最新情報を知りたい方はこちら!!

愛とか恋とか【Novelbright】歌詞の意味を考察!愛情溢れる僕の心情を堪能する

Array

今回は2022年4月15日に配信リリースされた「愛とか恋とか」の歌詞考察をしていきます。

「愛とか恋とか」は5月18日に発売されるメジャーセカンドアルバム「Assort」に収録される曲で、竹中雄大さんが作詞を、竹中雄大さんと沖聡次郎さんが作曲を手掛けました。

では早速歌詞の考察を始めていきましょう!

愛とか恋とか 歌詞考察

溢れだす君への思い

月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべれば
いつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ

歌詞の中の登場人物は主人公の「僕」と恋人である「君」の二人です。

週の始まりである「月曜日の朝」は、殆どの人にとって「憂鬱」な日ではないでしょうか。

主人公も例外ではなく「憂鬱な気持ち」を抱えながら週の始まりを迎えています。

しかし、そんな気分を払拭してくれる存在「君」が主人公にはいるのです。

ただ次に「君と会う日」のことを考えるだけで、どんよりとした気持ちも何処かにいってしまい「心弾ませ」て一日の週の始まりをスタートさせられることができるようです。

家から職場もしくは学校への通り道にも「優しい風」が吹き抜けていく程、気分も晴れ晴れとし清々しさが感じられます。

それだけ主人公は「君」のことを思っているのがよくわかりますね。

昔は聴かなかったあの歌や 映画や香水の匂いでさえも
君が好きなものってだけでさ どうして僕も好きなんだろう

好きな人がいると、その人の好みを知りたいと思うようになったり、自分も好きになったりする傾向があるかと思います。

「君が好きなもの」は「歌」「映画」「香水」などがあるようですが、主人公も知らず知らずのうちに好きになってしまっているようです。

これまで特に興味や好みでもなかった「歌」や「映画」に手を伸ばして、好きになってしまったり、「君」がいつも纏っている「香水の匂い」を好ましく思ったりと、「君」との付き合いにより主人公に変化が起こっています。

「君」を好きになることで、主人公に思ってもみない「好き」が増えていく様は微笑ましいですね。

こんなにも
愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い
君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った
離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと

ここでタイトルの「愛とか恋とか」というフレーズが出てきます。

「愛」や「恋」という言葉一言では表すことが出来ないほど、主人公の「君」に対する愛する気持ちは深いもののようです。

そしてその気持ちは「溢れ出して 止まらない」状態です。

更に、その主人公の愛情の量と「君」のそれが「同じかな」と思いを巡らし、その気持ちを会って「伝えよう」と「君」のもとに駆けつけます。

主人公の「君」への愛情は心の底から満ち溢れているのが垣間見られ、同時に情熱的な様子も伺えます。

未来の二人

会えない時は思い出をめくって 近くに君を感じて励まされ
携帯に映る君からの通知を 開く時間に笑顔になれるよ

僕の腕で君が眠る夜も 夢でもいつでも君と過ごしてた
目が覚めても夢は醒めないまま 心が君で満ちていく

ここでは、24時間ずっと主人公が「君」に心身共に寄り添っている情景が目に浮かびます。

主人公は、「君」と一緒にいない時には、一緒に過ごしていた時間を思い出して、まるで側にいるかのように感じています。

また携帯での「君」とのやりとりで、「通知」が来るたびに思わず笑みがこぼれてしまっています。

「君」を腕枕の状態で一緒に眠っている時、「夢でも」二人は一緒にいる様子です。眠っていても目覚めていても四六時中、主人公の頭の中は「君」のことでいっぱいであることには違いありません。

離れている時でさえ愛情が溢れている主人公ですが、「君」と一緒にいる時には更に愛に溢れているようです。

こんなにも
愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
「愛してる」が溢れ出して 止まらない想い
守りたい明日も この先訪れる未来を全部
預けてほしい 君以外はもう他には何もいらない

ここでは「守りたい」とあり、主人公が「君」を大切に思っているのがわかります。

更に、「明日」「未来」という言葉が並んでおり、今この時だけでなく、この先の将来の二人のことも考えていることがわかります。

また「預けてほしい」とあり、もっと主人公のことを頼って欲しいと考えているようですね。

そして主人公は「君以外」ほしいものはないと明言しており、いかに「君」のことを愛おしく思っているかが伺えますし、プロポーズのようにもとれるフレーズとも言えますね。

君だから愛する

「なんともないよ」「大丈夫だよ」
溢す口癖 僕は気づいてるよ
弱くてもいい、泣いてもいいんだよ
僕の前で強がらないで

愛した理由はさ
ありきたりなのかもしれないけど
君以外には考えられない

ここは「君」のことが描写されています。

「君」の口癖は「なんともないよ」や「大丈夫だよ」といった言葉のようで、気丈に振舞う癖があるのがわかります。

やはり男性からすれば、女性のそのような言葉を聞くと、もっと頼ってくれたらと思ってしまうでしょうね。

主人公も「君」が弱さを隠したりせずそのままの「君」でいて欲しいと思っているようです。

そして主人公は「愛した理由」を提示していますが、「君以外には考えられない」とあります。

愛する理由は相手が「君」だから、という訳で究極の愛の言葉とも言えるでしょう。

「君」もそんな主人公に愛されて幸せなのではないでしょうか。

愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い
君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った
離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと

ラストのサビは1番サビのリピートとなっています。

口に出してしまうと途端に陳腐に思えてしまう「愛」や「恋」といった言葉ですが、それを超えるような愛情が主人公からは「溢れ出して止まらない」ようですね。

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

本楽曲「愛とか恋とか」は、一途に「君」を愛する「僕」のモノローグで構成されています。

「愛」と「恋」の後ろに「とか」という言葉がついており、言葉の薄っぺらさが表されています。本楽曲ではそんな言葉を超越した主人公の「君」への愛情がたっぷりと詰まったフレーズで溢れています。

恋愛初期の初々しさや、主人公の「君」への熱い想いが見事に昇華された「愛とか恋とか」。

本楽曲を手掛けたNovelbrightの今後の曲にも注目したいですね!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!