは涙のことでしょうか。

私の愛が伝わっていない事が悲しい。

この涙に気付いてよ、拭って受け止めて、ねえ。

という事でしょうか。

たかがポップロックもイカれたフレーズも
あの日のイントロダクション
革新と謳った答えのヒントも
分岐したエンディングも
君の側に居た僕は何処に?
戻れないヒストリー
いつから願った? 朝日のピースサイン
グロウアップ of the 人類
踏むは地団駄 麗しきフェスタ
待って 閉めないで
壊れた鍵はどこで直す?
僕の心はただBlizzard

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

不完全な音楽もあの日を始めるには必要だった。

今ではもう必要ないヒントも、選ばれなかった結末も確かに必要だったのでしょう。

過去を振り返る事は出来るけど決して戻る事はできはしない。君の側にいた僕は何処に行ったのだろう、つまり他に選択があったのではないかと後悔しているのかもしれません。

朝日のピースサインとは朝に期待する意味と捉える事ができます。いつから明日を期待できるようになったのだろうか、という意味でしょうか。

明日に期待できるのは人間だけが持つ能力。人間の成長の結果なのだと歌っていますね。

だけどちっぽけな僕の心は凍ったままで、閉じた心の扉を開けられないでいるのです。

見せかけの愛は
磨けないから
もうそろそろね
錆が出ちゃう
本物の愛こそ
飾れないから
大事にね 大事にね
語れはしない
君と僕の世界
だからそろそろね
飾らなきゃ
本物の愛こそ
触れれないから
大事にね 大事に迷う

出典:Blizzard/作詞・作曲:大森元貴

見せかけの愛は磨けない。手入れが出来ないからそろそろ錆が出てしまう=うまく機能しなくなる。

本物の愛は飾れないというのは良く見せる為に偽る事も出来ないし、綺麗なままではいられないものです。喧嘩したり、醜い部分を受け入れてこそ本物になっていくのだという意味でしょうか。

語れはしない君と僕の世界というのは本物の愛や見せかけの愛などと、言葉で安易に表す事が難しい関係という事なのかと思います。

そして「飾らなきゃ」と先ほどとは矛盾している言葉がでてきます。

それも、人の気持ちの移り変わりや状況によって変わってくるという現れではないかと思います。

頑なに1つの正義を貫くのではなく、臨機応変に合わせていくのも必要な事なのかもしれません。

それが最後の大事に迷うという言葉に表れているのではないでしょうか。

春&夏旅 SALEプラン満載!

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしょうか。今回はMrs.GREEN APPLEの「Blizzard」の歌詞について考察してみました。

私はこの楽曲を聴いた時、心地良いリズム感と音に、大森元貴さんの掴みどころのない自由な言葉が重ねられている様に感じました。

その自由な言葉の中でも、人生歩んでいくのに必要な大森元貴さんなりのアドバイスが詰まった楽曲だったのではないでしょうか。

今年の夏を彩るのにぴったりの1曲ですね!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!