最新情報を知りたい方はこちら!!

ベルベットの詩【back number】歌詞の意味を考察!

今回は、人気バンド・back numberの新曲「ベルベットの詩」の歌詞を考察していきたいと思います。

映画『アキラとあきら』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、映画への主題歌提供は2015年公開の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の「ハッピーエンド」以来となります。

映画の内容、楽曲コメントと合わせて見ていきましょう!

映画『アキラとあきら』

8月26日に公開される、池井戸潤さんによる同名小説を映画化した作品。

竹内涼真さんと横浜流星さんのW主演作品で、監督は『陽だまりの彼女』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで有名な三木孝浩さんが務めます。

あらすじ

父親の経営する町工場が倒産し、幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛〈アキラ〉。大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬〈あきら〉。

運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社した二人は、お互いの信念の違いから反目し合いながらも、ライバルとしてしのぎを削っていたが、それぞれの前に〈現実〉という壁が立ちはだかる。

〈アキラ〉は自分の信念を貫いた結果、左遷され、〈あきら〉も目を背け続けていた階堂家の親族同士の骨肉の争いに巻き込まれていく。


そして持ち上がった階堂グループの倒産の危機を前に、〈アキラ〉と〈あきら〉の運命は再び交差する ‒‒

「半沢直樹」や「陸王」など、多くのベストセラー作品を生み出してきた池井戸潤さんの傑作小説として知られている『アキラとあきら』の実写化とあって、注目が集まっています。

どんな作品になっているのか、公開が楽しみですね。

楽曲コメント

back number・清水依与吏さんのコメントをご紹介します。

どの角度からも後押しできる力強さを持った作品なので、『音』の部分は早々に心が決まりましたが『言葉』の部分では盛大に苦戦しました。

書き込んで、歌い、直して、歌い、ぐしゃぐしゃに丸めて、また真っ白い紙に向き合う。この作業を何度も何度も繰り返す事が、『アキラとあきら』の中で、苦悩や葛藤に晒されながら生きる登場人物の1人として『ベルベットの詩』を招き入れて頂く為にとても重要だったように思います。

傷も癒えないまま歩み続け剥き出しになった『中身』のような自分を、本能のままに叫ぶのではなく、美しいものだと願って歌う。
もしかしたら自分達にとっても、いま必要な楽曲として生まれて来てくれたのかもしれません。

何度も書き直し、考え抜いたという歌詞。

清水さん自身、映画のアキラとあきらのように苦悩・葛藤しながら完成させた作品ですね。

どんな曲になっているのか、公開が楽しみです!

ベルベットの詩 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

さいごに

いかがでしたか?

曲のリリース、映画の公開が楽しみですね。

新しい情報が入り次第、記事を更新するのでチェックお願いします。

Amazon Music

error: Content is protected !!