最新情報を知りたい方はこちら!!

バグ【かいりきベア】歌詞の意味を考察!周りからの期待に疲れた良い子の辿る道とは?

Array

今回は、かいりきベア「バグ」の歌詞考察をしていきます。

この曲は、スマホゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」内のユニット、「25時、ナイトコードで。」の楽曲として、2022年6月10日に実装される形で公開されました。

ボーカルは「25時、ナイトコードで。」と鏡音レンが担当しています。

ポップな曲調ですが、ダークな世界観に満ちた楽曲。そこに込められた意味を考察していきましょう。

created by Rinker

歌詞考察

他人に批判される恐怖

迷子 迷子 真っ只中 さあ パ パ パ ラ パーラノーイ「ア」
ギコギコ MY HEART(マイココロ)剪定  パ パ パ ラ パーラノーイ「ア」
退路 退路 断った絡まった パ パ パ ラ パーラノーイ「ア」
SAD SAD 突っ伏して「  」(カラ) ぱ ぱ ぱ La ぱーらのーい「ド」

歌詞の「パラノイア」とは、日本語で偏執病と訳されます。妄想症とも呼ばれ、他人が自分を常に批判しているという妄想を抱く病気のこと。「パラノイド」も同じ意味です。

また、「SAD」も同様に、社会不安障害(=Social Anxiety Disorder)と訳される病気のこと。人前で何かをすることに強い不安を抱く病気です。ここでは「悲しい」という意味の英語sadとダブルミーニングになっていますね。

ここから考えられるのは、何をしていても他人に批判される恐怖感。そのせいで動けなくなってしまった主人公はまさに迷子です。「退路断った絡まった」という歌詞は、来た道を戻ることも出来ず、脚が絡んで倒れこんでしまった姿。

さらに、「MY HEART剪定」という歌詞。ここから感じ取れるのは、不安から逃れるために心を殺し、何も感じないようになりたい、という願望。ですが、「SAD(=悲しい)」を感じていることから、それが上手くいっているようには見えませんね。

まさに、何もできずに突っ伏している状態です。

周りからの勝手な期待に疲れ切ってしまう

さあ バ バ バグさ バグバグ タ タ タグ 才能のタグ
もう ハ ハ 剥グ 感情は剥グ 発症「クルシイ」は嫌 嫌 嫌
嫌 嫌 嫌 

タイトルにもなっている「バグ」は、意図しないプログラムエラーのこと。

また、同じプログラムの世界では、「タグ」とは情報の種類を区別するために付けられるものです。この情報の意味はこれで、次の情報はあれで、といった感じに。なので、もちろん、タグの付け方を間違えればバグが発生します。

なので、この歌詞の意味は、「才能のタグを間違えて付けられてしまったことで発生したバグ」。つまり、自分がやりたくないことをやらされることが原因の適応障害です。

苦しいのは嫌なのに、何故こんなことをやらなければいけないのだろう? そんな心の声。

抱っこ 抱っこ いらない子だ パ パ パ ラ パーラノーイ「ア」
いい子 いい子「頑張れ」の氾濫 アドミニストレイター
嗚呼

「アドミニストレイター」とは、コンピュータの世界では管理者を意味します。「抱っこ」「いい子」といった言葉から、この歌詞の中では、親や教師を指すと考えられますね。システムの中で最も強い権限を持つことから、才能にタグを付けたのは彼らであると思われます。

親や教師から「いい子」と期待されること。「頑張れ」って応援され続けること。それらは行き過ぎるとプレッシャーにしかなりません。

常に完璧ないい子でなくてはならない。それは失敗することへの恐怖も生み出します。他人に批判されることを怖がるのは、これが原因。

そもそも、期待されてるような才能はないのに。親や教師からの過度な期待に耐えられなくなって、疲れ切ってしまった。この歌詞は、そんな主人公の心の叫びです。

逃げることができない、狂ったような毎日

さあ バ バ バグさ バグバグ 的(まと)ハズレズレ 慈愛 嫌 嫌
さあ バ バ バグさ バグバグ 解答(こたえ) 絶え絶え 嫌 嫌 嫌
嫌 嫌 嫌

親から当然受けられるはずの愛情。それすらも的外れなものでした。自分の子の才能さえしっかりと見抜けずに、ただプレッシャーを与えただけ。

そんな中で、何とかその愛情に答えようと頑張って生きてきた主人公。しかし、「解答絶え絶え」とあるように、その頑張りにも限界が来ています。

だからもうそんなのは嫌。そんな状況にまで追い込まれています。

狂 狂(くるくる)
ぱっかーん警報 待って無理ぐるぐる せーので回れ 狂(くる) 狂(くる) 狂(くる) 狂(くる) アアアア
ぱっかーん警報 やっぱ無理ぐるぐる あんよに鎖 狂(くる) 狂(くる) 狂(くる) 狂(くる)
エンドレス病み…? あはっ

ここの「警報」とは、『もう嫌だから助けて』というSOSの意味での警報。それを出そうとしたけれど、結局、できませんでした。

繰り返される「狂狂(くるくる)」から連想するのは、飼われているハムスターが必死で回す回転車。意味は無いけれども、ひたすら回し続けるのです。

主人公に課せられているのは、期待されて、それに応えて、という繰り返し。それはまるで足に鎖をかけられた奴隷のようで、その中から逃れることは出来ません。狂ったように、エンドレスに回転車を回していくような毎日です。

そして、行き着く先

さあ 絶叫な感情落下パッパラノーイ「ア」 左 右 行方も ぐるぐる 悲惨
限界 脳 狂っちゃって やったラ滅多ラ ヤミ迷え酔え イナイイナイばあ
イナイイナイ×点

そんな毎日に耐えられなくなってしまった主人公。そうなると、あとはジェットコースターのように落下していくだけ。途中で左右への急カーブがあったり、ぐるぐるとループする場所があったり。

例えばそれは、親に反抗してみたり、学校を抜け出してみたり、危ない遊びをしてみたり。そのスリルは非日常だから、普段は体験できないような爽快感を得ることができます。まるで脳が狂ったような気持ちよさ。

さあ バ バ バグさ バグバグ 爛れ荒れ荒れ 悲哀 嫌 嫌
さあ バ バ バグさ バグバグ 暗闇(クロ)マミレ理性 嫌 嫌 嫌 今 今 今
嫌 嫌 嫌 嫌 嫌 嫌 嫌 嫌 嫌

しかし、それが行き着く先は決して楽しい場所ではありません。まるでバグが発生したように、見えるのはこれまでとはまるで違った世界。「爛れ荒れ荒れ」と表現されるような、荒れ果てた場所なのでしょう。

理性が黒く塗りつぶされてしまう、そんな場所。しかし、その場所の中でも幸せになれず、「嫌」と叫び続けています。

ずっといた狂ったような毎日と、落下した先の理性のない場所。どちらも自分がいるべき場所ではなかった。最後に気づいたのは、そんな事実でした。

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

主人公は周りからの歪んだ愛情や過剰な期待に応え続けることができませんでした。最終的にジェットコースターで落下するように道を外れ、ドロップアウトするような道を選びました。しかし、その行き着く先はとてもつらい場所。

では、主人公はどうすれば良かったのでしょうか。周りの大人に言われるがままに自分の心を壊し続けるのが良かったのか。それとも、辛くても自分の意志を押し通すのが良かったのか。

答えを出すのは難しいですね。しかし、こんな状況になる前に、周囲の大人がもう少し愛情を持って主人公に接していれば、こんなことにはならなかったのかもしれません。

周りからの期待などの人間関係の中で、自分の意志で生きていくこと。その難しさを描いた曲です。周囲との関係に悩んでいる人には、深く共感できる部分もあるのではないでしょうか。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!