最新情報を知りたい方はこちら!!

藍才【Eve】歌詞の意味を考察!新しい自分に生まれ変わる

Array

今回は、「廻廻奇譚」「夜は仄か」など、数々のヒット曲を世に送り出している人気シンガー・Eveさんが、12月3日にリリースする新曲「藍才(あいさい)」の歌詞を考察していきたいと思います。

2021年の締めくくりとしてリリースされる本楽曲は、エモーショナルで壮大なスケールの楽曲になっているそうです。

配信のジャケットは、前作「遊生夢死」のミュージックビデオも担当したniLさんが手掛けており、こちらも「藍才」の世界観が表現されています。

早速歌詞を見ていきましょう!

created by Rinker

藍才 歌詞考察

相容れぬことで縛って
最果ての奥に閉まって
哀なものだとわかって
優越に知りたいを重ねた

この楽曲の主人公は、自分に自信の持てないネガティブな性格のようです。

相容れぬとは、お互いに許容できないこと。

お互いというのが、主人公と誰を指しているのかは、後の歌詞で明かされます。

自分自身を縛って、心の奥底にしまい込む主人公。

「哀」=哀れなもの、マイナスなイメージですね。

自分を押し殺して生活していることが分かります。

「優越に知りたいを重ねた」とは、自分に自信をつけるために努力したということでしょうか?

泣いたりしたこともあって
暗い足元も見えないでいて
今はまだ飛べるよう 愛憎感にしまった
あの日のことも
言葉ではなんとも無いって
君と居よう

自分の足元が見えず、不安から泣いてしまったこともあります。

どうして良いか分からずに不安に押しつぶされそうな日々を、愛憎感(愛する心と憎む心が入り交じる感情)=自分の感情の中にしまい込み「なんとも無い」と平気なふりをします。

「君と居よう」の「君」とは、冒頭の歌詞で「相容れぬ」と縛った相手です。

これは自分の中にいる、もうひとりの自分を表しているのではないでしょうか?

表に出ている主人公はネガティブですが、もうひとりの相容れない「君」は、ポジティブな性格の、主人公の理想の姿なのかもしれません。

藍才も捨ていけ 揺蕩う世を
君を辿る 寄る辺にも
また少し違っていたのかな
終わることのなき旅路を

今も未来も超えていけ 君となぞる夢も
確かな命宿して 消えた街の息吹きを
忘れてしまわぬように

タイトル「藍才」は造語ですので、正しい意味は分かりませんが、「捨ていけ」と言う歌詞から、捨てたほうが良いものであることが分かります。

このことから「藍才」=「藍色の才能」、まだ青く未熟な様子を指しているのではないでしょうか?

自信のなさから、本当の自分を表に出せない主人公。

揺蕩う(たゆたう)」とは、ゆらゆらと揺れ動いて定まらない様子を意味しています。

未来の見えない揺蕩う世の中であっても、「君を辿る」=理想の姿である「君」を真似て行動する、ことができれば違った未来が待っているのかもしれない。

主人公が少しずつ変わろうとしている事が読み取れますね。

終わることのない長い人生を少しずつ進んでいきます。

「消えた街の息吹き」とは、過去に幾度となく繰り返して来た失敗の数々でしょう。

今も未来も越えていくために、自分を変えていこうと決意した主人公。

過去の失敗も忘れずに、一歩一歩進んでいこうという強い想いが伝わってきます。

大人になりたい思いで
最果てまで駆け上がって
藍なものだとわかって
会いたい未来に居ないと

冒頭の歌詞で自分の心をしまい込んだ「最果て」。

大人になりたい=成長したいと、覚悟を決めた主人公は、その最果てに駆け上ります。

冒頭の「哀」との対比として描かれている「藍」は、プラスのイメージを持つ言葉なのでしょう。

「藍」という漢字は、人が水の入ったたらいを覗き込む様子から成り立ちました。

水の入ったたらいに映るもうひとりの自分の姿こそ、本当の自分なのだと理解した主人公。

理想の自分に出会うためには、今の自分を変え、未来を変えなくてはなりません。

主人公が、自分を変えるための挑戦が始まります。

流した涙の理由などないと
嘯く弱さを前にして
今はまだ飛べるよう 愛憎感にしまった
あの日のことも

貴方ならなんともないって
言うのかな

1番の歌詞とリンクしていますね。

先の見えない未来への不安で泣いてしまったあの日、「なんとも無い」と嘯いた(うそぶいた)過去を振り返り、ネガティブだった自分を反省しています。

もし理想の「君」だったら、あの日襲ってきた不安にも「なんともない」と笑って返せたのかな。

いつか自分もそうなりたいという主人公の想いが歌われています。

曖昧にしてきたことさえも
確かな自分を創ってくの
やり直したいことさえも 今はもうないと
明日を選ぶよ

これまで曖昧にしてきたことも、今の自分を創る要素になっています。

過去が今の自分を創り出しているということでしょうか?

曖昧にしてきた過去があってこそ、今の自分があるのだと再確認した主人公は、やり直したいことなどないと、前を向いて生きていくことを誓います。

笑っても泣いても最後だと
立ち上がってゆくその姿も
ここに居ること それだけが全てだと
心想う模様

愛さえも憂いて 瞬くよう
君と二人の思い出にも
まだ少し笑っていたのかな

ついに本当の自分を表に出すことができた主人公。

心の奥底にしまい込んだ本当の自分が「立ち上がってゆくその姿」。

自信のなかった未熟な自分の殻を破り、新しい理想の自分が生まれる瞬間です。

新しい自分の生まれ変わった主人公は、過去の自信のなかったネガティブな自分を振り返ります。

「君と二人の思い出にも まだ少し笑っていたのかな」。

新しい自分に変わったことを、過去の自分も優しく喜んでくれているだろうと懐かしんでいる様子が浮かびます。

「藍才」、自分自身の未熟な殻を捨て去り、新しい自分へと生まれ変わる、来年からも私達に新しい姿を見せてくれるであろうEveさんからのメッセージのように感じました。

created by Rinker

1ヶ月無料で音楽聴き放題!

通常880円/月のAmazonMusicUnlimitedが今なら1ヶ月で体験可能

この機会に聴き放題サービスをお試ししてみよう!

AmazonMusicUnlimited おすすめポイント
  • どの音楽アプリよりも多い9000万曲が広告無しで聴き放題!
  • バックグラウンド再生可能で作業しながら聴ける!
  • オフライン再生で通信量がかからない!

いつでも解約OK!

さいごに

いかがでしたか?

楽曲のリリースが楽しみですね!

新しい情報が入り次第、記事を更新しますのでチェックお願いします!

  • 音楽プレイリスト
  • 歌詞考察
  • ソングランキング
  • ライブセットリスト
error: Content is protected !!