最新情報を知りたい方はこちら!!

アボイドノート【Mrs. GREEN APPLE】歌詞の意味を考察!ベストアルバム「5」収録曲

「アボイドノート」はベストアルバム「5」(2020年7月リリース)のために書き下ろされ、同年5月に先行配信されました。

作詞・作曲はボーカル&ギターの大森元貴さん、編曲はMrs. GREEN APPLE(ミセス、MGA)。

タイトルの「アボイドノート」は音楽用語で「回避音」のことです。

使うと不協和音になるため、なるべく使わないほうがいいと言われています。

いったい何を表しているのか、歌詞の意味を考察しましょう。

アボイドノート 歌詞考察

「アボイドノート」は何を表している?

さぁ どうぞお座りになって
1つ2つ伺いたいだけです
心配なさらずにリラックスして
温かいものでもどうですか

「アボイドノート」の見つけ方は、音楽理論を学ぶ必要があるのでここでは省きます。

ちらっと紹介すると、キー(調)がCメジャー(音階・スケール:ドレミファソラシド)のとき、Cコード(和音:ドミソ)の「アボイドノート」はF(ファ)です。

ただし、この場合はミとファの相性が悪いので、ミを避けてファを使えば、別のCsus4コード(ドファソ)になります。

つまり「合わない音は使わないほうがいいけれど、使い方によっては化けることもある」という話。

ただ「アボイドノート」という楽曲自体は疾走感あふれるバンドサウンドで、「アボイドノート」は使われていないようです。

やはり歌詞のテーマが「厄介者も使いよう」なのでしょう。

それにしても「リラックス」という歌詞は「PARTY」(3rdアルバム「ENSEMBLE」収録曲)、「温かいもの」は「Soup」(4thアルバム「Attitude」)など、Mrs. GREEN APPLEの過去曲と通じるところがあります。

全19曲入りのベストアルバム「5」(以下、「5」)に収録できなかった楽曲を、ダイジェスト的に紹介するのが「アボイドノート」のコンセプトなのでしょうか。

愛を信じますか?
協和を願いますか?
どうでもいいんですか
じゃあ、気にしてるフリですか?

聞こえる
足を小刻む音

「どうでもいい」という歌詞が「アウフヘーベン」(3rdアルバム「ENSEMBLE」)を表しているとすると、「5」に収録されているので前言撤回です。

「協和、不協和」は「混ざり合うか、合わないか」という意味で、「協和音、不協和音」を連想できるので、やはり「アボイドノート」

「5」に入っている、入っていないに関わらず、毒気を含んだ歌詞を抽出しているのかもしれません。

コンセプトがわかったと思って「リラックス」したら、法則に当てはまらない「アボイドノート」的な歌詞が出てきたので、気になってイライラしている人もいるでしょう。

果てない森を駈ける風の様に
君は人を恨む
果てない海を泳ぐ魚の様に
僕らは笑える

「森、風」が「SPLASH!!!」(3rdアルバム「ENSEMBLE」)を表しているとすると、「5」に入っていないので「SPLASH!!!」が好きなリスナーは「恨む」でしょう。

「海、魚」が「鯨の唄」(2ndアルバム「Mrs. GREEN APPLE」)なら、「5」に入っているので誰もが笑顔になります。

気づいてほしいこと

もういいや お帰りになって
呆れてものが言えないだけです
「もう一度チャンスをください」って
どうしても言えないものですか?

「呆れて」という歌詞は、「5」に入っていない「ツキマシテハ」(シングル「In the Morning」カップリング曲)。

「アボイドノート」として除外された楽曲も人間も、なかなか前向きには進めないものかもしれません。

何かを失くしたって
気づかぬ程ですか?
どうでもいいんですか
あぁ、気にしない側ですね

聞こえる
心を落とす音

「どうでもいい」という歌詞は、やはり「アウフヘーベン」。

「5」に入っている「協和音」みたいな楽曲のなかに、「5」に入らなかった「不協和音」みたいな楽曲を混ぜながら紹介しても気づかないのかどうか、問われているようです。

それでも「あの曲が収録されなかった」と悲しむリスナーの声は届くはず。

Mrs. GREEN APPLE自身、泣く泣く外した楽曲ばかりでしょう。

果てない空を駆ける鳥の様に
君は外を羨む
果てない大地に育つマグマの様に
鼓動は熱を帯びる

「鳥」は「5」に入っていない「PARTY」、「マグマ」は「5」に入っている「インフェルノ」(シングル、4thアルバム「Attitude」)。

「うらやむ、興奮する」という対比が、「5」の「未収録、収録」に合致します。

悪者はいない

吹かない風 靡かない樹々
泳げない僕 泳がない僕
広すぎる空を待て余すほら
悪者はどこにも居ないだろう

果てない道が続く旅路の様に
僕らは生きてる

「アボイドノート」を「5」に入らなかった楽曲と解釈してきましたが、人間になぞらえることもできます。

例えばこのような解釈が響かない人、異論を唱える人もいるでしょう。

それでも歌詞は自由に解釈できるものなので、誰も悪くありません。

というわけで「旅路」という歌詞は、「5」に入っていない「How-to」(シングル「ロマンチシズム」のカップリング曲、4thアルバム「Attitude」)を表しているでしょう。

張り詰めた呼吸を経て万歳
1、2の3でまたバイバイ
ところでさ 君という存在
誰も敵いはしない美の潜在

「万歳」は「CHEERS」(4thアルバム「Attitude」)。

「バイバイ」は「L.P」(2ndミニアルバム「Variety」)、「HeLLo」(ミニアルバム「Introduction」、1stアルバム「TWELVE」)、「PARTY」など。

無敵の美しさを秘めた楽曲ばかりです。

憎まれて削り合い喝采
4の5の6でまたバイバイ
まだまださ 我ら人の存在
誰も敵いはしない

6までの数字は「No.7」(1stアルバム「TWELVE」)、「我ら人」は「我逢人」(1stミニアルバム「Progressive」)など、他にも歌詞から連想できる楽曲はありそうです。

「5」の候補に上がりつつ、けずった楽曲も紹介したかったのでしょう。

楽曲だけでなく、けずられがちな人間に対しても拍手が送られています。

「アボイドノート」こそ無敵ということで、「5」に収録されなかった過去曲も聴きながら、それぞれの人生を輝かせましょう。

さいごに

Mrs. GREEN APPLEが「アボイドノート」のMV(瀬里義治監督)を作る際に振り返ったのは、「ナニヲナニヲ」のMV(勝見拓矢監督)だったそうです。

1stミニアルバム「Progressive」(2015年2月)収録曲なので、原点回帰のような意味合いがあるでしょう。

撮影場所は千葉県市川市にある遊園地「大慶園」。

5人のわちゃわちゃ感が楽しめますね。

error: Content is protected !!