最新情報を知りたい方はこちら!!

愛を知るまでは【あいみょん】歌詞の意味を考察!現代人への励ましの一曲!

ドラマ「コントが始まる」の主題歌として話題に!

この曲は2021年5月28日にリリースされた、あいみょんさんの11枚目のシングルです。

コントが始まる」とは一体どのようなドラマなのでしょうか?

あらすじ

菅田将暉さん、神木隆之介さん、仲野太賀さんが3人は「マクベス」というお笑い芸人トリオを結成しました。

彼らは20代後半で、大敗の渦中にいる3人は解散を決意します。

ネタ作りに集まるいつものファミレスで出会った店員役の有村架純さんと、その妹役の古川琴音さんは、彼ら3人のファンとして支える存在でした。

失敗からの経験や、出会った人々、出来事によって思いもよらない幸せに巡り会う若者5人の人生を描かれた作品です。

そんなドラマ「コントが始まる」の主題歌として起用された『愛を知るまでは』

菅田将暉さん、神木隆之介さん、仲野太賀さん、有村架純さんは1993年生まれで、古川琴音さんは1996年、同世代役者が揃ったとしても話題となりました。

あいみょんさんも1995年生まれで年が近いですね。

あいみょんさんはこの楽曲についてコメントを残しています。

あいみょん コメント

私は過去のデモ曲を寝る前に聴く習慣があり、台本をいただいて、何曲か作ってみる日々の中に、メジャーデビューして1年目。

2017年。1番這い上がりたかった時に作っていた『愛を知るまでは』のデモを改めてふと聴き直していると、「あー、この気持ちなのかもしれへん」と肩の力が抜けました。

自ら導いた世界はそう簡単ではなくて、読めない譜面を部屋に投げつけたこともあったし、こんなはずじゃなかったと思うことだらけで、悔しかった。

そんな記憶が、ドラマと楽曲と、きっと何か重なるものがあるんじゃないかと私の中で確信に変わりました。

同世代の役者の皆さんが勢揃いする中、私も同じ世代としてこの作品に参加できることが嬉しいです。

私は私の人生をこのドラマにぶつけてみたいと思ったし、5人の仲間になりたいと思いました

今回は、あいみょんさんの『愛を知るまでは』の歌詞をみていきましょう。

愛を知るまでは 歌詞考察!

自信のない僕

いざ、手のなる方へと
導いたのは 誰でもない自分自身なのに
自信がないよ 笑っちゃうな
もたついている
空気が抜けたままの身体

冒頭の歌詞では、主人公の境遇が歌われています。

自分自身が決めた道に対して自信を失ってしまった・・・

ドラマの登場人物たちと重なる部分がありますね。

走れど走れど続く
人生という名の死ぬまでのエピソードは
軽いままの身体では
吹き飛ばされて
すぐに終わってしまうな

「軽いままの身体」とは、主人公の満たされない感情のことでしょう。

焦りや不安が描かれています。

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて

ここでは

誰にもない強さを持って、心を強く抱きしめていきたい

ということが歌われています。

ここで使われているフレーズや歌い方にあいみょんらしさを感じます。

愛を知るのはいつなのか

優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

「優しい心を持ちたいのだけれど

時にはがむしゃらに怒って 涙は真に受け止める」

と、優しく過ごしたいのに、怒りたい時も泣きたい時もある。

「導かれた運命」とは、自分で決めた道、自分のやりたいことを指しているのでしょう。

自分のやりたいことを信じて、

「今日も明日も生きて行こう」と歌っています。

優しく背中を押してくれていますね。

そして楽曲のタイトル、ここで出てくる「」とは

何を指しているのでしょう。

目の前に見えた星は
幾千年の輝きを失いそう
夢で終わる夢ならば
見なくていいと 自分に言い聞かせた

2番でも、主人等の切ない気持ちが描かれています。

「幾千年の輝きを失いそう」とは、

長い間ずっと目指していた夢や目標のことを言っているのでしょう。

あー、まだ咲ききれない
花のような毎日だなぁ
無茶苦茶に走り続けた
身体を今休めて

「まだ咲ききれない花」ということは、

自分の才能や能力が開花することを信じていて

いつかそんな未来が待っていることを確信しているのです。

でも、「走り続けた 体を今休めて」

ずっと頑張ってきたのだから、今は休んでもいいよ。

と優しく包み込んでくれています。

交わることのない誰かと巡り合い
無限に広がる雲に乗って
見たことのない虹を見たい
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれる運命頼って
今日も明日も生きて行こう

2番では「目に見えた星」だったり「咲ききれない花」と

自然を用いた比喩が使われています。

「無限に広がる雲乗って」と綺麗な描写で美しい景色が表現されています。

「見たことのない虹を見たい」と、自分がまだ知らない世界を見たいと歌っています。

生きていく上で大切なこと

あー、誰にもないものを持っていたいのになぁ
無理矢理に抱きしめてた
心を今解いて
優しい心を持ちたいのだけれど
時にはがむしゃらに怒って
涙は真に受け止める
愛を知るまでは死ねない私なのだ!
導かれた運命辿って
今日も明日も生きて行こう

うまくいかない日があったり、負けそうになる日があってもいい

そんな時は少し休んで、また前を向いていこう

と、ラストでもう一度サビが歌われます。

この曲は、ドラマのストーリーとリンクしていて

夢に向かって歩んでいく人への心優しく温かい応援ソングでしたね。

あいみょんさんの魅力が詰まったこの曲を聴けば

愛される理由がわかったような気がしますね。

他にもたくさんの名曲をお楽しみください。