最新情報を知りたい方はこちら!!

緑酒【東京事変】歌詞の意味を考察!本物の自由に目覚める「ワールドビジネスサテライト」ED曲

Array

東京事変「緑酒」(読み:りょくしゅ、2021年3月)の歌詞の意味を考察します。

大江麻理子さんがメインキャスターを務める、テレビ東京系列のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」(以下WBS)のエンディングテーマ(2021年3月~)です。

椎名林檎さんが作詞、伊澤一葉さんが作曲した「緑酒」の歌詞をチェックしましょう。

created by Rinker

緑酒 歌詞考察!

本物の自由を願う日本の応援歌

乾杯日本の衆今日は今日でまあ一つ美味しいかどうかはさておきだ
各種生業お疲れさん
小さな頃描いた将来大人は列国の制度のめぼしき面選んでは取り入れ
最終形態を拵えた

タイトルの「緑酒」とは「美味しい」お酒のこと。

「紅灯緑酒」または「緑酒紅灯」という四字熟語だと「歓楽と飽食」という意味になりますが、紅灯(歓楽街)は入っていないので、自宅で夜のニュース番組「WBS」を見ながら「乾杯」しているイメージです。

職種を問わず、日本で働くすべての人々にエールを送っています。

「列国」とは「多くの国々、諸国」のこと。

さまざまな国のいいところを取り入れ、現在の「最終形態」となっている日本という国のように、人それぞれ子どもの頃に思い描いた「将来」を体現する「大人」になっているといったニュアンスでしょう。

気付いたら違っていたバトンタッチが済んで自分らは扶養側へ
責任を負う立場になった
時間がない金すら無い無い尽くしという増してどうしてこう
心身消耗してんだっけ

「扶養」(ふよう)は「養う」という意味で、子どもは親に養われる「被扶養者」です。

妻が夫の「扶養」に入ることもありますが、いつのまにか養われる子ども側ではなく、養ったり育てたりすることで社会的責任を担う大人側に「バトンタッチ」していたという話でしょう。

かつて思い描いた将来像とは異なり、時間もお金もなく、心身ともに疲れ切っている現状にふと気付くこともあるものです。

乾杯日本の衆信じていたい遍く全員善人でしょう疑念なぞ抱いても
肝を突いちゃならん
大きな不安孕んだ正体憚る膨満感に口歳いてどこから嚥下できようか
未だ皆目消化不良だ

仕事終わりにお酒を飲みながらニュースを見ていると、いろいろ思うことがあるはず。

それでも性善説を信じ、「疑念」が沸いても間違いを正す(肝を突く)ことはしないのが美徳という考え方もあります。

思っても言わない習慣が身につくと、心の中にため込んだ「疑念」や「不安」はますます大きくなり(膨満感)、吐き気がして(噦く、えずく)、うまく飲み込むこと(嚥下、えんげ)もできず、「消化不良」になるでしょう。

気付いたら許していたお年召した御仁と幼気な御子さん方は
恥ずかしそうに黙ってんだ
ぺてんのない世の中を直ぐに作んなくちゃそう願わくばいっそ
老いも若いも多弁であれ

年齢層で「若者・中年・高齢者」と分けた場合、若者と高齢者は悪者にだまされても、性善説にしたがって悪者をゆるし、何も言わない可能性がありそうです。

働き盛りの中年層としては嘘偽り(ぺてん)のない社会を作らなければなりません

若者や高齢者にも多くを語ってほしいと願っています。

自由よいいように搾取されないで安く売らないで終始貴様は誇り高くあって
頼むよ自由
フェイクじゃない元来の意味を見せて騙るまじ腐るまじ追い続けていたい
貴様をずっと

「自由」を擬人化して「貴様」と呼びかけています。

「貴殿、あなたさま」という意味の「貴様」は、室町時代(1336年~1573年)末期に使われ始め、目上の相手に使う書き言葉でした。

江戸時代(1603年~1867年)に対等の親しい相手に使う話し言葉として広まり、江戸後期から相手をののしる「おまえ」といったニュアンスが含まれるようになりました。

「緑酒」では「誇り高くあって」と願っているので、尊敬の念が込められているでしょう。

ただ「自由」をはき違えた自分勝手や無責任などは困りもの。

そんな偽物(フェイク)ではない本物の「自由」を追い続けたいと願っています

本物の自由とは何か?

果たしても選ばれざる服従層と知らん間に選ばれし支配層を結ぶ争点
自由という名の富
買い叩いて奪い合う尊厳

経済情報を軸としたニュース番組「WBS」のテーマ曲なので、「自由」という言葉には「社会主義」に対する「自由主義」、「国家資本主義」に対する「自由市場資本主義」といった意味合いも込められているでしょう。

現代の日本は経済的にも「自由」に恵まれている反面、「支配層と服従層」のような格差が生じ、社会問題にもなっています。

そのため「自由」なお金のやり取りが人間の「尊厳」まで「奪い合う」ことになっていると懸念しているようです。

乾杯日本の衆いつか本当の味を知って酔いたいから
樹立しよう
簡素な真人間に救いある新型社会

新たな政権ではなく、「新型社会」を「樹立しよう」と呼びかけているところが音楽家らしいメッセージといえるかもしれません。

冒頭から「乾杯」してきましたが、今飲んでいるお酒が本当に「美味しいかどうか」は先送りにされていました。

それは、いつか「本当の味=本物の自由=緑酒」を「知って酔いたいから」でした。

たしかに「簡素な~新型社会」こそ「本物の自由」でしょう。

「簡素」な生き方を貫いている「真人間」であれば、心の底からこの考え方に同意するのではないでしょうか。

次世代へただ真っ当に生きろと云い放てる時遂に祝う
その一口ぞ青々と自由たる香さぞ染み入る事だろう伝う汗と涙が
報われて欲しい皆の衆

ただ「真っ当に生きる」だけでは生き残れないのではないかという不安が蔓延している現代。

それでも実際に「真っ当な生き方」を貫いた大人しか、その言葉を「次世代」に受け継ぐことはできません。

どれほど「偽物の自由」が横行しようとも、「緑酒」のような「本物の自由」を見極めたいものですね。

自由よ愛しているもう遠ざかんないで傍に抱き寄せて終始貴様を尊び敬って
求める自由
嗚呼どうしてって意識せざるを得ない逃すまじ失くすまじ愛されてみたい
貴様にやっと

晩酌するサラリーマンをメインターゲットにしつつ、「自由」を擬人化したラブソングにも聴こえるようになっているところが椎名林檎さん節といえるでしょう。

「貴様」という言葉遣いに尊敬と侮蔑の両面があるように、「自由」も捉え方によっては本物にも偽物にもなり得ます。

お酒を飲まない人も、まるで「緑酒」のような「本物の自由」と相思相愛になりたいものですね。

「緑酒」の英題は「Awakening」で最後に「Stay awake」と歌っているので、「本物の自由」に目覚めた人も多いのではないでしょうか

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

「緑酒」は8thアルバム「音楽」(2021年6月)のほか、オールタイムベストアルバム「総合」とMV集「Prime Time」(共に2021年12月22日)にも収録。

併せてお楽しみください。

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!